スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングル・レコメンド:Crystal Kay 『Forever』/加藤ミリヤ 『AIAIAI』/C&K/CHIHIRO/YURI/SKY feat.HI-D

2012年06月08日 00:33

  
◆Crystal Kay 『Forever』
6月27日に最新アルバム『VIVID』の発売を控えるCrystal Kayの先行シングルは、久々のT.Kura/michico夫妻をプロデュースに迎えたクールなダンス・アップ。サビの伸びやかな旋律が彼女の声質ともばっちりマッチしていて、まさに言うこと無しの開放感。ちなみに「Ah 夏夏夏夏・・・♪」と思わず空耳に聞こえてしまうフレーズは、正しくは「I love to love to・・・♪」と歌われています。カップリングでは、ダブステップをモロに取り入れた「ハルアラシ (BONEBOX REMIX)」が特に秀逸。ニューアルバムの方には、同曲の別バージョンのリミックスが収録されるとのことで、そちらも楽しみです。




 
◆加藤ミリヤ 『AIAIAI』
ミリヤ久々の溺愛系デジロック。それも意中の相手に数え歌形式で恋愛教訓を言い聞かせる内容になっており、威力もインパクトも以前とは比べものにならないくらいにパワーアップしています。良くも悪くも、現在のシーンでこの曲を歌えるのはミリヤただ一人と言えるでしょう。今やすっかり自分だけのアイデンティティーを確立していて、畏怖の念すら覚えます。そんな心中に追い討ちをかけるように、カップリングにはまさかの工藤静香カバー「慟哭」を収録。「AIAIAI」の流れを汲んでいるだけに、一見違和感のある選曲にも不思議とのめり込めるから不思議。さらに「勇者たち(T.O.M. REMIX)」では、尺八に代表される和楽器の音色をブレンドし、オリジナルに媚びないリメイクを提唱。ここまで猛々しいアプローチをやってのけて、誰が彼女の勢いを食い止められるというのか。


 
◆C&K 『ジャパンパン ~日本全国地元化計画~』
お祭り新興勢力:C&Kのニューシングル。期待を一切裏切らない磐石かつお得意の仕上がりに、気分はすぐさま”ハイクリディスコ”。各所で呼び声が上がっているので今更言うのも野暮かもしれませんが、今で言うLMFAOの音楽性をしっちゃかめっちゃか日本で表現してみせた感じというか、どんな曲調でも迷いなく振り切ってみせるのがたまらないんです、彼ら。








◆CHIHIRO 『シンデレラ』
シンデレラ - Single - CHIHIROコンスタントなリリースが続くCHIHIROの新作は、夏に相応しい艶やか爽やかなミドル・アップ。まさにガラスの靴で階段を駆け上がっているかのような小気味よい譜割りが、いつにも増してCHIHIROのキュートさを引き立てています。全ての女子へと向けたポジティブな歌詞にも注目!


◆YURI 『キボウ』
キボウ - Single - YURI今年1月にカバーアルバム『LoveRescpectHarmony』でデビューを果たしたYURIが、東日本大震災をモチーフにした麗しいバラードを配信で発表。春川仁志がソングライティングを手がけた何不自由ないメロディに乗せて、YURIが高らかに歌い上げます。


◆SKY 『SPECIAL Girl feat. HI-D』
Special Girl feat. HI-D - Single - Sky札幌のR&Bシーンから女性シンガー:SKYが配信デビュー。
フィーチャリングとプロデュース補助にかのHI-Dが参加しているのですが、昨年のHOOD SOUND移籍を印象付けるためかラップにも励んでおり、その意欲は十二分。当のSKYも、HI-Dに見出されるだけのフレッシュなアビリティを保持しており、曲中ではタフなボーカル力でグイグイと惹きつけてくれます。極めつけは、Mohawksの「The Champ」ネタがクラシカルな雰囲気を申し分なく演出!この気合、ぜひ一聴すべし!

JBS in アメブロ 『ANOTHER JBS』 
 Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

 ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あっちゃん | URL | pYrWfDco

    C&Kの曲有田とマツコの番組のエンディングで流れてるんで
    よく耳にしてます(^ω^)曲もMVも面白い感じでなかなか良いですね!!!

  2. ISOMURA | URL | Q6pwu.9c

    C&Kの「ジャパンパン ~日本全国地元化計画~」いいですねー!
    LMFAOっぽい感じで若い層にも受けがよさそうですし、
    途中では今は亡きTeena Marieの「Ooo La La La」のHook部分を取り入れていて、R&Bファンの心も少なからず掴んでますよね。
    「Ooo La La La」と言えばmichicoも「GOLD DIGGA」でサンプリングしてましたね。
    J-R&Bの元ネタはDOUBLEの『Driving All Night』(A Taste Of Honey"Bogie Oogie Oogie")とか
    Sugar Soulの『Garden』(Mary J. Blige"Real Love")くらいしか知らないので
    特集とかぜひ見てみたいです。

  3. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>あっちゃんさん
    そうなんですか!じゃあ世間の人が耳にする機会も多いということですね!
    この嫌味のない絶妙なノリノリ感を表現出来るのは、今の日本のシーンでは彼らぐらいのものです。
    これからの活動にも期待しています^^

  4. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>ISOMURAさん
    ギミックが凝ってるんですよね、彼ら。
    だからライト層もコア層も楽しめるような聴き心地になっていて、毎回ついつい期待を寄せちゃいます。

    サンプリング特集ですか~確かに企画したことないかもしれません。
    探せば色々とネタがわんさか出てくると思うので、
    今後ぜひやってみたいです!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。