スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:清水翔太『366日 feat.仲宗根泉』/スズキ/CREAM/Grace/MAD feat.佐藤広大,RYO

2012年09月18日 23:00

  
清水翔太 『366日 feat. 仲宗根泉(HY)』
清水翔太の新章は、HYの人気曲のカバーをA面に従えたシングルで幕開け。
同バンドの紅一点メンバー:仲宗根泉をピアニスト兼バックコーラスに迎え、シンプルに、でもまっすぐに訴えかけて来るヴォーカル捌きが絶品。これまで幾度となくカバーに取り組んできた清水翔太ですが、ピアノ一本で切々と歌い上げるこの楽曲で、また一皮剥けた彼に出会えたような気がしています。カップリングに収録されている「love (MANABOON Steppers Mix)」も、残暑が続くこの時期に効く爽やかな逸品。
 
スズキ 『I Wanna...』
若手シンガーソングライターの有力株:スズキの配信デビュー作。現行のキャッチーネスを引継ぎつつあくまでもオリジナルに立ち振る舞うダンサブル・チューンで、おどけた歌詞といい器用な歌声といい、名刺代わりに打って付け。ちなみに本作のライナーノーツを私が書かせて頂いておりますので、楽曲についての詳細はこちらをご覧ください。

 
CREAM 『CREAMIX Vol.1』
Staxxx TとMinamiによるクリエイターユニット:CREAMが、本格デビューに先駆け3曲入りシングルを配信でリリース。メインチューンは、WISEとTarantula(Spontania)がフルエンジンで客演をぶっ放すサイケデリック・アップ「Whatever」。続く「Fireworks」はMinamiの潤沢なヴォーカルが切なさを掻き立てるR&B調ミディアム、そしてダブステップと歌謡曲が奇跡の邂逅を果たした「RUNAWAY」と、先進的なセンスをビンビン感じるトリッキーな楽曲が目白押し。彼らの台頭でシーンが如何に変動を見せるのか、注目です。

 
Grace 『魔法の言葉』
横浜のクラブシンガー:Graceの久々となる新曲は、ドラマチックなトラックの上を優しい耳当たりのヴォーカルが舞う壮大バラード。ストリングスをはじめ流麗な工夫が施されていながら後味がしつこくないのは、他ならぬ彼女の歌声が楽曲をしっかりと牽引しているから。以前に発表された作品では、アップリフティングなR&Bを身軽に乗りこなせるなことも証明されているので、歌声を聴いてピンと聴いた方は必ずチェックを。


MAD 『ON THE ROAD feat. 佐藤広大, RYO』
かつてEXILEのSHOKICHIやSWAYらが所属していた北海道のアーティスト集団「WILD STYLE」。今は解散してしまった同ユニットのリーダーを務めていたMCのMADが、盟友:佐藤広大とRYOを引き連れ配信シングルをドロップ。MADの燻し銀なラップもさることながら、佐藤広大とRYOの「I Need A Girl」コンビが織り成すコーラスワークも磐石のクオリティ。特に佐藤広大に関しては、晴れやかなポップスにも振り切れる分、ポテンシャルは果てしなく未知数といったところ。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi

ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。