スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YU-A 『DREAM』

2012年06月03日 15:00

 
<アルバムレビュー>
YU-A 『DREAM』 (2012/5/23)

1. INTRO
2. 片想い
3. あなたの笑顔
4. 鍵
5. HAPPY BIRTHDAY ~Celebration~
6. ごめんね、ママ
7. DREAM
8. Hey Ladies!
9. I WANT YOU
10. SWITCH feat.MYNAME
11. 夜明けが来るまで
12. LINK

13. oyasumi
14. 近づきたくて / K.J. with YU-A *ボーナストラック
15. 誓い feat. YU-A / 童子-T *ボーナストラック
16. 信ジルモノ feat. YU-A, AK-69, HAN-KUN from 湘南乃風 / SPICY CHOCOLATE *ボーナストラック

自身の二大音楽性(ダンス+泣き歌)を徹頭徹尾追求した前作『2 Girls』から一転、今度は夢をテーマに繰り広げるYU-Aの3rdアルバム。東日本大震災を受けて発表された「夜明けが来るまで」をはじめ、いつにも増してシリアスさが強調された今作ですが、当の夢との向き合い方に関しては至って肯定的かつシンプルで、十八番である悲しさファクターは全体を通して幾分も控えめ(ド直球な失恋ソングは「鍵」ぐらいか)。その思わぬ意向をもっとも顕著に表している楽曲が、今回リードに起用されている「片想い」で、飾り気のない筆致と湿った曲調で織り成されていたこれまでの切な節を微塵にも感じさせない朗らかな内容が一際精彩を放ちます。夢というテーマだけを取れば他にも効果的に機能している楽曲は散見されるものの、この楽曲においては好きな人への一途かつ壮大な思いだけでなく、ほどよいポップネスを従えたスムースなサウンドも絶大な上昇効果を発揮しており、YU-Aの新境地がいじらしく見え隠れするのです。そうそう、新境地と言えば、今回8~10曲目に収録されているアップ・ナンバー勢がどれもとびきりセンセーショナルな感触で、問答無用に意表を突かれる結果に。もしこれが、夢に照準を定めた本作に倣い、楽曲単位のクオリティにまでネクスト・レベルを意図的に授けた結果なのだとしたら、彼女大したものですよ。

<ピックアップレビュー>


2. 片想い
オープニング・チューンにして本作の堂々たるハイライト。
片想い特有の高鳴る心情を、スムースなポップ・トラックに乗せて軽快に表現。
女子なら共感、男性はあまりの可憐さに悩ましくなること請け合いと、溢れんばかりの求心力を携えた一曲です。

4. 鍵
本作随一の切な度を誇るスロウは、3rd Productionsお手製のR&B観が投影されたすこぶるメロディアスな仕上がり。単なる泣き歌に終始していないあたり、本作のポジティブなコンセプトへの誠実さをひしひしと感じさせます。


7. DREAM
ライブでも積極的に取り入れられている生バンド構成によるタイトル・チューン。
歌詞には、夢へと直向きに歩いて行こうというYU-A渾身の決意が込められています。

9. I WANT YOU
ヒップホップ・シーンを賑わせるBUZZER BEATZのメンバー:SHIMIがトラック・メイキングに登板した激ハーコーな意欲作。大胆にスウィングするYU-Aの歌唱と、Foxxi misQ時代を彷彿とさせる威勢の良い本格派サウンドの取り合わせは必聴です。

10. SWITCH feat.MYNAME
吉本と契約を交わしたK-POPユニット:MYNAMEをフィーチャーしたキャッチーなお祭りダンス・ナンバー。現代に愛される4つ打ちサウンドを潔く踏襲した仕上がりに、あれよあれよとテンションが最高潮に。


11. 夜明けが来るまで
昨年発生した東日本大震災が契機となって世に送り出された珠玉のバラード。
歌詞のメッセージを優しく紐解いていく美麗なボーカル捌きは涙もの。ある意味本作を象徴する一曲なのかもしれません。

12. LINK
人と人との繋がり合いをポップに伝える電子系アップ・ナンバー。
「夜明けが来るまで」の後に配置されているからこそ、その説得力も一入です。



JBS in アメブロ 『ANOTHER JBS』 
 Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

 ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 茂記☆ | URL | -

    ほかの二人、CHiEは昨年末からブログも更新されてないし、リリースもなし、DEMはミュージカルに出演したりしてるみたいだけど、FIVESTAとしての活動は停滞。
    いつも思うんやけど、活動停止するならちゃんと公表してほしいよなー。
    ファンやリスナーは新作や新たな情報を待ってる訳やし。
    一番の謎というか、不誠実な対応はLily.の活動内容かなー!
    大震災でなんらかの影響を受けて活動やめちゃったんだと思うけど、いつの間にかブログ閉鎖、二番煎じみたいなLily.μってのに取って代わって。
    声を聴いても明らかに別人やし、黒歴史として葬り去る理由が分からない...
    遠く離れた場所で feat.Cは、今だに聴くから思い出すんよなー。

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>茂記☆さん
    お返事遅れてすみません!

    そこら辺は大人の事情というやつだと思うので、どうしても干渉しきれない部分がありますよね。
    ただおっしゃるとおり、ファンの人は常にその人の活動を待っているわけですから、
    何らかの声明があってもいいと思います。
    まあそれも、アーティスト本人に「活動を休止した」という現実に直面して初めて成立するものではありますが・・・。

  3. 56 | URL | -

    ただただ、『SWITCH』がツボでございます!
    編曲だれやろか??
    ケンイチ君も好きなんちゃう、コレ?ww

    鍵もいいね~リピートしたくなるわ~☆

  4. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>56さん
    お察しの通り、「SWICTH」が一番好きでございます!笑
    めちゃめちゃアガるので、最近だとランニングの際のBGMにも使わせてもらってます。
    K-POPアーティストとのコラボがこんなにも新鮮に聞こえる日が来るとは思ってもみなかったです。

    そして「鍵」も良い!
    久々にYU-AのR&Bサイドをたっぷり楽しませてもらいました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。