スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宏実 『HONESTY』

2012年10月30日 19:00


<アルバムレビュー>
宏実 『HONESTY』 (2012/10/24)

1. I NEED YOU -愛されたい-
2. ONE LOVE feat. SIMON
3. 似たものどうし
4. HONESTY feat. HISATOMI
5. MY LAST
6. TEENAGE LOVE
7. 不意打ちLOVE

8. TELL ME
9. REASON
10. 最後の「愛してる」
11. BUTTERFLIES
12. 未完成

13. THE LIGHT
14. また会える

待ちに待った、宏実の3rdフルアルバム。
初っ端の「I NEED YOU -愛されたいー」から涙ものの熱唱を響かせ、彼を見守る健気な女性像を描いた「HONESTY」、お茶目で少しひょうきんでもある「不意打ちLOVE」、失意と決意の両方を交錯させる「最後の「愛してる」」と、一貫して愛の概念をなぞりながら自らの七変化ぶりを謳歌している。

ここで特筆したいのが、どの楽曲にしてもリアリティがあまりに鮮明なため、たとえそれが悲しい結末であっても、不思議なほど優しい精度で心を打たれてしまうこと。以前の宏実は、こんなにも生々しく儚さを放出する女性シンガーではなかった。その分、器用な立ち振る舞いでどんな曲にも気丈に取り組んでいたし、ある種の凜々しさ・逞しさみたいなものが持ち味の一つだったように思う。でも本作は違う。歌詞や節回しの細部からは人間特有のか弱さがぽろぽろと零れ、その無防備で幼気な様はいささか神秘的ですらある。感情の機微を伝えたいと思えば思うほど、人という生き物はがむしゃらなアティテュードを露わにする。おそらくは宏実も、そうした自然の摂理に従うがままに、ありったけの感情を本作『HONESTY』に注ぎ込んだに違いあるまい。普段の快活なイメージ以上に、シリアスな風情を同居させたスロウ路線を優先させている理由も、上記の点を踏まえると素直に合点がゆく。よって大胆さこそ控えめだが、剥き出しの宏実を紐解く試金石として、そして宏実の音楽がいつの日も賞賛されてやまない所以として、本作は十分過ぎる役割を果たしていると言える。お陰で”R&Bの宏実”ではなく、”アーティスト:宏実”を真に見据えることが出来て、僕にとっても記念すべき作品となった。

<ピックアップ>

1. I NEED YOU -愛されたい-
2009年の発表されるやいなや、J-R&Bシーンで絶大な支持を得たバラード「愛されたい」の世界観を追う形で制作された。言ってしまえば同曲の後日談なのだが、いつにも増してソウルフルな歌唱を耳にした際、ただの続編では片付けられない深遠なテーマ性を感じた。愛を渇望する主人公が一人の運命に出会うというプロットにも、現在の宏実ならではのハートフルな視点が生きている。


4. HONESTY feat. HISATOMI
ラヴァーズ・レゲエ初挑戦となったこの楽曲。その聴き心地は、まさに奇跡としか言いようがないエアリーさで、ほかにもキャッチーなメロディやHISATOMIとの微笑ましい応酬など、長所を挙げ出すときりがない。中でも歌詞は、さすが本作のタイトルチューンとだけあって重要な鍵を握る。どが付くほどストレートな筆致がこんなに気持ちよい効果をもたらす楽曲もそうはないはず。

5. MY LAST
前作『Magic』では「If I Can't Have You」、古くは「Hate U」など、シリアスなラヴソングにおける宏実のフェイクには、常々鬼気迫るものを抱いてきた。本作で言えば、この楽曲がそれに該当する。R&Bのマナーにも清く正しく則った上で、終盤には混沌を打ち破るような甲高いヴォーカルをここぞとばかりに発揮。その絶妙なさじ加減たるや圧巻ものである。

7. 不意打ちLOVE
宏実ファンなら、この楽曲を聴いて必ずや『ラッキー☆ガール』を思い浮かべることだろう。台詞を取り入れた愛らしい構成、小気味よさあってのダイナミックなサウンド展開、そして不意に心を射貫かれてしまった女子の、落ち着きのない心理描写。もはやどこを取ってもオリジナルそのもので、尚かつ宏実との整合性も抜群に保たれているのだから凄い。

10. 最後の「愛してる」
本作の中でもとりわけ異彩を放つアコースティック・バラッド。有機的なソウル・ムードを醸す一方で、メロディのしなやかさや歌詞の世界観に関しては、明らかに歌謡曲のファクターが下地を担っている。だからこそリアルな悲しさを認識出来るし、宏実の歌声にもついつい主人公の虚ろな心情をリンクさせてしまう。何とも心憎い楽曲だ。

 


◆関連推薦 〜シーンに燦然と輝く宏実の傑作〜◆

   

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. いちろう。 | URL | -

    最高傑作です。間違いなく今年ナンバーワンです!似たものどうしとHonesty車の中でずっと流れてます。笑 買ったばかりなので全曲まだ聴けてません…
    心残りがひとつ…TSUTAYAで買ったのにDVDついてませんでした(´Д`)残念。

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>いちろう。さん
    ですよね!初めて聞いたときから完全に虜です。
    あらためて凄いシンガーさんだなと思い知らされました。

    特典DVDって、もしやインタビュー映像のですか?
    あれ、実は僕もかなーり見たかったりします。笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。