スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMA-CHI 『GOLDEN SOURCE』

2012年12月14日 19:00


<アルバムレビュー>
COMA-CHI 『GOLDEN SOURCE』 (2012/12/12)

1. Flower of the sun
2. Return of the bad girl
3. Funky sauce pot feat. 韻シスト
4. Deeper feat. Jaribu afrobeat arkestra
5. Sun & Moon
6. Mama used to say feat. CENTRAL
7. Summer rain

8. awareness
9. say NO! (LRstereo REMIX)
10. Flower of the sun Remix pt.2 feat. LowPass, Cello a.k.a massan
11. ミチバタ (ライブテイク)
生バンドをメインにしてからというもの、意欲剥き出し状態のCOMA-CHI。
冒頭からドラマティックな社会派ソング「Flower of the sun」をこってりと聴かせた後は、韻シストとの身軽なセッション「Funky sauce pot」、アンニュイな南米調と渡り合う「Deeper」、妖しいラテン・ムードを打ち出した「Sun & Moon」と、ここぞとばかりに多国籍かつユニークな楽曲をドロップしていく。生バンドには独特の切迫感があり、事象の核心に迫るには打って付けだと日頃から思っていた僕にとって、知性と思想の塊のようなCOMA-CHIのドスの効いたリリックはまさにドンピシャの代物だった。ちなみに後半戦も、半ばお祭りモードな名曲カバー「Mama used to say」を皮切りに、”歌モノCOMA-CHI”ファン垂涎のメロウ・チューン「Summer rain」、話題を呼んだ反・原発ソングの傑作リミックス「say NO!」と、大胆不敵なアプローチが容赦なく並ぶ。おそらく大抵の人は、すべてを鑑賞し終えた後に「GOLDEN SOURCE」と名付けた彼女の本意にあらためて度肝を抜かれることだろう。「黄金のタレ」と引っ掛けているだけでも粋なのに、中身までちゃんとぎっしり詰まってるからね、本当に。そしてただ濃厚だけじゃなく、自分が見つけてきたオリジナルなスパイスの投入にも余念がない。今回で言うと、集結したアクが強い客演メンバーだったり、糾弾されることが当たり前の時代に物怖じせず主張してのける気概だったりがそう。さすがはメジャーを抜け出してまで作り上げた作品。気付けば何故か、「うんうん」と頷きながら聴いている自分がいます。

 

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。