スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:久保田利伸『Bring me up!』/YU-A/傳田真央/MoNa a.k.a Sad Girl/wordeee.

2012年12月03日 12:00

 
久保田利伸 『Bring me up!』
本人出演のCMソングとしてもお馴染み、久保田利伸の配信曲。
もはや彼は何をやっても格好いいなんて風潮もあるぐらいですが、本作も例に漏れずバッチグー。それどころか抜けの良いグルーヴ感がどこまでも病み付きになっちゃって、若干困り果ててるぐらいです。サビの「Pum Pum...」のフレーズが久保田さんらしいスマートなギミックで好き。
 
YU-A 『優しい顔で近づかないで』
肖像画と思わしきジャケットまで艶やかなYU-Aのシングルは、松下優也やBRIGHTらを手がけるJin Nakamuraプロデュースのミドル・ダンサー。ドラムの力強い音圧に象徴されるように、高ぶる感情の丈を惜しげも無くさらした1曲です。ファンクイズム全開のカップリング「SUNDAY」然り、バンドサウンド特有のざらついた刺激がたまりませぬ。

 
傳田真央 『シングルベル』
今年9月に移籍第一弾みにアルバムを発表した傳田真央の新作は、かのクリスマス・スタンダードを明らかにもじったタイトル、そして歌詞にそこはかとなく滲む自虐、自虐、自虐。それをここまでロマンティックに調理してしまえるのも、全日本女子代表を地でゆく彼女だからこそでしょう。うっとり。


MoNa a.k.a Sad Girl 『Map』
やんちゃとキュートは一見相容れないものですが、彼女にはその両立が許されています。
イルな仕上がりに目眩がした今年5月のアルバム『Never Say Never』の延長線上、元来持つストリート魂が牙をむく「Map」は、DJ WATARAIとのコラボレーションによって筆舌に尽くし難い逸品に。続く「Fiction」では、SOULHEADのTSUGUMIと破天荒なマイク合戦。オールドスクールなトラックとTSUGUMI待望の歌唱パートでうれしさ倍増。極めつけは、反則ネタ使いの「Laugh Now Cry Later」。「可愛くもなれるのよ!」と言わんばかりに登場するメロウなフックに夢うつつ。3曲A面扱いでも全然ありです。


wordeee. 『ひらひら -Missin' You feat. fucchiE』
wordeee.×fucchiEのコンビ、第二弾シングル。
前作の「ゆらゆら」同様、今回もスロウ攻め。とは言え色調はぼんやり明るく、冬本番に向けたコーディネイトは万全といったところ。fucchiEの素朴な歌声にも目の冴えるようなエモーショナルさが。温かいホワイトシチューのお供に、どうぞ。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。