スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOUBLE 『Crystal』

2013年03月18日 20:30



<アルバムレビュー>
DOUBLE 『Crystal』 (1999/6/2)

1. Intro~Crystal Clear
2. Free Style
3. Little Things You Do
4. Make Me Happy(MORE MIX)
5. Desire(Cool groove MIX)

6. Interlude (If My Sister’s In Trouble~Joy)
7. Shake (Original)
8. Sweet time
9. For me(Live Style MIX)
10. BED

11. Shake (ANOTHER SQUALL MIX) feat. ZEEBRA
12. BED (Doubles) Mummy-D from RHYMESTER and Kohei from MELLOW YELLOW

DOUBLEが今年の2月でデビュー15周年を迎えていたことを今になって知った。
リリースやライブで賑やかに展開した10周年時(2008年)からもう5年が経つのか!としばし驚きつつ、ささやかなお祝いとばかりに、記念すべき処女作を紹介してみようと思います。

故・SACHIKOとTAKAKOで作り上げられた最初で最後のオリジナル・アルバム。R&Bの上品なサウンドにくるまれて、姉妹ならではの阿吽の呼吸が艶っぽく鼓動する言わずと知れた傑作です。この頃のDOUBLEの音楽的特徴として、敬愛する洋楽特有のアクセントに重きを置き、本場指向のグルーヴを全面に押し出していたことがまず挙げられます。邦楽にブラック・ミュージックの要素を持ち込んだ、というよりも、ブラック・ミュージックに和のフィーリングをまぶしている、という表現の方がしっくり来る感じ。メインストリームの変遷に敏感な海外クリエイターを積極的に起用するといった姿勢も、当時山のように存在した他の和製ディーヴァとは一線を画していました。実際、MISIAや宇多田ヒカルですらなかなか手を出さなかったミニマルなループ・トラック「Shake」があれだけのスマッシュ・ヒットを記録したわけですから、彼女たちが日本のR&Bシーンに残した功績には、一過性のブームとだけでは片付けられない盤石たる根拠が備わっている気がしてなりません(もっとも、同曲のプロデュースを手がけた今井了介の華麗な采配あってこそですが)。

「Shake」のほか、ブレイクのきっかけとなったセクシー・アンセム「BED」、作曲に筒美京平を迎えたデビュー曲「For me」などのシングル曲を網羅。ちなみに「For me」と2ndシングルの「Desire」に関しては、DOUBLEの本意ではないリリースだったそうな。でもアルバムの中で流麗な魅力を放っている以上、結果オーライ以外の何物でもないですよね。特に「For me」は、本人たちが一番気にしていたであろうメロディが珠玉の透明感で大のお気に入り。

それ以外のところでは、m-floとしてのメジャーデビューを控えていたTaku Takahashiが手がけたダンサブルR&B「Make Me Happy」や、輪唱チックなコーラス・ワークに微睡み必至の「Sweet time」、兄弟×姉妹の珍コラボが拝める「BED (Doubles)」あたりが秀逸。品格ある音楽、というR&Bの認識をオーセンティックに消化しては、リリックやコラボなど至るところでクリアなセンスを光らせています。後発の「double」ほどマニアックな仕様でもなく、”Bガールの教祖”として崇められた時分の「VISION」や「Wonderful」ほど俗っぽさも強くない、ちょうど良い距離感。ふとしたときに発症するメロウネスの渇望にも気を利かせて応えてくれるとあって、今なお我が家では現役選手です。次回作の解禁まで、しばらくこのサイクルは続きそうな予感。

 

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. megu83 | URL | -

    懐かしいCDです^^*

    こんばんは\(^▽^)/!
    Crystalを記事にして頂き大変嬉しいです。懐かしいです!
    当時はよく聴き込んでいました……(*^◯^*)
    亡きSACHIKO&TAKAKOのコーラスが絶妙に良くて、今でもCDラックから引っ張り出してきては聴いています。
    J-R&Bの礎となったアルバムですので、私が女子高生時代から聴いています。
    今聴いても90年末のJ-R&Bとは思えないクオリティの高さなんですよね。
    リクエストなのですが、JBSさんで機会がございましたら、SayukiのCDアルバム、sugar soulのCDアルバムが御座いましたら、記事にして頂けたら嬉しいです♪

  2. コウイチ | URL | bM4TJFTs

    SACHIKOは、ほんとにいい声でしたよねぇ。
    改めて早世が惜しまれます。

    "for me"は、当時中森明菜が出てた暗〜いドラマの挿入歌で
    その何とも言えない浮遊感とキレイなコーラスワークにやられました!

    猫も杓子も、バカの一つ覚えみたいにゴリゴリエレクトロなイマだから

    こういうものをまた聴きたいですね。

    初期のDOUBLEと、soweluの1st ALBUMは
    オレの"軽くて、キレイなモノ"を聴きたいモード時の笑
    必需品でっす。

  3. ケンイチ | URL | -

    Re: 懐かしいCDです^^*

    >>megu83さん
    お返事遅くなって本当にごめんなさいm(_ _)m
    コメントありがとうございます!
    この時代はJ-R&Bの活性化が促された時代なだけに、名盤が数多く登場しましたよね!
    SACHIKOさんが参加した最初で最後のオリジナルアルバムなので、思い入れもひとしおです。

    リクエストもありがとうございます!
    ぜひ前向きにご検討させて頂きますね!!

  4. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>コウイチさん

    「For me」が挿入歌だったドラマ、俺も観てました!
    結構面白かったですよね。笑

    エレクトロに対する是非は今色んなところで話題になっていますが、
    この流行がどういった末路を辿るにせよ、それを操るアーティストさんには個性を忘れないで頂きたい、というのがいちリスナーとしての本音でもあります。まあ、この話をし出すと色んなとこに飛躍しちゃうのできりがないんですけど。苦笑

    Soweluさんの1stもやばい!捨て難すぎます!
    同じくあの頃の彼女は俺にとってレジェンドでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。