スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末企画『ジャパニーズR&Bクリエイターのお仕事 2012年版』

2012年12月24日 19:00



年末企画第二弾は、毎年恒例「ジャパニーズR&Bクリエイターのお仕事 2012年版」
楽曲が誕生するのは言わずもがな、それを手厚くサポートする裏方の存在があるから。今年も日本を代表するプロデューサーから新鋭系の面々まで、全17組の凄腕クリエイターを手広く取り上げさせて頂きます。この機会に、皆さんそれぞれのお気に入りクリエイターを発掘してみてください。そうすればきっと、シーンの動向がより面白く楽しめるはず!それでは参りましょう。素晴らしきクリエイターによる2012年の名仕事をいざ、プレイバック!

<紹介クリエイター>
*五十音順/敬称略
*◆→シングル作品 ◇→アルバム作品 
*楽曲は、作詞/作曲/編曲のいずれかに対象クリエイターが関与していれば記載
*対象クリエイターが今年手がけた作品すべてを挙げているわけではありません。


・AILI
・今井大介 (Daisuke "D.I" Imai)
・今井了介
・STY
・Okaerio
・Shingo.S / 3rd productions
・Jin Nakamura
・SKY BEATZ
・tazz
・T-SK
・T-Kura/michico
・Nao'ymt
・BACH LOGIC
・MANABOON
・村山晋一郎
・U-Key zone
・UTA

・AILI
◆安室奈美恵 『Go Round』
◇BRIGHT 『Forever feat. 松下優也』 from 『BRIGHT』
◇LISA 『New Days』 from 『Family』
◆若旦那 『LOVERS feat.加藤ミリヤ』


今年のAILIは自身の歌手業を軸に活動。作家業の方も、安室奈美恵『Go Round』の作詞に抜擢されたほか、BRIGHTや若旦那ら意外性のあるアーティストの作品にも登板し、その才腕をくまなく発揮していました。


・今井大介 (Daisuke "D.I" Imai)
◇黒木メイサ 『Flash Light』 from 『UNLOCKED』
◇BENI 『Ti Amo』 『いとしのエリー』 from 『COVERS』
◆黒木メイサ 『FRENEMY』
◆4you 『Mirage』 from 『I for you 〜毎日がクリスマスイヴ〜』

D.Iこと今井大介は、黒木メイサ作品への初登板が今年の一大トピック。
特に『FRENEMY』での相性の良さには目を見張るものがありました。


・今井了介
◆LEO 『Rainy day』 from 『あなたがそばにいること』
◇中村舞子 『Call Me Woman』 from 『HEART』
◆TEE 『Answer with Crystal Kay』
◇w-inds. 『T2P』 from 『MOVE LIKE THIS』
◇傳田真央 『愛言葉 feat. CIMBA』 from 『MENZ Collaboration』


シーンのパイオニア:今井了介は、今年もLEO、TEE、w-inds.といったファミリー系アーティストの楽曲に続々と関与。一方で、中村舞子や傳田真央ら女性アーティストとのミディアム・チューンも軒並み極上の仕上がりに。


・STY
◆DEEP 『Callin You』
◆Fairies 『Beat Generation』
◇宮野真守 『FANTASISTA』 from 『FANTASISTA』
◆MYNAME 『SUMMER PARTY』 from 『Message』
◆三代目J Soul Brothers 『(YOU SHINE) THE WORLD』 from 『0〜ZERO〜』
◆松下優也 『BEAUTIFUL GIRL』 from 『SEE YOU』
◆EXILE TRIBE 『24karats TRIBE OF GOLD』
◆川畑要 『TOKYO GIRL』
◆宮野真守 『IT'S THE TIME』 from 『ULTRA FLY』


Digz incの中心人物であるSTY。今年の彼は何と言っても、DJ AKiやYUUKi MCと結成したユニット:ASYとしての台頭が記憶に新しいところ。通常のお仕事では声優の宮野真守をはじめ、K-POPユニットのMYNAME、今後に要注目のアイドルグループ:Fairiesなど、例により多様なアーティストへの楽曲提供が目立ちました。


・Okaerio
◆JUNYA 『Yes Man』 from 『迷惑なI Love You』
◇中村舞子 『Under Lover』 from 『7→9』
◇TEE 『Good Bye』(capricco名義)
◇為岡そのみ 『TALK TO YOU』 from 『フルコース』
◇lecca 『Landing on the Zoo』 『Golden Lion』 from 『ZOONLADER』


マイペースながらその都度シーンに”衝撃”を落とすOkaerioの2012年は、中村舞子にトラック提供をした『Under Lover』の出来がとにもかくにも素晴らしかった!来年もスペシャルな身のこなしを密かに期待しています。


・Shingo.S / 3rd productions
◆BENI 『永遠』
◇SHUN 『STAY』 from 『TEEN SOLDIER』
◆YU-A 『YOU』 from 『あなたの笑顔』
◇YU-A 『片想い』 『鍵』 from 『DREAM』
◇K.J. 『ヒトコトでいいの... with Alice』 from 『K.J. Loved...』
◆Dancing Dolls 『タッチ -A.S.A.P-』
◆加藤ミリヤ 『LOVERS partⅡ feat. 若旦那』
◆童子-T 『HOME feat. SA.RI.NA』
◇青山テルマ 『Billy Jean』 『So Sick』 from 『MY COVERS』


