スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:KEITA 『Slide 'n' Step』/AI/m-flo/DRAMATIC SOUL/YUKALI/@djtomoko n Ucca-Laugh/KAORU/亜矢

2013年02月27日 22:00

 
KEITA 『Slide 'n' Step』
w-inds.のメイン・ヴォーカリストが遂にソロデビュー。
表題曲では、息つく暇も無く疾走するダンス・サウンドで異次元の域を猛進。日本の音楽シーンに真っ向から風穴を開ける気満々です。手がけたのは、今井了介をはじめとする先進的なセンスを携えた辣腕たち。ヴォーカル・ディレクションも含めた縦横無尽なプロダクト、お見事です。ナメてかかると痛い目を見ること必至!カップリングの中だと、初回盤Aに収録されている「Searchin'」が白眉。スペイシーなトラックのもと、持ち前の高音を押さえた繊細な歌唱が光ります。
 
AI 『VOICE』
ドラマ「夜行観覧車」主題歌。
それに合わせて、サウンドにも一寸先の展開すら読めないサスペンス・チックな構成が敷かれ、AIの飽くなき姿勢がまたしても浮き彫りに。サウンド・プロデュースにUTAを起用している点に関しても、同コンビによる「ハピネス」が朗らかなムード全開だったことを考慮すれば、なかなかの興味深さ。

 
m-flo 『LOVER』
従来同様、客演アーティストを一切公表しない主義を突き通したシングル作品。
とは言え、カップリング収録曲や特徴的な歌声によって、図らずも誰か分かってしまうわけですねこれが。曲は、「let go」を彷彿とさせるリズムレスのバラード。ストリングスが泡沫的な味わいを醸し、愛する人への切なる思いは儚くこだまする。それはまるで、光の届かない深海のような寂寥たる世界観。

 
Dramatic Soul 『DRAMATIC SOUL』
竹本健一/Fire Lily/Hiro-a-key/ルンヒャンの4人が旗揚げをした生バンド主体のライブ・イベント「DRAMATIC SOUL」から、ついつい踊り出したくなるテーマ・ソングが誕生。四人の実力派シンガーが織り成す颯爽としたヴォーカル・ワークもさることながら、”音を楽しむ”というイベント・コンセプトを忠実に詰め込んだリッチなサウンドも絶品です。同イベントでパフォームされる”生ドラソ”もまた格別なので、気に入った人は会場へGO!

 
YUKALI 『Without Love』
優雅なメロディを初めて耳にした瞬間からあれよあれよと心酔。上品なグルーヴも兼ね揃え、大人リスナー垂涎のほろ苦いR&Bをありありと演出しています。そしてYUKALIの今にも壊れそうな歌声。切ないナンバーはお手の物な彼女ですが、まさかこんなにも胸を締め付けられるなんて。

 
@djtomoko n Ucca-Laugh 『HUG』
変幻自在のクリエイティビティで我が道を行くDIY系音楽ユニット。
やっていることは高尚かつユニークなのに、楽曲の中身は女子のマインドに準えたとことん通俗的なもの。この辺りの力の抜き差し加減が、いつもとてつもなく冴えているんですよね、彼女たち。Ucca-Laughのアンニュイな歌唱も健在です。

 
KAORU 『Dreamer』
その類い希なる歌唱力が一部で話題を呼んでいる逸材、KAORU。
野性的な歌声は、ワシャワシャと何かを毟るように感情の高ぶりを露わにし、やがて強烈なリズム感へと姿を変える・・・何かひっさびさに五感が震えました。ソウル・オリエンテッドでありながら仰々しさが全くないというか、いわゆるアーバンR&B然とした知性にも長けた希有な存在だと思います。マスト。


亜矢 『Last Snow』
千葉出身のシンガー:亜矢の配信作。
透明感のあるメロディを、直向きな歌唱が優しくコーティング。雪がキーワードということで、過去に発表された楽曲「忘れな雪」を思わず連想しましたが、ポップネスを尊重したこちらの方が希望のある仕上がりか。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
 ブログパーツ
 
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。