スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバムレコメンド「SUGAR SHACK SP」:Full Of Harmony/HI-D/L&J

2012年08月13日 23:30

明日8月14日は、川崎CITTAで久しぶりにSUGAR SHACKが復活!
しかも今回は、フルメンバー出演という普段なかなかお目にかかれない豪華さ!もちろん僕ケンイチも参戦予定です。楽しみ!というわけで今日は、日々SUGAR SHACKクルーとしてシーンを賑わせているアーティストの旧譜アルバム三作品をご紹介。

1. BRAND NEW DAY 2. ROCK YA BODY
3. Interlude -PRE“T”GOOD TIMES- 
4. G.O.O.D TIMES feat. Teddy Riley
5. Wonder Girl 6. タイムリミット feat.JAZZY BLAZE
7. SWEET NOVEMBER 8. SOUL LETTER 9. JUST A GIRL
10. KABUKI道 DX feat. 宇多丸(RHYMESTER)
11. I’m Sorry 12. LOVE STORY

◆Full Of Harmony 『W』 (2007/4/4)
日本が誇るコーラスグループ:Full Of Harmony、通算6枚目のフル作。
この頃のFOHと言えば、「BRAND NEW DAY」でニーヨを、「G.O.O.D TIMES」でティディー・ライリーをそれぞれサウンドプロデュースに迎えるなど、シングル作で軒並み国際色強いリンクを達成。それらハイレベルさ余る楽曲を一挙に詰め込んでいるだけあって、本作はFOH史上もっともオーセンティックで一本気なR&Bの様相を呈している。テディー作の「ROCK YA BODY」、ジミ・ケンドリックスによるクルージングチューン「JUST A GIRL」あたりは、まさしく海外作家にしか醸し出せない妙味溢れるグルーヴがあって、ただただ至高。はたまた、宇多丸を客演に迎えてよりインパクトを増した「KABUKI道 DX」、ドリーミーなソウルバラッド「LOVE STORY」といったナンバーでは、FOH元来の”大和魂”とやんごとなきヴォーカルワークが見て取れ、ちょっとした安心感も。

Disc1
1. Intro ~響~ 2. 雨・風鈴 3. LA LA LA
4. Diamond 5. HATE ME 6. Get It Right
7. To Da New Area 8. Light Da Fire ほか全12曲
Disc2
1. Up In The Sky 2. Uh 3. Welcome 2 Da Party
4. 恋はオートマ 5. HOMIE...6. AKTION ほか全12曲

◆HI-D 『24 -twenty four-』 (2007/1/24)
ソロ4枚目のフルアルバムは、オリジナルの12曲と、外部への客演作12曲を2枚組みで収録。フィーチャリング集にあたるディスク2に関しては、どこを取っても説明不要のクラシックばかりなのであえて言及は避けるとして、新曲のみで構成されたディスク1は、前作『ME Ⅱ YOU』で具現化してみせた歌モノへの執着を、確固たるチャレンジ精神を交えつつ、よりパーソナルな角度から落ち着いて掘り下げた作風だと認識している。事実前作に多く見られたお得意のアップナンバーは陰を潜め、代わりにNao'ymtテイスト全開の「雨・風鈴」、タイトルからしてピースフルな「LA LA LA」など、歌声に焦点を当てたミディアム~スローテンポの楽曲が台頭。それも、R&Bという主軸は一切ブラさぬまま、隅から隅まで手広くアプローチしているものだから、今でも本作を聴くと、ついつい頭が下がる。


1. Goin'on 2. HEAVEN 3. GET LOW
4. Hypnotic Superstar 5. Precious one 6. JUICY
7. I'TS DA SHINE 8. Dance With Me
9. MR.DJ Exclusive freestyle 10. Just wanna have fun
11. Fucking U Tonight SKIT 12. .LOVE CALL feat. AMI SKIT
13. Love like a melody Exclusive freestyle
14. DEEP INSIDE Exclusive freestyle ほか全23曲

◆L&J 『Hypnotic City』 (2008/9/5)
「ストリートミックスアルバム」という名目で発表されたL&Jの音源集。
当時のL&Jは、2011年に惜しまれつつ解散した関西発のクルー:NITEMENの一員として活動。本作には、そんなNITEMEN時代の盟友であるYOUNGSHIM、MC MOGGYらのほか、SPHERE、HI-D、神(妄走族)、LEO、KM-MARKIT、YUKALIといった幅広い面々が集結し、ジェントルなR&Bマナーを携えたL&Jの世界観を多彩なレンジでバックアップしている。ライブや外部CDに採用され、今となってはそれなりの認知度を誇る「Precious one feat. HI-D, LEO, 真之介, MICHIYA」「DEEP INSIDE」といった佳曲の数々はもちろん、現在のメロウなスタイルからはおよそ想像し難いハードコアなヒップホップや即興的な意欲作なども収録。そのほとんどにおいて、制約がほとんどないストリートならではの自由度が応用されているため、良い意味で統一感は無く、聴き手は一曲ごとに目まぐるしくイメージを更新しながら、L&Jの意外な可能性と向き合うことになるだろう。

 JBS in アメブロ 『ANOTHER JBS』 
  Twitter(JBS_KEN1) mixi JBS Community
   
  ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。