かつて泣き歌の伝道師として一時代を築いたShingo.S。今年もBENI、YU-A、青山テルマらお馴染みの面子と安定したワークスを繰り広げてくれました。中でも心打たれたのが、K.J.×Aliceによるバラード「ヒトコトでいいの...」。彼お得意の切な節ながら、何とも言えないクラシカルな余韻をもたらす名曲です。


・Jin Nakamura
◆松下優也 『キミへのラブソング 〜10年先も〜』
◇松下優也 『Beautiful Days』 『A Song For You』 from 『2U』
◆YU-A 『優しい顔で近づかないで』

松下優也の実質的なエグゼクティブ・プロデューサーとして知られるJin Nakamura。今年もその役割を引き継ぎつつ、優也作品ではニュージャックスウィングなど新たな題材を提唱。また外部ではYU-Aの作品に初登板を果たし、彼女のポテンシャルを大胆に引き出すことに貢献しています。


・SKY BEATZ
◆三浦大知 『Two Hearts』
◆福原美穂 『Dream On feat. 三浦大知』
◆西野カナ 『SUMMER TIME』from 『GO FOR IT!』
◇真崎ゆか 『あなたがいるから』 『Colors』 from 『Tears of Heart』
◇宏実 『ONE LOVE feat. SIMON』 from 『HONESTY』
◆THE SECOND from EXILE 『CHAOS』 from 『THINK 'BOUT IT!』


元々はヒップホップ界隈で頭角を現したSKY BEATZですが、近年ではR&B/ダンスミュージックの分野でもマニアックなワークスを敢行。今年はと言うと、三浦大知屈指のバラード「Two Hearts」や、西野カナの破天荒なクラブアンセム「SUMMER TIME」あたりが代表作か。


・tazz
◆Ms.OOJA 『Be...』
◇twenty4-7 『卒業 〜Last Message〜』 from 『Last Message』
◆Ms.OOJA 『My Way』
◇Ms.OOJA 『get over』 『RE;BORN』 from 『HEART』
◇YORK 『I REMEMBER』 『BEDROOM』 from 『The Last Supper』
◆詩音 『again』 『just me』 『distance』

今年のtazzは、インディーズ時代から関与しているMs.OOJAのシングル『Be...』がドラマ主題歌に起用され、スマッシュヒットを記録。続く『My Way』にも元気をもらいました。今後は、再スタートを切った詩音のバックアップも務めていく模様。


・T-SK
◆山口リサ 『願い feat. CIMBA』
◇CIMBA 『LAST MAN feat. AK-69』
◆安室奈美恵 『Go Round』 『YEAH-OH』
◇CIMBA 『Mariposa』『Mermaid』 from 『LAST MAN』
◇Crystal Kay 『Memory Box』 from 『VIVID』
◇安室奈美恵 『Let's Go』 from 『Uncontrolled』
◇Allies 『Calling U』 from 『Calling U』
◆真崎ゆか 『SWEET PAIN feat. 詩音』
◆CIMBA 『Navigator』
◆宏実 『I NEED YOU -愛されたい-』
◇宏実 『不意打ちLOVE』 『未完成』 from 『HONESTY』
◆YUKALI 『POWER OF MUSIC』
◆EXILE ATSUSHI 『二人の未来』 from 『MELROSE 〜愛さない約束〜』


2012年のシーンの立役者の一人:T-SK。昨年から飛躍的にレンジを広げた彼は、今年も安室奈美恵、EXILEといった大物アーティストからCIMBA、宏実、YUKALIら昔馴染みのR&Bシンガーまで幅広くカバー。来年のさらなる加速にも期待するのみ。


・T.Kura/michico
◇EXILE 『This Is My Life』 from 『EXILE JAPAN』
◇EXILE ATSUSHI 『Freak Out feat. DOBERMAN INC』 from 『Solo』
◆Crystal Kay 『Forever』
◇Crystal Kay 『Be Mine』 from 『VIVID』
◆EXILE 『BOW&ARROWS』
◆三代目J Soul Brothers 『LET'S PARTY』 from 『0 〜ZERO〜』
◆THE SECOND from EXILE 『THINK 'BOUT IT!』
◆三浦大知 『Right Now』
◆川畑要 『Let's Say I Do』


前年比2倍以上の仕事量をこなしたのはご存じT.Kura/michico。Crystal Kayへの5年ぶりの楽曲提供、三浦大知や川畑要との初タッグなど、話題にも事欠かないワークスで我々リスナーを歓喜の渦へと突き落としました。なお2013年1発目のお仕事は、EXILEのUSAやCrystal Kayが主宰するプロジェクト:DANCE EARTH PARTYのシングル。新年早々、大いにやらかしてくれそうです。


