スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベントレポート:『Beat Connection 2013 2日目』@横浜アリーナ

2013年01月28日 20:09


土曜日に続き、行って参りました『Beat Connection 2013』
2日目の今回は、R&B界の御大である久保田利伸がホストを務める「The JAM」をはじめ、Zeebra、KREVA、三浦大知、BENIといった強力なアーティストが出演。1日目と比べると客数も目に見えて多く、13時の開始時点でほぼ満席状態でした。おまけに盛り上がりも凄まじくて、僕もおのずと鼓舞されまくり。楽しかったです!では、以下にて詳細レポートです。

◆1日目のレポートはこちら

◆BENI◆
1. Anything Goes!!!
2. Kiss Kiss Kiss
3. Ti Amo
4. 歌うたいのバラッド

世界的ダンサーKENTO MORIに続き登場したのはBENI。前半2曲は活動初期の人気チューン、そして後半2曲はヒットを記録しているカヴァー・アルバム『COVERS』シリーズからの披露でした。悩殺級の笑みには余裕も見られ、彼女自身イベントを存分に満喫している印象を受けました。


◆Ms.OOJA◆
1. My Way
2. Life
3. Be...
4. ジレンマ 〜I'm your side〜

続いてはBENIと同じくユニバーサル所属のMs.OOJA。BENIがしなやかだったとするなら、彼女は女性の気高さを象った逞しいステージングで魅了してくれました。昨年のシングル「Be...」のヒットで一躍ブレイクしたMs.OOJAですが、この日は過去のシングル作のみを順当に披露。どうせ大きなステージに立つなら、ブレイク前の楽曲もたくさんの人に知って欲しい。そんな彼女のひたむきな思いが伝わってくるようなベストな選曲だったように感じています。特に、生バンドで装った「Life」がとてもスムースな聴き心地で良かった!


◆三浦大知◆
1. Touch Me
2. RUN WAY
3. 4am
4. Voice
5. SHOUT IT
6. Right Now

この日の三浦大知は、先輩にあたる安室奈美恵を踏襲したのか、別途MCタイムを設けない”ぶっ続けスタイル”で30分を爆走。「少しの間、三浦大知の音楽に触れていって下さい!」といつも通りの謙虚な挨拶もそこそこに、「RUN WAY」「4am」など『D.M.』収録の楽曲を中心にパフォーマンスしました。「Voice」では、アコースティックなバラード・アレンジを基調とし、顔に汗を滲ませながら卓越した歌唱力を披露。そして、最後はお待ちかねの「Right Now」だったわけですが、フルパワーを出し切らんばかりの彼の一挙手一投足にもう釘付け。笑顔をちらつかせながらも、寸分のブレなく歌い踊るんですもの。天才ここにありです。当然、歌い終えると客席からは拍手喝采の嵐が。「ブラボー!」という大袈裟な歓声が聞こえても何ら不思議では無いひとときでした。


◆PAGE◆
1. MY NAME IS
2. エクスペクト

DJタイムを挟み登場したのは、弱冠17歳の新鋭MC:PAGE。
フロウ/雰囲気ともにまだあどけなさが残りますが、裏を返せばそれは、若いエネルギーがメラメラと滾っているということ。こうして大舞台を踏んだことですし、これから先やんちゃな活動で一泡吹かせてくれるはず!


◆AI◆

セットリストは、1日目と全く同じ(詳しいレポートはこちらをご参照ください)。
2日目特有の感想としては、「For my Sister」のパフォーマンス精度が1日目よりも高く感じたことでしょうか。まあいずれにせよ、オンリーワンのステージングだったことに変わりありません!


