スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUVandSOUL 『Harmony』

2012年12月13日 01:01


<アルバムレビュー>
LUVandSOUL 『Harmony』 (2012/11/21)

1. JUPITER [a cappella]
2. PRIDE
3. 星のかけらを探しに行こう Again WITH SAY
4. 時の描片 ~トキノカケラ~
5. 未来予想図II [a cappella]

6. 栄光の架橋
7. ここにしか咲かない花
8. 小さな恋のうた [a cappella]
9. はじめてのチュウ WITH JOY
10. ORION
11. Story WITH 4you
12. ENDLESS STORY

クリスマスシーズンを直球で意識した、LUVandSOUL初のカバーアルバム。全編バラードで構成されており、そのアレンジは至って正統。ラブソと言えばバラード、バラードと言えばラブソと言わしめるだけの実績もあるので、安心して聴ける盤になっていることはまず間違いない。ただ欲を言うなら、もう少しアカペラオンリーの楽曲の割合を増やしても良かったのではと。差し当たり本作にも3曲ほど収録されているが、元来よりアカペラを精一杯持ち出すところが彼ららしい強味だと思ってやまないので、いっそその屈強なオリジナリティを容赦なく浴びせて欲しかったというのが本音である。仮にもラブソが得意とするカバー全盛の時代ですからね。贅沢な叫びと言われればそれまでですが。楽曲単位で言えば、SAYを迎えた福耳のカバー「星のかけらを探しに行こう Again」がとても良かった。多少の思い出補正はあるものの、女声を交えたことでコーラスのグラデーションが非常に際立っているように感じた。あと、説明するまでもない名曲「Story」。KIKURIを筆頭に、この楽曲ではソロパートの健闘が著しい。終盤での張り上げも上々だ。コーラスも4youを加えた大所帯に関わらず、きわめてスマートにまとまっている。この辺りはプロデューサーであるDaisuke 'Dais' Miyachiの采配の賜物か。お見事。



ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。