スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

StandOut!! #7:J-RU 『PRESENT』

2012年08月16日 18:02



新潟のクラブシーンを拠点に、日々精力的な活動を続けている男性R&Bシンガー:J-RUが、8月15日に自身初となるアルバム『PRESENT』を発表。実体験を基に、昨今淘汰されつつある「言葉の重み」に焦点を当てた楽曲は、どれもJ-RUならではの身近な距離感を浮き彫りにした仕上がり。シンガーの中には、奇抜な手法をも厭わず、群衆の耳を惹く工夫にばかり熱を注ぐ人材も確かに存在するが、当のJ-RUはと言うと、歌い手としてのアピールを目指す前提として、自分自身に備わった生身の感性を聴き手へと円滑に伝える努力を惜しまない、極めて品行方正なスタイルを構えている。そのため、曲のテーマがどう移ろおうと、J-RUの放つ歌声は一貫して迷いを感じさせず、聴き手にまで素直にメッセージが行き届く、というわけだ。

歌声から歌詞から、J-RUが思いのままに心情を描写したピュアな14曲。ここから始まる彼の新章を、まっさらなノートにペンを這わすように、心にじっくりと刻み込んでみて欲しい。
 


1. 今回の1stアルバム『PRESENT』のメインコンセプトは?

アルバムのタイトルにもある通り、『PRESENT(今、現在)』です。本作は1stアルバムという事で、やっと完成した俺の名刺です。 過去、現在、未来という生きる上でのプロセスの中で、今回は特に”今、現在”の俺の心情をストレートに表現しました。だからどの曲に関しても俺が経験してきた事をもとに書いた歌詞ばかりですし、アルバムを聞いてくれるみんなにも、伝わり易い内容が多くなったと思っています。

2.  『PRESENT』の収録曲の内、特に思い入れの強い楽曲は?

①「YOU ARE THE ONE」
アルバムのリード曲で、俺が音楽で一番伝えたい感情である”日々への感謝”を色濃く表現した、スウィートな楽曲です。 実は、仕事やプライベートで一番悩んでいた時期に書いた曲で。人間そういう時って誰にも会いたくないし、話したくないじゃないですか。俺は特にそういうタイプなんですが、そんな辛い時に抱いた感情が”日々への感謝”でした。 楽曲のこだわりなど細かく言うとキリがないのですが、リリック、メロディ、コーラス、そしてプロデューサーのDJ TA☆1&DJ智子の二人によるトラックアレンジなど、一つ一つに感謝のキモチを込めたので、是非楽曲を聞いて感じて欲しいです。

②「君にさよなら」
アルバムの中で一番切ない恋愛の楽曲です。ここ日本にも、恋愛や別れの曲は本当に沢山あると思いますが、俺の場合は歌詞とメロディに一番こだわっていて、この曲も歌詞やメロディで如何に切なさを伝えるか、というコンセプトで制作しました。プロデューサーのonodubさんとも何度も何度もやり取りを繰り返し、やっとの思いで完成した楽曲です。そんな経緯もあってか、ライブでこの曲を歌うと、涙してくれるお客さんがすごく多いんです。嬉しい反面、歌っている自分までもが辛くなったりするんですよね。一応ノンフィクションですので(笑)。特に、”ありきたりのラブソング”に飽きた方には聞いて欲しいですね。

③「PRESENT」
最後はアルバムのタイトル曲『PRESENT』です。 アルバム楽曲の半分以上が、実は1年前には完成していたんですが、 ただその時期に、忘れもしないあの東日本大震災が起こりました。『歌っている場合なのか?』『今できる事はなんなのか?』――ミュージシャンであれば、みんなが思ったと思います。そんな感情の中で、 『今、伝えなきゃいけない事を歌おう!』と思いました。そこで新たに書いた曲がこの『PRESENT』です。歌詞にも”今日は過去からのプレゼント、明日は昨日からのプレゼント”というフレーズを入れて、この世界に偶然なんて一つもないし、当たり前の事も何一つないという想いを最大限に表現しました。アルバムの中で一番メッセージ性が強く、誰にでも深く、色々な側面からも共感してもらえる楽曲になったと思います。だからアルバムタイトルも『PRESENT』と名付けたんです。プロデューサーは、NY在住のSKY BEATZ。彼の作る最先端のグルーヴに、日本人としての俺の"プライド"を詰め込みました。みんなには目を閉じて、心で聞いて欲しい楽曲です。

3. 音楽家:J-RUとして、「ここだけは誰にも負けない!」という信念は? 
先ほども少し触れましたが、歌詞の内容をより深く伝わり易くするためのメロディーと、そのメロディーにも負けないような強い存在感の歌詞にこだわりながら制作しています。あとはやはりLIVEですね。喜んでいいのかどうかはわかりませんが、ライブを観て『感動しました』という声が、CDに比べて圧倒的に多いんです。だからこれからも良い部分は伸ばしつつ、音源にもその感動を落とし込む努力をしなければいけないと感じています。とにかくまだまだ発展途上なので、毎日が本当に勉強です。

4. 目標にしているアーティストは?
HI-Dさんです。HI-Dさんのおかげで今の自分がいるし、こうやって同じ時代に歌を歌えています。楽曲やパフォーマンスに惹かれたのも確かですが、それ以上に人間力に強く感化されました。本当に心から感謝している兄貴的存在です。

5. 今後の音楽的ビジョンを教えて下さい。
新潟を拠点に活動していく事に変わりはありませんが、今までのローカルシンガーのイメージではなく、ナショナルアーティストとして活動の場を広げていきたいと考えています。なので今まで以上に色んな土地や、様々なステージで歌っていくつもりです。あとはやっぱり新潟、そして日本に住んでいないと表現できない音楽を作って、インディペンデントな存在になりたいです。

~Message from J-RU~
はじめまして、新潟のシンガーJ-RUです!!!!
まずは今回のインタビューに誘ってくれたケンイチさん、そして読んで下さった皆に感謝します。今回の記事で俺の事を知ってくれた方々も、今まで、そしてこれからも応援してしてくれるファンの皆も、8月15日発売の1stアルバム『PRESENT』をどうぞよろしくお願いします!!!そしてライブ会場でみんなと会えるのを楽しみにしています。長くなりましたが、本当に有り難うございました。 J-RU

◆J-RU ライブインフォメーション◆
8/18(土)長岡REGNO2
9/8(土)新潟CLUB SEVEN
9/14(金)苗場スキー場
9/15(土)長岡REGNO2 

◆オフィシャル・ブログ



 JBS in アメブロ 『ANOTHER JBS』 
  Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community
   
  ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。