◆超新星◆
1. GET WILD
2. She's Gone
3. Stupid Love
4. Come Back To Me
5. Are You Ready?
6. Shining☆Star

熱風のようなファンの凄まじい歓声に押されて登場したのは超新星。
人気のK-POPユニットということもあって、会場は大勢の超新星ファンによるフィーバー状態に!初めこそ少し気圧されていた僕でしたが、甘いヴォーカルとキャッチーなサウンド・ワークが魅力的で、気付けば一緒になって楽しんでいました(笑)。「このイベントは、良い音楽を聴かせるための機会。僕たちが選んだ曲もうこうして聴かせられて嬉しいです」「僕たちのことを知らない人も多いと思いますが、ライブが終わるまでは超新星ファミリーとして楽しんでください!」など、辿々しい日本語でのMCも中身が非常に詰まっていて好感触でした。


◆Zeebra (The Live Animal Rewind)◆
1. ORIGINAL RHYME ANIMAL
2. THE UNTOUCHABLE 2
3. 真っ昼間
4. PARTEECHECKA
5. 未確認飛行物体接近中 feat. K DUB SHINE
6. 見回そう feat. K DUB SHINE
7. 未来への鍵
8. I'M STILL NO.1

ご存じZeebraは、昨年開催された「The Live Animal Rewind」をこの「Beat Connection 2013」でも復刻。かつてUBGの見習いでもあったMEGA-GがサイドMCを務め、日本語ラップの原点とも言える黄金クラシックの数々を約30分に渡ってたっぷりと披露しました。合間のMCでは「25年とか音楽をやっていると、1stアルバムが一番良いですってよく言われる。なら1stアルバムのライブのセットをまんまやってみようと思った」と企画意図を説明。横浜アリーナという大規模なステージに響き渡る彼らのラップ精神は何とも有意義なものでした。「真っ昼間」「未来への鍵」も聴けたし大満足!また「未確認飛行物体接近中」からは、SPゲストとして盟友:K DUB SHINEが登場。ちなみに2013年はキングギドラ結成20周年の節目で、「積極的に活動していこうと思っている」のだそう。楽しみです。


◆2AM◆
1. 電話に出ない君に
2. 愛の歌がRadioから
3. 誰にも渡せないよ
4. Birthday
5. Missing
6. Never let you go 〜死んでも離さない〜

バラードを持ち味とする韓国の4人組:2AMは、爽やかなコーラスにたっぷり聴き浸れる6曲を歌唱。途中、当日のホスト役でもあった久保田利伸の名曲「Missing」をカヴァーし、同氏への絶え間ないリスペクトを覗かせていました。


◆Serena◆
1. You&i

ティーンの女性シンガー:Serena。
「私にとって大事な曲」と話し、半ば緊張気味にオリジナル曲「You&i」を披露したのですが、大らかなサウンドを柔和なニュアンスのヴォーカルがMISIAを彷彿とさせ、なかなかの聴き心地。未だ謎多きアーティストなので、今後明らかになっていくことを期待。


◆UL◆
KREVAがプロデュースを担当しているMCUとLITTLEによるユニット:ULもビーコネの舞台に登壇。同日にKREVAも出演していたことから、「KICK THE CAN CREWの勢揃いあるか!?」と期待に胸を馳せたのですが、残念ながら願いは叶わず。ただ今春デビューするそうなので、公の場に3人揃うことは今後十分あり得そうです。


◆KREVA◆
1. OH YEAH
2. 基準
3. ストロングスタイル
4. 蜃気楼 feat. 三浦大知
5. 王者の休日
6. 音色
7. C'mon, let's go
8. Na Na Na

続いてはお祭り番長ことKREVA。お得意のおどける素振りも見せつつ、イベントのクライマックスに向けて会場を一気にヒートアップさせました。「ストロングスタイル」でのロッカー顔負けのシャウトをはじめ、「蜃気楼」では三浦大知を招き入れタテノリ全開の圧巻パフォーマンス。また「今日は色んなアーティストがいるけど、あえて王者宣言させてもらおうかな」と前置きした「王者の休日」のグルーヴ!生バンドの臨場感も相まって、半端じゃなかったです。とにもかくにも、さりげない技巧がふんだんでした。あれだけ飾らなければ、そりゃあファンも大勢ついて来ますよ。


