スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:加藤ミリヤ×若旦那/ゴスペラーズ/詩音/匠

2012年10月22日 12:00

  
加藤ミリヤ 『LOVERS partII feat. 若旦那』
シングル「LALALA」以来5年ぶりとなる若旦那(湘南乃風)とのコラボ作。
歌詞にもメロディにもミリヤ節が冴え渡るストレートなラブソングで、久々のミリヤ作品登板となった3rd productionsによるしめやかなサウンドにも注目です。タイトルからして目を惹く2曲目「無口のうた」は、一風変わったアコギ主体のスロウナンバー。着眼点がナイスな代物です。そして今回は、3曲目に収められている「LALALA」の(T.O.M. REMIX)との邂逅が、個人的に一番の収穫でした。とにかく音使いが都会的で上品。それでいて攻めのヴァイブスも申し分なく、まさしく価値の伴ったリミックスだと思います。

 
ゴスペラーズ 『STEP!』
11月7日にニューアルバム『STEP FOR FIVE』をリリースするゴスペラーズの先行シングル。どことなく80'sを彷彿とさせる軽やかなシンセラインを用い、ゴスペラーズ持ち前の明るさをとことんアピール。PVのダンス然り、古さを大胆に押し出すことで新しさを見出すという離れ業、さすがです。また同曲には編曲としてUTAが携わっており、その点もJ-R&Bファンにとっては大きなトピックかと。

 
詩音『again』
約3年の活動休止期間を経て、女子のカリスマ:詩音がいよいよ復活。彼女にしては珍しいサイバー志向の強いダンスチューン「just me」や清潔感のあるミドルアップ「again」など、収められている3つの新曲はいずれも、ファンへの真摯な思いを形にしたと言っても良い内容に仕上がっています。表舞台に立ち帰った経緯を知らない人にもガツンと訴えかけられるような、エモーショナルな歌いぶりが頼もしい限り。


匠 『星空』
作詞作曲、おまけにトラックメイキングまでこなす将来有望な若手シンガーソングライター:匠が、このほど初の音源作品をドロップ。ポップスをバックボーンに持つ彼の音楽性は、親しみやすさに独特のこだわりを掛け合わせたちょっとばかり懐かしい味わい。おまけにガラス玉のように透き通った歌声もとてもナチュラルな耳当たりと、若者ならではの特権をここぞとばかりに駆使しています。童心に返りたい方はぜひチェックを。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。