スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム未収録のシングル曲 Vol.1:JOYCE/中林芽依/Emyli/勝又亜依子/Soul Blaze etc

2012年10月20日 00:30

今日は、少しばかりマニアックな特集を。
基本的にシングルとしてリリースされた楽曲は、後にアルバム作品に収められることがほとんどです。しかし一方で、レコード会社の意向や様々な政治的事情によって、シングルをリリースした後にアルバムを発表しなかったり、シングル1枚きりでアーティストがフェードアウトする、といったケースもざらに存在します。ここで一つ難点が。それは、いくら質の高い曲であっても、アルバム内容の一環として後世に浸透しなければ、それだけ自然淘汰される可能性が高くなるということです。

ただでさえ本来のシングル盤のポジションが、便利なネット配信に取って代わられています。近年発表されているシングルに関しては、大抵ネットでも同様のものが配信されているのであまり問題はないかと思いますが、配信マーケットが発達する以前に発表されたシングル作品の中には今現在も配信が実現していないものが多く、尚かつ比較的入手しやすいアルバムにも収録されていない曲を聴くとなると、その希少価値の高さが影響して、鑑賞に辿り着くまでにかなりの労力を強いられることがままあるんですよね。これも時代の流れとは言え、困ったものです。

もっとも、そうやって嘆いてしまうことをせず、該当する曲を少しでも前向きにご紹介しよう!というのが今回の特集「アルバム未収録のシングル曲」の趣旨でございます。長々と語ってしまいましたが、あえて無作為にピックアップしていきますので、皆さんにとって薄れかけていた名曲の記憶が、少しでも蘇れば幸いです。(万一アルバムに収録されている曲を見つけた際はご一報ください!)

 
◆JOYCE 『WANNA MAKE YOU SMILE』 (2004)
日本のR&Bの中核を担う男性シンガー:LEOとMICHIYAがかつて所属していたユニット。
サイドヴォーカルのMICCIとQOMOは、元々VOX-Ⅳなる男女混声R&Bグループとして活動していました。正統派なR&Bバラードである本作は、今井了介のプロデュース。112やJagged Edgeら、当時のシーンを湧かせていたサグな男性グループからのインスパイアをビンビン感じさせます。
 
◆中林芽依 『Sympathy』 (2005)
現在、May'nとしてアニソン界を盛り上げている中林芽依の2nd。NJSのビートが巻き起こすこの曲のハッピーなマインドたるや絶大です。翌年にSEAMOとのシングルをリリースしたのを最後に、先述のMay'nへと転身。デビュー時から動向を追っていただけに、中林名義でのアルバムの未発売が悔やまれます。


◆JOY 『Strawberry』 (2000)
SISTER KAYAがオーガナイズする「シストレンレーベル」に所属していた女性アーティスト:JOY。2ndシングルである本作では”REGGAE meets R&B”を謳い、跳ねるようなリズムワークと上品な歌声をミックスさせています。注目は、カップリングに収録されている同曲のKREVA REMIX。KREVAが繰り出すアンニュイなフロウと言い、R&B/ヒップホップリスナーにお誂え向きの仕様です。


◆Emyli 「Come Home」 (2005)
卓越した歌唱力を誇り、m-floファミリーの一員として人気を博したEmyli。
2003年のアルバム『Flower of Life』と2007年の再始動シングル『Don't Vanish Love』の橋渡しとなったインディーズ作品で、A面には「Someday」路線のスロウナンバー「Come Home」が収録されています。が、個人的には断然2曲目の「I do」推し。ミドルテンポのR&Bをこんなにも切れ良く歌えるのはきっとEmyliだけ!

 
◆勝又亜依子 『KEEP ON YOUR SIDE』 (2002)
当時、毎週日曜に何気なく観ていた「ASAYAN」。同番組のオーディションを勝ち抜いた勝又亜依子は、このシングルで晴れてデビューを飾りました。ヒップ一直線のトラックが大好きで、今も一定の周期で引き寄せられています。久保こーじ、島野聡、亀田誠治と、クレジットも超豪華。なおその後の彼女は紆余曲折を経て、現在はHeartbeat(ハービー)の名で活動中。