◆久保田利伸
1. 流星のサドル
2. LA・LA・LA LOVE SONG
3. Tick Tock
4. Cymblas
5. Bring me up!
6. LOVE RAIN 〜恋の雨〜

そして出ました!誰もが認めるスーパーR&Bスター:久保田利伸!
もちろん、1曲目の「流星のサドル」から観客総立ち状態でございました。かくいう僕もテンション急上昇。何このリズム感、何このオーラ!などと、念願の初久保田さんにはしゃぎ回っていた次第です。また彼、MCが凄まじくユーモラスなんですよね。「最近、あちこちで”プンプンププンの人”だとよく言われます」とCMソングの「Bring me up!」にかけた絶妙なエピソードも披露し、あちらこちらで爆笑の渦を巻き起こしていました。打って変わって「Cymblas」では、バックヴォーカルを務めるYURIとのゆったりとしたセッションも披露。メロウとはまさにこの光景を言うんだなと、感動を隠せませんでした。


◆久保田利伸 presents "The JAM"◆
・YURI×福原美穂×Tarantula (Spontania) 「I'm Every Woman」
・マギー司郎のマジック①
・三浦大知×多和田えみ 「Right Here/Human Nature」
・STEEZ×ISSEI ダンス・ショーケース (BGM:「It's Just Begun」)
・久保田利伸×Daichi 「SUKIYAKI」
・WODDYFUNK 「I Want To Be Your Man」
・WOODYFUNK×Zeebra 「Perfect Queen」
・マギー司郎のマジック②
・BENI×VERBAL 「LA・LA・LA LOVE SONG」
・The JAM Family 「Mercy, Mercy me」〜左右対抗ダンス合戦

1日目のVERBALに代わり久保田利伸がホストを務めた「The JAM」では、往年のブラック・ミュージックへの敬意を示した珠玉のセットリストを展開。さらにそれをシンガー/ダンサー/マジシャンなど豪華なアーティストが消化するという、まさしく”ここでしか見られない夢のようなセッション”が繰り広げられたのです!特に、三浦大知と多和田えみという異色の取り合わせが交互に歌い上げる「Human Nature」のパフォーマンスには神々しさすら感じました。また女流トークボクサーのWODDYFUNKは、ロジャーの大ヒット曲「I Want Be Your Man」をラグジュアリーな空気感満点にカヴァー。そこからZeebraが登場し、同曲サンプリングの「Perfect Queen」をお見舞いするという粋な演出もありました。マギー司郎の箸休め的なマジックも、エンタメをラフに追求するこの企画ならではの催しとして万全に機能していたように感じます。ラストには当日の出演者をはじめとする”The JAM Family"が一堂に会し、マーヴィン・ゲイの「Mercy, Mercy me」を1フレーズずつ歌唱するというゴージャスさ。さらには久保田の発案で、観客を会場の左右2チームに分けた「ダンス合戦」が行われる運びとなりました。ダンス講師には三浦大知と福原美穂をそれぞれ起用。彼らのレクチャーする振り付けを各チームが一体となって真似する光景は、まさしく”ビートで会場全体をコネクトする”という同イベントのコンセプトそのものを如実に物語っていました。

自らが参加して最高の瞬間を共有出来るなんて、音楽ファンにとってこれ以上の喜びはないと思います。たとえばそれはクラブだったり、趣味の合う友人との会合だったり、様々なシチュエーションで知らず知らずの内に実現していることなのでしょうが、これだけ大きなスケールで音楽の感動を味わえる機会はそうそう訪れません。貴重なイベントであるが故、ぜひ今後も継続して開催してくれることをいち音楽ファンとして願っています!



そして昨日も告知させて頂きましたが、僕も2月に以下のようなイベントを開催させて頂く運びとなりました。『Beat Connection 2013』でも突き詰められていたグッド・ミュージックの探求に一役買えるよう精一杯盛り上げるので、ご都合よろしい方は是非遊びに来てください!


