スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

StandOut!! #9:ELLIE 『Heartone』

2012年11月22日 15:20



ミステリアスな佇まいと官能的な節回しで魅了するELLIE
今年の7月以降立て続けに配信作品をリリースし、その傍らではライブも精力的に敢行するなど、いま着実にキャリアを重ねている将来有望な女性シンガーだ。そんなELLIEが満を持して繰り出す自身初のアルバム作品が、今回紹介する『Heartone』。R&Bを主軸に、ハウス/ニュージャックスウィング/ポップス/バラードと広げに広げられたサウンド・ワールドはもちろん、ELLIE本人の手による彩り豊かな詞世界や迫力あるヴォーカル技術など、あらゆるスキルを存分に費やした輝かしい意欲作となっている。気品を呼び起こすその瞳は、果たして今何を見据えているのか。自身の経歴から『Heartone』に込めたメッセージまで、”ELLIEをもっと知るための秘訣”を彼女の声と共にお届けする。


1. これまでにどういった活動を?

シンガーに憧れて初めてステージに立ったのが中学2年の時。
それから夢中で夢を追いかけ渡米をし、大好きなR&Bの聖地で様々な経験を積みました。
日本でもたくさんのメジャーアーティストのオープニングアクトやフィーチャリングに参加させてもらい、デビュー前には300本近いライブをさせて頂くなど、色んな活動の中で得るものがたくさんありました。色んなアーティストの方やクリエイターの方と一緒に楽曲を作らせてもらい、ずっと音楽の中で生きてきたので、デビューしたという実感は正直言ってまだありません。デビュー前から変わったことと言えば、実際会ったことがないのに私の音楽を聴いてくれる人がいるという責任感と、メディアに出演させてもらえることですね、今回のように(笑)。

2. 今回の1stアルバム『Heartone』に込めた思いとは?

”Heartone”は、”Heart”と”tone”を織り交ぜて作った言葉です。
もしも心に音色や声があったら、嬉しいときにはこんな音を、悲しいときにはこんな音を出すんじゃないかと考えながら、このアルバムを作り上げました。
心底辛かったり、涙が出るほど嬉しかったりするときってなかなか言葉に出来ないと思うんですけど、きっと誰もがほかの誰かにその気持ちをわかっていて欲しいはずだから、このアルバムの音を通して、リスナーのみなさんと言葉にできない思いを音楽で分かち合えたらと思っています。

3. 多様なジャンルにチャレンジしている本作のイチオシ曲は?

全部です(笑)。
薦められないものは世に出しません。
でも強いて挙げるとするなら、「たった一度だけ」です。
自分のリアルな経験が歌詞として上手く表現出来たし、トラックの方も自分ひとりで完結させることが出来たので、余計に思い入れが強いのかもしれません。コーラスも、他の曲より厚くしてあるので苦労しました。

4. 影響を受けたアーティストは?

Mariah Careyです。初めて聴いたときは、子供ながら「これがきっと世界一だからいつか抜いてやる!」と思いひたすらホイッスル・ボイスの練習をしていました(笑)。はっきりと理由は説明出来ないけれど、心にドーンと来た感じ。彼女は一生忘れることの出来ない人ですね。

5. 今後の目標を教えて下さい。

自分の思いをもっともっと形にして、聴いてくれる人を一人でも多く幸せな気持ちにしたいです。あとは音楽活動をしていく中で、ファンの方やアーティスト仲間、携わって下さるスタッフの方々などかけがえのない仲間を音楽を通してこれからも増やしていきたい。そうやって常にたくさんの仲間に囲まれているようになるのが私の夢です。挑戦したい音楽は常に模索中ですが、何を作るにせよ、前作より確実に成長していかなければならないと強く思っています。

