スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUNA 『UNSTOPPABLE』

2012年08月04日 20:00


<アルバムレビュー>
LUNA 『UNSTOPPABLE』 (2012/7/25)

1. Unstoppable
2. SUMMER TIME
3. 誓い
4. Break Of Dawn ~Summer Nights~ feat. BIG RON, ELSIE BLACK
5. Day By Day feat. LUNA / HYENA
6. Welcome 2 da party feat. YOUNG DAIS from N.C.B.B

7. Do You Understand feat. NORIKIYO, OJIBAH & LUNA / NATO
8. Black or White
9. Tokyo feat. SEEDA
10. Stronger feat. BRON-K

11. Days ~この先もずっと~ feat. AKASHINGO
12. It’s gonna be alright


"Queen of Sreeet"の異名を取るLUNA、通算4枚目のアルバム作品。
冒頭の「Unstoppable」から、エレクトロとダブステップをダイナミックに交錯させ、泣く子も黙る野心剥き出し状態。その後も公私共に仲の良いSOULHEADのTSUGUMIがプロデュースを手がけた、ダンスホールフレーヴァー溢れる「SUMMER TIME」、TWO-JやBIG RONら脇を強力に固めたウェッサイ・パーリーチューン「Break Of Dawn ~Summer Nights~」など、ジャンルの垣根を越えた愉快なアプローチが軒を連ねる。元来よりヒップホップMCとシンガーの草鞋を履き分けるLUNAらしい柔軟さがとてもよく活きていて、この仕様には心の底から安堵した次第(前作『Complexxx ~言えない気持ち~』は歌モノに大きく比重がかかっていただけに尚更)。だが本作の真髄は他でもない、強靱なストリートナンバーの数々にある。とりわけアルバム後半の「Black or White」「Stronger feat. BRON-K」あたりの楽曲は、LUNAに潜在するハングリー精神旺盛なマインドにどこまでも焦点が当てられ、甘美なヴォーカルを繰り広げる他のナンバーとのギャップが一種の聴き所となっている。昨今ではピースフルな歌モノがキャリアを一色に彩っていたLUNAだが、彼女の言葉と声のフュージョンを如実に体感したいなら、まずはシャープな姿勢を崩さないラップチューンを聴くのがベターな選択と言えるだろう。

 



JBS in アメブロ 『ANOTHER JBS』 
 Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community

 ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。