スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

StandOut!! #11:ZiNg 『YELLOW』

2013年01月19日 19:00



ソウル・ミュージックとは、声で感情の限りを鳴らす極めて高尚な音楽である。その繊細な技法は、ただ鍛錬するだけで身に付くわけではない。むしろ、豊かに培われた感性や筋の通ったバックボーンなどの生活的な素養が、その品質を大きく左右すると言ってもいい。体裁を繕うだけではとても追い切れない、そんなプロフェッショナルな性質に、この音楽の醍醐味を日々痛感している。
19歳の頃からライブ活動を始め、今や関西のブラック・ミュージック界をリードするまでに力を付けている若きシンガーソングライター、ZiNg。彼においては、人物そのものがソウル・ミュージックを象徴していると称してもあながち間違いではない。人となりがそのまま血となり肉となり、嘘偽りのない音楽として唯一無二の輝きを放出。その徹底された一心同体ぶりは、「ワインが身体を流れている」と謳う某女優もびっくりの精度の高さで恐れ入るばかりである。そしてそれは、彼の編み出す音楽もまた然り。

先頃リリースされたZiNgのデビューEP『YELLOW』は、彼のプロフィール盤であるのと同時に、人間としての誇りをも提言した何とも愛らしい仕上がりとなっている。ネオ・ソウルへの憧憬を剥き出しにした実直なサウンドを下敷きに、倍音を効かせた自慢の喉が心地よいうねりを醸し出し、一方で感情の向くがままに吐き出すは、無骨でありながら誰にも似ていないメッセージの数々。少ない曲数の中で、これだけハッとするようなヴァイブスを次から次へと差し出すZiNgは、ソウルの申し子、もとい日本の商業音楽に真っ向から切り込んだ必殺仕事人、なんていうユニークな表現さえも着こなす勢いだ。今回は、ささやかながらそんなZiNgのインタビューを掲載させて頂く。彼の素顔に親しめば、『YELLOW』の聴きどころ、そして真価がおのずと見えて来るはず。お試しあれ。




1. まずは簡単な自己紹介をお願いします。
1988年生まれの24歳です。19歳の頃から大阪を中心に様々なクラブやライブハウスでライブ活動を行ってきました。2010年に関西を中心に集結したアーティスト集団「soulflex」に加入し、2012年の10月に1st EP『YELLOW』をリリースしました!

2. トレードマークを自己分析すると?
声ですかね。R&Bシンガーって声が高いのをイメージする人が多いかもしれないんですけど、僕の場合は低音が持ち味かなと 思います。あとは、メロディーや、言葉のリズムが独特だねとよく言われます。

3. 本作『YELLOW』のコンセプトは?
ブラック・ミュージックの発祥は日本ではないけど、R&Bやソウルを日本人が歌っていても、何もおかしいことはないじゃないですか。R&B やソウルが好きだけど、日本だからって”日本っぽさ”を入れて、結局はJ-POPになっている日本のR&Bもどきに嫌気が差していたんです。だから自分の作品は、とことんソウル・ミュージックで勝負したいなと。媚びなんて売らずに、とことん勝負している日本人(YELLOW)のソウルがコレや!って感じです(笑)。

4. 影響を受けたアーティストは?
アーティストでいえば、ぶっちぎりでローリン・ヒル(Lauryn Hill)とディアンジェロ(D'Angelo)ですね。歌でやっていきたいって思わせてくれたのがローリン・ヒルで、自分の今のスタイルのきっかけになったのがディアンジェロです。初めてローリンを聴いたとき、ちょっと気持ち悪くなるぐらいに心をえぐられて、初めて人の歌で涙が出たんです。そこからは色んなタイプのR&Bやソウルを聴きまくりました。それがちょうど18歳くらいのときで、同時期にディアンジェロのCDも買っていたんですけど、初めは全然好きじゃなくて・・・当時は最新のR&Bが好きで、ニーヨとか アッシャーとかクリス・ブラウンを聴いていたんですよ。でも何か飽きてしまって・・・それで、以前に買ったCDを漁っていたらディアンジェロが出て来て、「あー、こんなん買ってたなぁ。どんなんやったっけ」って感じでCDコンポに「Brown Sugar」を入れて音が流れた瞬間に、もうびっくりするくらいの衝撃が走って。そこからはディアンジェロに夢中ですね、もちろん今も。この2人は僕にとって永遠のアイドルです(笑)。

5. これからの野望は?
自分にしか出来ない音楽を追求していきたいですね。誰かと同じことをするくらいなら、歌なんてやりません。自分にしかないメッセージや、サウンドを発信していきたいと思います。

〜Message from ZiNg〜
音楽がなくても生活は出来るし、生きていけます。でも、音楽がなければ満たされないことがたくさんあると思います。少しでも誰かの心を満たせられるような音楽を作り続けたいです!!ここまで読んでくださった方、いつも応援してくれている方、ありがとうございます!そしてこれを機に僕を知ってくれた方、ヨロシクお願いします!!JBS最高ーーーー!!!YEAH!!!!!!

◆ZiNg ライブインフォメーション◆
2/17(日) DRAMATIC SOUL @大阪BAR MUSZE
4/21(日) GIFT @大阪GRAND Cafe



◆オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/zing19880927/

◆『YELLOW』 購入ページ
http://kamoreco.shop-pro.jp/?pid=48357998

◆『YELLOW』試聴ページ
https://soundcloud.com/zing-4

◆『StandOut!!』バックナンバー


ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。