スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MoNa a.k.a. Sad Girl 『Never Say Never』

2012年05月30日 20:49

 
<アルバムレビュー>
MoNa a.k.a. Sad Girl 『Never Say Never』 (2012/5/23)

1. Girlz do it better
2. Azucena

3. Haa-Hoo
4. Come back to me feat. Tommy-C
5. R.I.P
6. The best day of my life

7. Interlude
8. Bang feat. Surelo
9. Fuck love
10. I don't care!!
11. Asian Funk feat. GIPPER, 大地, Yow & タブゾンビ
12. Futuro

13. Never say never
昨年11月にシングル「Azucena」で表舞台への復帰を果たしたMoNa a.k.a. Sad Girlが、約2年ぶりとなるアルバム『Never Say Never』を発表。豊かなサウンド・バリエーションや荒々しく大胆なリリックなどいつにも増して重厚なファクターを実装し、活動休止の揺り戻しとも言える彼女の大きな気概が全体を通して巧みにアプローチされています。普段はウェスト・コーストやチカーノの音楽にカテゴライズされる機会が多いMoNaですが、今作を聴く限り、それら枠組みに左右されない自分だけのセンスの引き出し方を十分に心得たご様子。特にリリック面においては過去最大級にパーソナルな毛色がクローズ・アップされ、MoNaが抱く思想や展望のメカニズムが手に取るように窺える痛快なラインが続出します(ヘイターを一蹴する「Girlz do it better」は必聴!)。また同時に歌唱法にも深みが生まれており、「R.I.P」をはじめとする甘美なミドル~スロウ群を中心に、妖艶な歌い回しがみずみずしく発揮されています。先述の「Girlz do it better」「I don't care!!」で見せる怒り心頭モードとのギャップがまた堪らないんです。ラップとヴォーカルの使い分けは、キャラクターのアウトプットが散漫になりがちだし、音楽性の軸もブレかねなかったりと実のところかなり難儀な手法だと思うんですが、その両面において高いクオリティを保持し、颯爽とポジションを欲しいままにしているMoNaは、やはりそんじょそこらの紋切り型ディーヴァとは訳が違う。事実、本作のトータル・バランスを吟味すれば、それが大言壮語でないことも分かってもらえるかと思います。良い意味で裏切られっ放しの、”ファン嬉し泣かせ”な作品、とでも言うべきでしょう。

<ピックアップレビュー>

3. Haa-Hoo
気負いのないフックが何ともMoNaらしいアップ・ナンバー。
エレクトロのエッセンスを取り入れ、本作を取り巻くエンタメ性の幅をぐっと広げています。

5. R.I.P
R&Bへの本格的な傾倒を図った意欲作。
MANABOONの手による高級感漂うサウンド・和0区しかり、優雅に揺らめくMoNaの歌唱しかり、とにかくどこを取っても夢心地の極致。以前はあまり見られなかった作風な分、彼女の成長ぶりが本作の中でも特に目に見えて味わえる楽曲でもあります。

6. The best day of my life
古き良き90'sテイストとウェッサイ特有のクルージング・サウンドを掛け合わせたような軽快フロア・チューン。クラブに駆け出したくなること請け合いの洗練されたグルーヴは、MoNa楽曲随一の”踊らセンス”あり。


8. Bang feat. Surelo
レペゼン東海の次世代ラッパー:Sureloを招いた爽やかレゲトン・チューン。
MoNaにしては一見意外な楽曲ですが、妖艶な節回しと夏先取りを地で行く開放サウンドとのコンボで仕様は完璧。

10. I don't care!!
「MoNaの居ぬ間に叩くそのデカい口」 「人気ブロガー気取り? 所詮君は人気ブロガー”風”止まり」などいつにも増して痛烈なフレーズが躍る最強ディス・ソング。アルバムのトップバッターを飾っている「Girlz do it better」と同系譜にあたる楽曲で、とにかく歯に衣着せぬ堂々とした物言いにこちとら感激。ライミングにおける小気味よい怨み節にも注目!


11. Asian Funk feat. GIPPER, 大地, Yow & タブゾンビ
MoNaの楽曲を数多く手がける盟友:onedubをはじめ、GIPPER、SOUL & "PIMP" SESSIONSのタブゾンビなど多彩な面々が集結した大いなるアジアン讃歌。クラブ・アンセムとして名高いトム・ブラウンの「Funkin' For Jamaica」をサンプリングし、マイクリレーを通して個々のカラー、そしてマインドを意気揚々と響かせます。



JBS in アメブロ 『ANOTHER JBS』 
 Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

 ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぶる~ | URL | -

    これまでもちょこちょこ買ってましたが、今作もいいですね!
    ホント「Girlz do it better」は破壊力あるし。
    ・・・・まあ大ネタも大ネタ使いですけど(笑)

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>ぶる~さん
    そうなんですよね~かなりの粒揃い!
    テイストを広げただけでなく、しっかりと纏まっていますし。

    ちなみに本作、ほかにも洋楽からの影響を強く感じさせる曲が収められていますので、
    ぜひチェックしてみてください!笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。