FC2ブログ



MIHIRO〜マイロ〜 『green GO light』

2013年01月03日 20:00


<アルバムレビュー>
MIHIRO〜マイロ〜 『green GO light』 (2012/12/26)

1. Now&Forever
2. Missing you
3. green GO light
4. STEREO CANNON

5. TIME
6. Beautiful Fighter
7. Fly with my AJ
8. レッドゾーン
9. interlude~初心
10. Only One
11. Lost In Your Eyes

12. interlude~Baby I Love U (プリプロダクション)
13. Baby I Love U <BONUS TRACK>
2013年1発目のレビュー、やらせて頂きます。
本日紹介するのはこちら、MIHIRO〜マイロ〜の通算4枚目となるオリジナルアルバム。
2009年にソロデビュー後、コンスタント(というかハイペース)に作品を届けてくれる本当に頼もしい存在なわけですが、今回の作品はと言うと、まず真っ先に飛び込んでくるのがポジティブなヴァイブス。DJ HASEBE作の「Now&Forever」で冒頭から大空に飛び上がり、懐の深いメッセージに脱帽するJacky Boyz関与のスロウ「Beautiful Fighter」、牧歌的な装いで悠然と歌い上げるラヴソング「Only One」など、前回のオリジナル作『Cry For You』でも多分に表現されていた蟠りのない歌世界を今回も徹底。歌詞も「俺の道は俺がちゃんと歩むしかない(「green GO light」)」というラインに代表されるように、兄貴分の肩書きを背負って立つMIHIRO〜マイロ〜ならではの堂々たる筆致が満載です。

そして彼が本作で掲げているもう一つのコンセプトが、サウンド面での妥協なき挑戦。
歌唱法や歌詞も勿論なのですが、直感的に耳に出来るサウンドに懸けるモチベーションが今回とてつもないんです。例を挙げてみると、何もかもが前のめりなタイトルチューン「green GO light」、その威勢の良さがかつての「東京マイロクラブ」を思わせる「STEREO CANNON」、ダブステップや現行ヒップホップの要素をミックスした正真正銘の実験作「Fly with my AJ」、UTAと共にジャパニーズEDMの頂点を目指した「レッドゾーン」など。物質的な何かですら今にも打ち砕いてしまいそうな覇気のあるアッパーが中心となり、本作のクオリティを下から豪快に突き上げています。おそらくは『Cry For You』で受けた高評価が、MIHIRO〜マイロ〜の野心にさらなる火を付けたのでしょう。「青信号」を意味するタイトル然り、現在の彼が有する破竹の勢いにしっくり来すぎて、少々あたふたしてしまったぐらいです。

J-R&Bを牽引する彼がこれからも意欲を発散していくとあらば、日本の潮流そのものにもきっと新しい変化が生まれていくはず。この調子でどんどん風穴を開けては、シーンの第一人者としてのプライドを遠慮なく誇示していって欲しいです。



ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事