スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L.L. Brothers 『Next Level』

2012年06月12日 12:00

 
<アルバムレビュー>
【特集:T.Kura/michico】
L.L. Brothers 『Next Level』 (2000/6/21)

1. We are back
2. Down Low
3. Get a way
4. D.O.G
5. Bumpin' Freakin'
6. Tonight
7. My only one

8. Bumpin' Freakin' (Booty mix)
今や不動の人気と地位を確立した感のあるLL BROTHERS。
「ダンス甲子園」でブレイク後、筋骨隆々なビジュアルから繰り出されるダイナミックなダンスと兄弟ならではの軽妙なトーク、そして何よりも他を圧倒するパワフルな歌唱力で、ジャパニーズR&Bシーンを頼もしく牽引してきた。そんなベテラン格の彼らにも、現在の音楽性を決定付けた原点なる作品が当然のように存在している。それが、今から遡ること12年前に発表されたこの『Next Level』。当時、空前のブームの最中に”ジャパニーズR&B”と呼ばれた音楽の大半は、R&Bというフォーマットを下敷きにしつつも、その本質には几帳面なまでに歌謡曲の成分が落とし込まれていた。つまり、業界全体のシステマティックな体制のもと、大衆を如何に惹きつけるかに重きを置いた楽曲が台頭し出したことで、今日に知られる一大ムーヴメントへと一気に火が着いたのである。だが、当時のLL BROTHERSに関して言えば、数多のアーティストが一度は挑戦したであろう商業的な旋律はおろか、世間に対する媚びの姿勢ですら微塵にも感じさせなかった。にも関わらず、楽曲の細部からは、彼らが本来持つユニークなキャラクターと、それまでに定着していたブラックミュージックへの厚いリスペクト精神が鮮明に浮き上がり、気付いたときには不思議と愛着が湧いていた次第。この着実にファン層を拡大させる絶妙なパワーバランスには、LL本体の柔軟なスキルは元より、彼らのバックボーンを熟知し、ストイックに楽曲を構成してみせたサウンド面の立役者:T.Kuraの辣腕が強く起因している。

アルバムは、偏にシーンへとカムバックしたことを宣誓する「We are back」に始まり、忙しないリズムワークで疾走感を強調した「Down Low」や、T.Kuraの妻であるmichicoがアディッショナルボーカルでムードを盛り立てる不埒ソング「D.O.G」がスタンバイする前半、そこから当時隆盛を誇っていたチキチキビートのもと自慢のヴォーカルをこねくり回す「Bumpin' Freakin'」、ライブでもお馴染みの溌剌アップ「Tonight」、R.KellyやJODECIといった往年の重鎮からモロにインスパイアを受けた肉感的バラッド「My only one」といったハイレベルな楽曲が待ち構える後半へとシフトしていく。全体を通してT.Kura独自のスリリングなプロダクションが敷き詰められ、純然たるR&B作品でありながら、小気味よいテンポがくまなく追求されている。もしもT.KuraがR&B以外のジャンルに携わる人間だったとしても、この大胆不敵かつ独創性の高いサウンドはとても魅力的に映っていたに違いない。そう迷いもなく確信してしまえるぐらい、本作における彼の天才的な采配は可能性と多様性に満ちているのだ。もちろん、LL BROTHERSの両人が放つ多彩なヴォーカルワークも見逃せない。今となってはすっかり彼らの定番となったシャウトやフェイクをはじめ、半ばアイドル路線だったダンス甲子園時代からの飛躍的な成長が随所で肝っ玉に谺する。中でも「D.O.G」や「Tonight」といった楽曲は、好色家でいてどこかコミカルなパブリックイメージを歌唱だけでなくリリック面でも徹頭徹尾表現しており、彼らの名刺代わりにも十分なり得る楽曲のように思う。

かくしてT.Kuraとの奇跡の融合を果たしたLL BROTHERSは、2004年にメジャーレーベルよりリリースされた次作『BACK AGAIN』でも全面的にタッグを組み、またしても”R&Bの真髄”を大きく問うてみせた。近年は目立った競演がなく内心少し心惜しいのだが、依存しすぎない関係というのもまた、彼ららしい時代の踏み分け方のような気がしてとても好きだ。これからもたくさんの夢、見せてください。



   

 JBS in アメブロ 『ANOTHER JBS』 
  Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community
   
  ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 茂記☆ | URL | -

    ダンス甲子園をリアルタイムで観てた世代!
    当時小学生で、天才たけしの元気が出るテレビは正に神番組やった!(笑)
    早朝バズーカーとかロデオ引きずり回しとか、エンペラー吉田とか今でもYouTubeで観るし(笑)
    俳優の山本太郎も元はダンス甲子園からなんだよな(笑)
    ブーメラン水着一丁で、メロリンキューとかやってた(笑)

    話それたけど、今度出るMAY'Sのアルバムにエルエルさん参加しとるから楽しみ!

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>茂記☆さん

    そうなんですね!
    僕ももう少し早くに生まれたかったです・・・笑

    ちなみにお返事をするのが遅れましたが、今回MAY'Sさんにインタビューさせてもらっています!
    LLさんとの「YOU&I」についてもバッチリ触れさせてもらってますので、
    よかったらチェックしてみてくださいね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。