Japanese Black Style presents
『Sounds Good!!! ~Japanese R&B Party~ Vol.2』
日時:2013年2月9日(土) 24:00~ OPEN
料金:当日 ¥3,000 (1d) / w/f ¥2,500 (1d)
場所:shibuya eggman http://eggman.jp/nighttime/ 
東京都渋谷区神南1-6-8
公園通りからNHK方面を目指し、突き当たり手前の右手、
一階がSUITS STOREさんのビルのB1F。

<来場者限定特典>
その1:バレンタイン仕様のスペシャルJ-R&B MIX CD 『Chocolate Love』をプレゼント(先着50名様)!
その2:ここでしか見られないレアな情報が満載のオリジナル・フリーペーパー『J-R&B Freak!!!』をプレゼント!


2012年11月に開催し、来場者200人オーバーの大盛況を博した純国産R&Bオンリーによるパーティー『Sounds Good!!! ~Japanese R&B Party~』の第二弾が、2月9日に開催!!今回も確かな実力を備えた個性溢れるアーティスト、そして知識もスキルも一級品のDJが揃い踏みする!SPゲストには、今年でメジャー・デビュー10周年を迎えるジャパニーズR&B界きってのカリスマ:HI-Dと、重厚なハーモニーとキレのあるダンスで魅了する4人組ガールズ・ユニット:BRIGHTが登場!さらには来場者だけが手にすることの出来る限定特典も決定するなど、前回を凌ぐスケールで楽しめること間違いなし!もちろん、アーティストもDJも、プレイするのは純国産のグッド・ミュージックのみ。刺激的で、誰もが親しめる邦楽の世界。他ではなかなか味わえないその全貌を、心ゆくまで堪能すべし!!!

◆Facebookイベントページ◆
https://www.facebook.com/events/239283149537777/


◆SPECIAL GUEST LIVE◆
HI-D
BRIGHT

◆LIVE◆
為岡そのみ
Yo∞Hey
ELLIE
佐藤広大 from SAPPORO
憲嗣
ERBA
MATZMI

◆DJ◆
FUNK (TinyVoice, Production)
CATCHER
Miyahazi
tuguzo
KAZZMA

◆MC◆
JBSケンイチ

*お安くご入場頂ける前売りチケットをご希望の方は、お名前とご人数を明記の上僕までご連絡ください。
*当日はカメラマンによるイベントのパーティースナップ撮影がございます。
*当イベントは深夜イベントのため、未成年の方のご入場はお断りさせて頂いております。
また当日は、会場エントランスにてIDチェックがございますので、顔つきの身分証(免許証等)を必ずご持参ください。


ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. り-り-り- | URL | -

    喫煙コーナーで話しかけさせてもらった者です(^^)
    休憩中に突然すみませんでした(>_<)
    ケンイチさんを見かけた時、芸能人を見たかのようにドッキドキしちゃいました!!www

    ケンイチさんの素敵なレポ読みながら当日を振り返り未だ余韻にひたってます(^ー^)♪
    大知はもちろんですが、初の生久保田さんに大大大大興奮でした(*ノノ)
    このイベントがずっと続くといいですね(^3^)/
    まだまだ寒い日が続きますが、体に気をつけてお仕事頑張ってくださいね-♪長文失礼しました(..)

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>り-り-り-さん
    その節はありがとうございました!!
    まさか話しかけられるとは思って無くてびっくりしましたw
    JBSを見て頂いている方と同じイベントを目の当たりに出来てよかったです♪

    生の久保田さん、本当に凄まじいエネルギーでしたよね!
    JAMもそうでしたけど、音で楽しませる術を熟知しているというか。
    で、その手法も完全に常人離れしてるんですよね〜。

    励ましのお言葉ありがとうございます!
    ぜひまたお会い出来た際はよろしくお願いしますっ!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。