スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバムレコメンド:Vimclip 『VIMCLIP』/COMA-CHI 『Made In Summer』/GILLE

2012年07月29日 18:39

 
Vimclip 『VIMCLIP』 (2012/7/18)

1. GO!! -Introduction-
2. BA+BA+BYE
3. 恋心 -album version-
4. 未来へ
5. LEFT⇔RIGHT -Interlude-
6. 生きる ~Youngster’s Paradise~
7. さよなら My Love


レコチョク主催のオーディションによって見出された6人組ダンスユニット:Vimclipの1stミニアルバム。シンガー、パフォーマー、DJと、メンバーそれぞれが多彩なポジションを担いながら、楽曲においては若さほとばしるアグレッシブな一貫性を発揮。とりわけ前半の2曲「BA+BA+BYE」と「恋心」は瑞々しいダンスナンバーなだけに、彼らの和気藹々としたチームワークがとても如実に表現されている。アイドルやヴォーカルグループの枠組みを超えたストリート性をこれからどう昇華していくのか、今後の活動にも期待は高まる。
 
COMA-CHI 『Made In Summer』 (2012/7/20)

1. 真夏のサウダージ
2. ニライカナイへ還る旅 feat. 椎名純平
3. さざ波の向こう HOME G REMIX
4. FREE
5. あかたすんどぅんち


昨年、自主レーベル「Queen's Room」を設立したCOMA-CHIのミニアルバム作品。
オーガニック・ソウルの風情を纏った「真夏のサウダージ」、牧歌的な緩いアレンジをHOME GROWNとのタッグで奏でる「さざなみの向こう HOME G REMIX」、沖縄民謡×ブラジリアンリズムの軽妙な融合作「あかたすんどぅんち」など、夏をコンセプトに固められた収録曲は良い意味で節操が無く、独創性を押し進めんとする現在のCOMA-CHIの気概をカラフルに散りばめたよう。メジャーからインディーズへ帰還することを自ら志望した人間は、やはり肝の据わり具合が一味違う。

 
GILLE 『I AM GILLE.』 (2012/7/18)

1. フライングゲット
2. 恋文~ラブレター~
3. 春夏秋冬
4. はつ恋
5. やさしくなりたい
6. Grenade
7. Butterfly
8. Rolling In The Deep
9. ひまわり
10. また君に恋してる
11. タイム・トラベル
12. PARTY ROCK ANTHEM feat.STEVE JAY
13. ポニーテールとシュシュ (BONUS TRACK)


謎の覆面シンガー(*本作発売直前に素顔を公開)として話題を集めているGILLEのデビューアルバム。YouTubeに投稿するやいなや一躍人気となったカバーソングを中心に、新旧洋邦問わず幅広く収録。邦楽を日本語あるいは英語でカバーする試みが日本市場のブームとなって久しいが、LMFAOやAdeleといった洋楽アーティストの世界的ヒットにあえて目を付けた例は、彼女以外におおよそ見当たらず、やけに新鮮に映った。邦楽に関しても、原曲のテイスト云々よりも、如何に大衆に認知されているかが決め手となっている向きがあり、実際にJ-POPから演歌まで、守備範囲はことごとく広い。そこを親しみやすいと感じるか散漫と感じるかは聴き手次第だが、GILLEのパワフルな歌唱に人を惹き寄せるだけの資質があるのは事実なので、まずは彼女のキャラクターに見合ったオリジナル曲を待望したいところ。

JBS in アメブロ 『ANOTHER JBS』 
Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。