FC2ブログ



BENI 『COVERS』

2012年03月29日 21:00

 
<アルバムレビュー>
BENI 『COVERS』 (2012/3/21)

1. Ti Amo
2. LA・LA・LA LOVE SONG
3. 瞳をとじて
4. 奏(かなで)
5. One more time, One more chance
6. ロビンソン
7. Suddenly -ラブ・ストーリーは突然に-
8. もう恋なんてしない

9. 桜坂
10. ここにしか咲かない花
11. 今のキミを忘れない
12. いとしのエリー
13. TRUE LOVE



BENI初となるカバー・アルバム。
全曲男性ボーカリストの持ち歌で構成され、「Ti Amo」「瞳をとじて」といった記憶に新しいヒット・チューンから、「LA・LA・LA LOVE SONG」「いとしのエリー」といった世代を超えた名曲まで幅広いセレクト。ヒット曲ばかりを集めたカバーアルバムが脚光を浴びている昨今ですが、BENIはそこに全英語詞での歌唱という試みも導入し、名曲の素晴らしさを伝えるとともに、アメリカ人と日本人の両親を持つハーフらしい個性を発揮することにも成功しています。アレンジは、これまでもBENI作品を請け負ってきた今井大介、村山晋一郎の両名が主に担当。彼女のシルキーな歌声を引き立てんとばかりに、甘くきめ細やかなサウンドを上品なタッチで展開しています。ただミディアム・ナンバーやバラードのように緩やかな曲調が大半を占めているので、欲を言うなら次回はぜひ”アップ・ナンバー縛り”を敢行し、BENIのもう一つの持ち味である大胆でクールなイメージをとくと炸裂させてほしいところ。楽しみにしています。

<ピックアップレビュー>


1. Ti Amo
言わずと知れたEXILEのヒット・ナンバーを、世界観を壊さぬようメランコリックなアプローチでカバー。時折ハスキーがかるBENIの艶っぽいボーカルに注目です。


2. LA・LA・LA LOVE SONG
月9主題歌にも起用された久保田利伸の一大ヒット曲「LA・LA・LA LOVE SONG」。
今回のカバーでは、オリジナルが発表された90年代のR&Bシーンを象るかのごとくクラシカルなリズム・パターンを使用し、瑞々しくも懐かしい趣で魅了してくれます。村山晋一郎の粋な神業、ここにあり。


5. One more time, One more chance
夢心地なアレンジとエモーショナルな歌唱で一際存在感を示しているのは、山崎まさよしを代表する楽曲のカバー。メロディの持つ愁いの成分を押し出した、非常に耳馴染みの良いバラードに仕上がっています。

7. Suddenly -ラブ・ストーリーは突然に-
小田和正の名曲も、オートチューンやシンセを用いれば現代らしいおシャレ歌謡に大変身。
今作における数少ないアップ・チューンということもあり、なかなかのインパクトです。


11. 今のキミを忘れない
「レコチョク」と「music.jp」による合同企画“I LOVE COVER”内で採用された、ナオト・インティライミの2011年発ナンバー。選出基準が他の収録楽曲とは異なるため、この一曲だけ必然的に浮いてしまう結果にはなってしまいましたが、キャッチーな楽曲をBENIが歌うというこれ以上にない好条件も手伝い、今作中もっとも独創的な出来映えになっているのも事実。

12. いとしのエリー
今井大介 aka D.Iお得意のディープなR&Bプロダクトに惹きつけられる一級品リメイク。
随所に散りばめられたBENIの爽やかなコーラスや、アドリブを織り交ぜた歌いっぷりも如何にもなクオリティで、不覚にもカバー作品で彼女の本領を見せつけられる恰好となりました。





◆当サイト『Japanese Black Style』主催イベント
『JBS Meeting Vol.3~Japanese R&B Party』
 3月31日開催決定!
現在参加者募集中!

*アメブロ版JBS 、鋭意更新中!⇒http://ameblo.jp/jbsken1/
Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 56 | URL | -

    流石は、バイリンガル!
    って評価は、お門違いな完成度やと思います。実際に受けそうな一枚。
    カヴァーはセールスが行き詰まったら際の策やともとれなくもないイメージもあるんだけどJUJU然り、彼女も聴かせてくれるよね。
    英語やと声の色っぽさが三割増しでございます(笑)

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>56さん
    自分の個性も落とし込みつつ、キチンと大衆的な仕上がりに消化出来ているところがとにかくスゴい一枚です。
    色っぽい歌声とヒット曲との融合が面白いし、ネイティブな英語はもちろんスムースだしで、上品極まりありません!

  3. クロヤマ | URL | 4JcWZNxE

    多少、英語に当て嵌めるにはムリがある所はあったけど
    それでも、上手く英語カバーしているなって印象

    オリジナル楽器でも英語曲が聴きたいところ

  4. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>クロヤマさん
    ネイティブな発音というのがかなり効果的に作用してますよね。
    アレンジャーの辣腕も手伝って、カバーながら彼女らしい作風に仕上がっていると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事