スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sowelu 『Heads or Tails?』

2012年05月12日 01:00


<アルバムレビュー>
Sowelu 『Heads or Tails?』 (2005/7/20)

1. Uh with HI-D and JUN 4 HOT from  FIRE BALL
2. Get Ready -Nite 2 Remember- feat.Sowelu & BIG-O
3. Let's go faraway feat. MICRO from HOME MADE家族 (Mine-Chang Remix)
4. Do You Remember That ? (DJ HIGH-D Remix)

5. No Limit feat. P-CHO from DOBERMAN INC (BACH LOGIC Remix)
6. He is not for me (OCTOPUSSY Remix)
7. 暁ニ想フ feat. Miss Monday (HIEDA Remix)
8. Play That Funky Music feat. urb
9. cloudy feat. Masaya Wada (Taishi Fukuyama remix)
10. love for two

 先日、突如として活動休止を自身のブログで報告したSowelu。
古参ファンとしては正直なところ残念でなりませんが、また表舞台に戻ってくることも示唆されているので、ひとまずは旧作を聴いて少しずつ心を落ち着かせようと思っている次第です。

 ということで今回チョイスしたのは、「夏のプレミアムアルバム」と銘打たれた2005年発表のコラボレーションアルバム『Heads or Tails?』。外部アーティストとの共演作やリミキサーによって装いも新たに生まれ変わった既発曲、さらには未発表曲「love for two」も収録した全10曲ながら聴き応え十分の一作です。この頃のSoweluと言えば、R&Bやヒップホップを主軸としたアーバン路線を敢行。上品なクリスタルボイスを駆使し、沸き立つアップからとろけるスロウまでソツなく立ち回る黄金期の真っ最中でした。特に”JHETTプロジェクト”の一環でシングルリリースされた「Get Ready -Nite 2 Remember-」や、DJ HIGH-Dによるオリエンタルなリアレンジが効いた「Do You Remember That?」は、当時のSoweluが目映いほどに振りまいていた艶っぽさを現在に伝えるマストな逸品。ほかにも重量感のあるベースラインとMICROの小気味よい応酬がボルテージを掻き立てる「Let's go faraway」や、”Sowelu随一の名曲”との呼び声も高い「Fortune」を手がけたOCTOPUSSYがT.Kura/michico夫妻プロデュースの原曲に挑んだ「He is not for me」、男性クリエイター:和田昌哉を贅沢にもバックボーカルに従えた「cloudy」など、腕利きのサポートミュージシャンたちの参入も手伝って、全体を通してオリジナルアルバム同然の高級なディティールと濃い充足感をもたらすことに成功しています。楽曲の随所にそよ風のような爽涼効果が散りばめられている点も大きな特徴で、夏という灼熱の季節をストレスに煽られることなく快適に演出してくれるんですよね。まさにこの一枚さえあれば、あこがれのSoweluと仲良くクルージング出来・・・まではしませんが、少なくともそのような心地いい感覚をスマートに呼び起こすことが可能です。何を隠そう、彼女の悩殺ウィスパーボイスが炸裂する「Uh」をはじめとするエロチシズム滴る楽曲もたくさん用意されていることですしね・・・!

 





*アメブロ版JBS 、鋭意更新中!⇒http://ameblo.jp/jbsken1/
Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。