・Nao'ymt
◆真之介 『Morning Comes』
◆安室奈美恵 『Damage』


一方で、昨年から半分以下の新作発表に留まったのはNao'ymt。ただ彼の場合、宮本亜門演出のミュージカル「THE WIZ」で劇中音楽全般を担当していたため、決して無聊を託っていたわけではありません。むしろ今回の経験を糧に、今後レベルアップした手腕を知らしめるのは確実でしょう。


・BACH LOGIC
◆三代目J Soul Brothers 『Go my way』
◆Crystal Kay 『デリシャスな金曜日』
◇Crystal Kay 『Fly High』 from 『VIVID』
◆SALU 『I GOTTA GO』
◇真崎ゆか 『Round and Round feat. SIMON』 from 『Tears of Heart』
◆AKLO 『RED PILL』
◆SALU 『Rebirth』


どんな楽曲でもやってのける鬼才:BACH LOGIC。ヒップホップシーンではSALUやAKLOら新鋭の育成に励み、方やR&B方面ではCrystal Kayへの大仕事なども颯爽と消化。そのフレキシブルな職人芸には毎度のごとく頭が下がります。


・MANABOON
◇中村舞子 『Call Me Woman』 from 『HEART』
◇LEO 『Can you hear me?』 from 『ONE VOICE』
◇清水翔太 『Get Back』 from 『Naturally』
◇MoNa a.k.a Sad Girl 『R.I.P』 from 『Never Say Never』
◆宏実 『Teenage Love』
◆加藤ミリヤ 『HEART BEAT』
◇中村舞子 『Naked Touch』 from 『7→9』
◆清水翔太 『love (MANABOON Steppers Mix)』 from 『366日』
◆清水翔太 『白い恋人達』 『even if』 from 『MELODY』


中村舞子の『Call Me Woman』、清水翔太の『Get Back』、MoNa a.k.a Sad Girlの『R.I.P』・・・2012年を彩った濃厚J-R&Bチューンの陰に、MANABOONの姿あり。元来より持ち味としてきたきめ細やかなサウンドプロダクトが、今年は至るところで”暴発”。どうもご馳走様でした。


・村山晋一郎
◇BENI 『LA・LA・LA LOVE SONG』 『瞳をとじて』 from 『COVERS』
◇清水翔太 『Picture Perfect』 『Tonight』 from 『Naturally』
◆Alice 『BEAUTIFUL feat. 宏実』 from 『X LOVERS feat. SHUN』
◆為岡そのみ 『I'm here feat. CIMBA』 from 『Rendezvous』
◇AISHA 『Nothing』 from 『I,Shout!!!』
◇宏実 『最後の「愛してる」』 『REASON』 from 『HONESTY』
◇加藤ミリヤ 『True』 from 『TRUE LOVERS』
◆DEEP 『I Believe』 from 『夜風』


今年もクレジットに彼の名前を見つけると、心底ホッとしたものです。BENIの『COVERS』ではD.Iと共に名曲を流麗に再アレンジ。清水翔太やAISHAのアルバムでも名曲を生み出し、一際存在感を放っていました。


・U-Key zone
◇AZU 『Hands of!!!』 from 『love letter』
◇黒木メイサ 『Shake it Off』 『曖昧で贅沢な欲望』 from 『UNLOCKED』
◇BRIGHT 『Eternity』 from 『BRIGHT』
◆HEAT_CZR 『Our Promise』 『魔法の絨毯』
◆mochA 『アニマルFIGHTER』 『地球と月』
◆HIROKI 『Can't believe』 『Lost Days』
◇KG 『You're the sun for me』
◇宏実 『THE LIGHT』 from 『HONESTY』
◇為岡そのみ 『delete』 『退行催眠』 from 『フルコース』


音の魔術師:U-Key zone。今年はMOMO "mochA" N.と共に黒木メイサ作品に5曲提供したほか、HEAT_CZRやHIROKIら仲間内の楽曲も次々と解禁。先日リリースされたばかりの為岡そのみのフルアルバム『フルコース』でも、とっておきの異空間をプロデュースしています。要注目!


・UTA
◇CHEMISTRY 『sub-way』 from 『Trinity』
◇MIHIRO 〜マイロ〜 『Just Believe』 『Cream Soda』 from 『Cry For You』
◆AI 『Beautiful Life』
◇CIMBA 『ANGEL』 『Bang Around feat. HI-D, JOYSTICKK』 from 『LAST MAN』
◆ゴスペラーズ 『STEP!』
◆川畑要 『TOKYO GIRL』
◇宏実 『HONESTY feat. HISATOMI』 from 『HONESTY』
◇Lugz&Jera 『Girlfriend』 from 『LUGZ&JERA』


シーンきってのオールラウンダー:UTAも面目躍如の活躍を見せてくれました。代表どころではMIHIRO 〜マイロ〜の傑作『Cry For You』への関与、ゴスペラーズ『STEP!』での快活なサウンドアプローチ、STYとの川畑要ソロデビューシングル合作など。隙がないとはまさに彼のこと。来年のプロデュース・パフォーマンスや如何に。

2011年版はこちら
2010年版はこちら

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。