FC2ブログ



MISIA 『LOVE IS THE MESSAGE』

2008年09月09日 23:42

LOVE IS THE MESSAGE

今年めでたくデビュー10周年を迎えたJ-R&B界の立役者・MISIAの2ndアルバム『LOVE IS THE MESSAGE』(00.01.01)。ミレニアムの幕開けを飾った今作は、同日発売で話題になったシングル「忘れない日々」「sweetness」などを収録した全13曲収録です。コンポーザーには、佐々木潤(小柳ゆき・名取香り・椎名純平・・・)、島野聡(唐沢美帆・光永亮太・MAO/D・・・)ら今やMISIAとの馴染みも深い布陣が登板しています。

1. OPENING
2. BELIEVE
3. sweetness
4. It's just love
5. Sweet pain
6. アツイナミダ
7. 雨の日曜日
8. 愛しい人
9. あの日のように
10. 花(HANA)/鳥(TORI)/風(KAZE)/月(TSUKI)
11. One!
12. 忘れない日々
13. LOVIN' YOU(MISIA 1999 LIVE VERSION)

シャープなビートと温もりあるサウンドが身体に程よい高揚感と安らぎを与えるヒット・シングル②『BELIEVE』、抑揚を心得た節回しがいつ聴いても素敵すぎるブラック・グルーヴのうんと冴えた③『sweetness』、後にSATOMI'もカバーしたメロディアスなラブ・バラッド④『It's just love』、持ち前のスマートなハイトーン・ボーカルが炸裂するホット・ダンサー⑤『Sweet pain』、お茶目なリリックが目を惹く安定感あるポップナンバー⑧『愛しい人』、MISIAのほかにもハロプロ楽曲を手がけたりと幅広い活動を見せる松井寛によるソウル・チューン⑩『花/鳥/風/月』、同じく松井寛作による「INTO THE LIGHT」路線の躍動感溢れる裏打ちアッパー⑪『One!』、イントロのホイッスルの時点でその圧倒的な歌唱力を体感出来る至高の世界観を纏ったスロー⑫『忘れない日々』、そして最近ではKもカバーしていたMINNIE REPERTONの説明不要の名曲のライブカバー音源⑬『LOVIN' YOU』などなど、

若干2作目のフルアルバムにして、MISIAの卓越されたボーカル・スキルと、その親和的なキャラクターの裏付けに成功している実に完成度の高い1枚です。結果このアルバムは、こちらも名盤の1st「Mother Father Brother Sister」同様、200万枚オーバーという記録的大ヒットに恵まれ、宇多田ヒカルらの登場で加速度を増していたJ-POPシーンのR&Bムーブメントをより活性、促進させていく事になります。発売から8年半以上が経過した今でもよくこのアルバムを聴くんですが、その度に発売当時から褪せない濃密な”味わい”と感慨深い”感動”が、体中から零れて止みません。名盤です。

★★★★★★★★★★
Official⇒http://www.misia.jp/index_main.html

関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ワールダー | URL | SFo5/nok

    こんにちは!
    このアルバムは、ボクも今でもよく聴いている一枚です。何年経っても、やはり名盤は色褪せないと感じさせられるアルバムですね。これから先も聴き続けていくでしょう。

  2. ケンイチ a.k.a. Kenny One | URL | -

    全くですね。
    この色あせないクオリティは、言ってみればあの時代だからこそ作り得たものなのかもしれないですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/146-bd640204
この記事へのトラックバック


最近の記事