〜Message from ELLIE〜

なにか嫌なことがあったり、傷付いたり、元気が欲しかったり、泣きたかったり、壁にぶつかったりしても、音楽はいつでもあなたの味方で、耳元に寄り添って心を包むものであってほしい。そしてその中のひとつでもある私のアルバム『Heartone』は、恋の始まりを告げるBGMや(Ringin' on Me)、恋人との喧嘩の後だったり(240日)、別れた人をふと思い出すとき(Again)、叶わない恋に心奪われたとき(たった一度だけ)、夢が遠くて諦めかけたとき(Brighter Day)、言えなかったありがとうを悔やむとき(Still)、クラブで踊りたいとき(I Wish I Wasn't)などなど、どんなシチュエーションでも一緒に分かち合えるサウンドになっているので、その時々の心に合わせて、いつでもこの声を聴いてもらえると嬉しいです!

◆ELLIE ライブインフォメーション◆

12月1日(土) 「PARTY THE LOCA 2012 FINAL PARTY×who's shining??」
@倉敷NABU(岡山県)
12月7日(土)「ELLIE 1st Album Heartone リリースパーティー」
@渋谷UNDER DEER LOUNGE
12月15日(土) 「Skeleton Circus」@土浦GOLD(茨城県)
12月16日(日) 「Cosmopolitan2」@渋谷VUENOS

オフィシャルサイト http://ellievoice.com

*リード曲「Brighter Day」がTBS「開運音楽堂」12月エンディングテーマ、
TOKYO MX(NET10局)「うたなび!」1月エンディングテーマに決定。

ELLIE『Heartone』
11月21日発売
1. Heartone 2. たった一度だけ 3. Brighter Day
4. Again 5. Ringin' on Me feat. GIPPER
6. interlude 7. Still 8. 240日 9. I Wish I Wasn't




<ピックアップ>

 
2. たった一度だけ
今年9月に配信で発表されたミディアム・チューン。
透き通るようにメロディアスなサウンドとたおやかなヴォーカルの組み合わせが、儚さと力強さを演出。セルフ・プロデュースという点も相まって、ELLIEの等身大の魅力がギュッと凝縮されている。

4. Again 
R&Bファン必聴の色香漂うスロウ・トラック。かつての恋愛を述懐する切ないリリックに心を揺さぶられつつ、終盤の麗しいファルセットをきっかけにその感動は最高潮に。

5. Ringin' on Me feat. GIPPER
ニュージャックスウィングをベースにした小気味よいトラックのもと、ELLIEきってのトレードマークである魅惑のウィスパーボイスが炸裂。ウェッサイ界の雄:GIPPERとドラマチックなサウンド構築に定評のあるFUEKISSが参加したことで、その筋の音楽特有のラグジュアリーなムードもふんだんにブレンドされている。

8. 240日
ピアノとELLIEの歌声のみで織り成されるシンプルな作りだが、母性の豊かさとスケールの厚さは間違いなく本作随一。どんな楽曲も最大限に消化してみせるELLIEの実力に、あらためて舌を巻かずにはいられない。

9. I Wish I Wasn't
前曲のしなやかな余韻に浸っていたのも束の間、ラストはヘザー・ヘッドリーの2003年に放ったヒットチューンのハウス・アレンジで溌剌と幕締めだ。今回プロデュースを担当したのは、クラブシーンで精彩を放つ実力派:Kentaro Takizawa。アーバンらしさもバッチリと、追究に追究を重ねた抜け目のないアプローチが終始冴え渡る。

 

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぶる〜 | URL | -

    これまでの配信作もなかなかでしたが、
    このアルバムも期待に違わず良いですね! 
    噂通り「Ringin' on me」はNJS〜90'sの雰囲気で最高です!
    あと爽やかな「Brighter Day」、さすがの瀧澤賢太郎「I Wish I Wasn't」あたりですか。
    是非ライブも聴いてみたいですv-14

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>ぶる〜さん
    ですよね!
    多彩な曲をこなせる上、R&Bアーティストの風格も十分なので、
    あらためてこれからのご活躍に期待したいです!

    最近は先行シングルの「Brighter Day」にはまってます!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。