スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:川畑要/DANCE EARTH PARTY/GENERATIONS/HI-D/Heartbeat/AYUSE KOZUE/YORK/TSUBASA/岩瀬あすか

2013年02月04日 00:31

 
川畑要 『breakthrough / Let's Say I Do』
何故もっと騒がれないのか。川畑さん、いいじゃないですか!
個人的には前作『TOKYO GIRL』以上。アニメ主題歌の「breakthrough」はバラードを謳いつつも躍動的で、少々のヒップホップ風味も。荘厳なテーマ性に合わせた柔らかい歌声に痺れます。対する「Let's Say I Do」は、T.Kura/michico制作による切れ味抜群のR&B。ソリッドな曲調なのに、歌詞では永遠の愛をマジメに問うてるというのがまた心憎い。こういう曲、久しぶりに聴いた気がします。


 
DANCE EARTH PARTY 『イノチノリズム』
EXILEのUSAが主宰するスペシャル・ユニット。
ダンス×ピースを標榜しているだけあって、内容はとても明快。否が応でも身体揺らしたくなりますもの。Crystal Kayの起用もまさに打って付けと言った感じ。カップリングの「戦下の地球で」も美麗なバラードでお薦めです。

 
GENERATIONS from EXILE TRIBE 『ANIMAL』
EXILE傘下の若手ユニットが2ndシングルを発表。
ダンス・ミュージックに和楽器の古風なアプローチを肉付けし、斬新な地平をとくと切り開いています。LDH系列のユニットは本当に油断なりませんね。特に彼らは若いだけに、アーティストとアイドルそれぞれの肩書きを使いこなせる絶好のポジションにいると思います。

 
◆HI-D 『Space Ship』
昨年の「Won't Fall」に続き、これまたセクシャルなムード立ちこめるR&B。
一見すると懐古的なのですが、実はとびきりセンセーショナルなんですよね、この楽曲。どこが、と訊かれたら「肌で感じろ」と背中を押すまでなんですけど、キャリアのある人間が生み出すものにはそれ相応のガッツが伴っている良い例だと思います。

 
Heartbeat & DJ CELORY 『RIGHT HERE 〜ずっと二人で〜』
90年代R&Bのカヴァー第三弾は、当代を席巻したヴォーカル・グループ:SWVの大ヒット曲が題材。R&Bファンにとってはもはや説明不要のオリジナルを、より噛み砕いた解釈で伝えようとする姿勢が好感。これを機にクラシックへ食らいつくリスナー続出!となってくれることを切に願います。


AYUSE KOZUE 『LOL』
待ちに待った新曲は、パステル調の爽やかなシンセをあしらったラヴ・ソング。
春めいたサウンドに合わせてか、歌い回しも”小悪魔系ウィスパー”が主体。以前と比べて、浮遊感にもさらに磨きがかかった気がしています。2月13日には同名のニュー・アルバムがリリースされるので皆様チェックです。

 
Dancing Dolls 『湾岸ワンダーダーリン / ラズベリーラブ』
「上海ハニー」と「タッチ」のリメイクに度肝を抜かれたデビュー作に続き、今回は「踊る大捜査線」でお馴染みのあのトラックを拝借。これ普通にクールです。オリジナルの持つ切迫感がこうもフィットするとは。彼女たちってアイドルじみた展開ながら作詞もこなすし、アーティスティックな個性が根強いんですよね。あんまりナメてかかるのはよしましょう。なお同曲の作詞には、@djtomoko n Ucca-LaughからUcca-Laughもしれっと参加。


YORK 『Trulove feat. INFINITY 16』
メジャーへの”回帰劇”も近いYORK。このほど発表された配信シングルでは、INFINITY 16との穏やかなコラボレーションが実現。こんなに晴れ晴れとしたテイスト、以前のYORKには組み込まれていなかったような。

 
TSUBASA 『virtual world』
金沢から飛び出した女性シンガー:TSUBASAのデビュー作。
幻想的で奥行きのあるサウンドについつい気を取られがちですが、ヴォーカルも堪能です。この曲に関して言えば、特に気高さの表現が素晴らしい。インデペンデント的な威厳が早くも漂い始めています。

 
岩瀬あすか 『Make my own story / Shiny Days』
溢れんばかりのバンド感と、それに跨がるくすんだソウルネス。
なかなかの本格志向です。艶っぽさ一つにしても取って付けたようなものではなく、自我を織り交ぜながらとても丁寧に絞り出している。この濃度、往年のCheyenne(少しマニアックか)を真っ先に思い出しました。注目株です。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。