 
◆Dude 『Don't know why』 (2006)
ダンス番組とのコラボレーションで誕生した5人組ダンスユニット:Dude。当の番組は一切視聴していませんでしたが、CS放送で流れていたのを観て即刻CDを購入しました。作曲とプロデュースにはSOULHEAD作品でお馴染みのOCTOPUSSYが登板しており、軽妙なグルーヴを爽やかに演出。

 
◆Soul Blaze 『Uh!-Uh!-Uh! / Be with you』 (2005)
彼らも、CS放送が縁で存在を知りました。今や珍しい男女2人組ユニット。その内、男性の方はR&B然とした気持ちよい声質をしており、しゃくりや節回しなどでその力業を窺うことが出来ます。


◆jyA-Me 『favorite cruisin' feat. JUN (from CLIFF EDGE)』 (2008)
現在も第一線で活動しているjyA-Meの記念すべきデビューシングル。恋愛真っ最中の心情をキュートに歌ったタイトルチューンのほか、シャレオツ2ステップやR&B調ポップなど引き出しを広げまくった4曲。歌い方も今とは違って妙にあどけなく、その分懸命さが如実に伝わってきます。


まだまだ該当する曲はあるので、
今後も不定期でご紹介していきたいと思います!
それでは!


ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. YUTTY | URL | anljw.JM

    いやー、勝又亜依子 「KEEP ON YOUR SIDE」は当時かなーりハマりまして!
    未だに大好きな一曲でございます。だからこそHEAR BEATは応援してまーす!!
    JOYCEのWanna make〜も今となればかなり名曲ですよね!
    面白い特集!よっ!ケンイチ!

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>YUTTY
    ASAYAN世代としては、勝又さんは外せません!
    オーディションを機に色んなシンガーが誕生した、ええ番組でした♪
    また不定期で掲載する予定やから、次もぜひチェックよろしく!!

  3. ぶる〜 | URL | -

    ええっ! 勝又亜依子=Heartbeatなんすか!? 初めて知ったよ〜v-10
    なるほど例のカバーシリーズも納得という感じですね。

    中林芽依のこの曲は日本のNJSの中でも忘れられない曲ですね! 大好きです。
    SEAMOとの「Fallin' in or Not」、バラードの「Happy」など楽曲にも恵まれて、
    更に抜群の歌唱力を持つ彼女でも、当時は時代が合わなかったのでしょうね。

  4. ケンイチ | URL | -

    >>ぶる〜さん
    そうなんです!!
    ルーツが勝又亜依子なので、現在のシリーズも合点がゆきますよね。

    「Sympathy」は、NJSとしてもそうですが、いちポップスとしても高い機能を発揮してますよね♪ ただおっしゃるとおり、商業的にはなかなか順調にはいかなかったようですね。。

  5. コウイチ | URL | H0g7cRmA

    さすが!また面白い企画を考えますねぇ

    こんな風にアルバム制作まで漕ぎ着けられないコトって
    なかなかブレイク出来ないアイドルなんかだと、
    (あのPerfumeでさえ、初期ベスト的なあのファーストアルバムが発表できたのは
    当時としても割りと奇跡的!って空気でしたし。。)
    割りとあるんですケド、
    こちらの畑でもよくあるんですね~

    とくにこれが8cmシングル時代のものになると、発掘はより困難になりますよね~汗

    ちなみにオレは今、「中山エミリ」と「宝生舞」の8cmシングルを探し中だったりします。。笑
    (当然アルバムのリリースはなしなので!)
    楽曲を後世に残すなら、たとえカタログ的な覇気のない内容でも
    アルバム制作まではがんばって漕ぎ着けるべきですよね!
    とは言えシングルというフォーマットも大事にして行きたいっ!

    それにしても勝又懐かし~すね笑
    個人的には2枚目の「Respect」が好きでした。

  6. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>コウイチさん

    ありがとうございます!!
    やはり諸事情があり、アルバムまで行き着くにはなかなか簡単な話ではないんですよねきっと。
    8cmシングルなんかはまさにレア中のレアなんで、ネット以外で探すには大変な困難が。。汗
    音源だけで言えば、コンピレーション盤などにしれっと収録されていることがままあるので
    割とすんなり入手出来ちゃったりするんですけど、パッケージごととなるとねぇ・・・
    特にシングルのみ収録カップリングが目当てのときは、「何でよりによってこの曲を探してるんやー!」といささか自己嫌悪に陥ったり。笑

    勝又さんは、最近Heartbeatの曲をよく聴くんで、それに合わせてよく聴いています♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。