スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAMOSA 『One』

2012年09月25日 23:26


<アルバムレビュー>
JAMOSA 『One』 (2007/2/28)

1. DREAM
2. BE WITH U
3. U&ME
4. FLY AWAY FEAT. JAY'ED
5. SO ADDICTED 247365
6. 手紙 FEAT. DABO

7. BANG BANG
8. BECAUSE OF U
9. 言えないよ FEAT. CORN HEAD

10. SO ADDICTED (ENGLISH VERSION)

JAMOSA初のメジャー盤。今やシングル「何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那」のヒットがあまりに印象強い彼女だが、元々は生粋のクラブシーン出身であり、それこそこのアルバムを発表した当時は、商業ソングになど目にも暮れないような豪胆さの方が圧倒的に際立っていたほど。そうした半ば刺々しいポリシーが、本作では日本人離れした渋いヴォーカルと飾り気の一切ないラインを介してすこぶる鮮明に伝わって来る。たとえば、宗教的な色合いを認めたDABOとの共演作「手紙」。”神様”という厳格な概念をここまで説得力豊かに昇華できる歌い手はそうはいないなと、当時えらく感嘆した憶えがある。そして、古き良きレトロな質感にこだわり抜いたエモーショナルなナンバー「DREAM」では、自身の型破りな生き様を恥じることなく投影し、まさしくソウルと呼ぶに相応しい泥臭く一途な世界観を築き上げた。デビュー曲という記念すべきキャリアも手伝ってか、未だにこの曲を聴くと心がざわついてしようがない。バックボーン一つがしかと備わっているだけで、そこからの反響はこうも違うのだ。素晴らしい。ほかにも、必死にポジティブなメッセージを投げかける様に人間味を感じるスロウ「BE WITH U」、平和と希望を裏打ちさせたJAMOSA史に残る名バラード「U&ME」、JAY'EDとI-DeAとの磐石たる三位一体ぶりを知らしめた「FLY AWAY」、涼しげなサウンドをあしらったCORN HEADとの永久不滅のラブソング「言えないよ」など、手広く曲調を構えている割には、テーマの切り口にまったく曇りがないのがむしろ恐ろしい。ちなみに路線が変わったと囁かれる昨今の作品においても、その刺激と真心を両立したスタイルが実は引継がれている。特にリリックの筆致や主体となる事象に関しては本作当時とほぼ遜色がないと言ってもいいので、そういった観点で聴き比べてみるのも面白いかと。

 



ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. kadoo | URL | -

    ここにきてこのアルバムのPICK UP最高です!!

    特に手紙いいですよね!よく聴いていました。出会ったのは発売1年後でしたが…

    07~09年頃はこういった粋なアルバムが地味に結構あって、いい時期だったなって思います。(学生で時間があったせいかもしれません。笑)

    もうこういうゴリゴリ寄りな曲は歌わないんですかね、やっぱり。

  2. Ichhy | URL | -

    Standing Strongで彼女を知って完全に心を射抜かれたころでした。昨日のRADIOでもBGMにさりげなくかかってましたよね。シングルに収録された曲が大半でしたけど、それでも彼女の良さを堪能できる名盤ですね。メッセージ性も強いですし。当時、このCDのリリパが渋谷のegg manで行われたの行きましたが
    『みなさんJAMOSAのCD買ってくれたんですよね。』と感極まってた彼女が印象的でした。また是非このころの彼女に戻ってきてほいいです。それこそ90's R&Bの様なメロディーで。

  3. YUTTY | URL | ignwylE.

    もう、このアルバムは当時かなり聴いてました!
    DREAMとU&MEは本当に大好きだし、FLY AWAYと言えないよはもうそれはそれはヘビロテしてました。
    ほぼ捨て曲なしのアルバムってあんまりないから印象に残ってますね~。
    JAMOSAは本当にインディーズ時代から名曲かなり多めでREDまではかなり聴いてました。彼女のクラシックスなトラックと特徴のある声とリリックは本当に最高なんで、あの時代の音を、売れた今やって頂けたらもっとJ-R&Bファンが増えるんじゃないかなと思ったり思わなかったり。

  4. ケンイチ | URL | -

    >>kadooさん
    コメントありがとうございます!
    今回のレビューにあたってあらためて聴いたんですけど、今やあちこちでクラシックと見なされている曲だらけで、本当に名盤だなと思いました。

    おっしゃるとおり、この頃のR&B系アルバムは本当に豊作だったように感じます。彼女にしても、今はガラッと路線が変わっちゃいましたけど、この『One』がキャリアになっている以上、嫌でも次の活動に期待しちゃう部分があるんですよねぇ。

  5. ケンイチ | URL | -

    >>Ichhyさん

    >>昨日のRADIOでもBGMにさりげなくかかってましたよね。
    よくお気づきで!w
    僕もIchhyさんと同じく、当時の彼女の音楽には常に感銘を受けていました。

    リリパの際の反応がそうだったのなら、おそらくそうした彼女本来の人間性をもしっかりとこの1枚で表現出来ていたということなのでしょうね。彼女から言葉を受け取っているんだという認識がちゃんと出来ますし。

  6. ケンイチ | URL | -

    >>YUTTY
    やっぱりそうなるよね~笑
    俺も当時、「SO ADDICTED247365」でばしっと心を囚われた!
    歌い方にしろ感性にしろ、常人離れしてるな~と思った瞬間でしたわ。

    >>あの時代の音を、売れた今やって頂けたらもっとJ-R&Bファンが増えるんじゃないかなと思ったり思わなかったり。

    商業的に言うチャレンジ=R&Bに特化した音楽は、売れてから発表すればするほど意義のあるものになると俺も思ってる。その分リスクも伴うし、今世間に求められている音楽と乖離しちゃってもダメだけど、彼女の伝えたいというポリシー自体は今も昔もさほど変わっていないと思うからこそ、そのエネルギーをこれからもっと色んな分野やジャンルで活かして欲しいなと思ってます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。