スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:宏実 『REASON -I STILL LOVE YOU-』/Alice×SHUN/Sumire/SAYUKI/MUROZO×SiSY

2013年03月30日 12:00

 
宏実 『REASON -I STILL LOVE YOU-』
「DON'T SAY IT'S OVER」からわずか1ヶ月で発表されたEP作品。
リードを担うのは、昨年リリースのEP「Teenage Love」が初出となった「REASON」のリメイク。ギターの素朴なアレンジが幸福感を誘い、すぐさま心を洗われること請け合いです。サブタイトルが付いたせいか、各要素から色々と深読みするのも面白くなってます。2曲目は新鋭トラックメイカー:理貴が手がけた「パステル★ワールド」。★つながりで「ラッキー☆ガール」的なイメージを膨らませていたら、良い意味で裏切られました。と言うのも、この抜けの良い爽やかさとポジティブなリリック、どちらかと言えば同じく色がコンセプトの「Colorful World」に通じていて、口ずさんでいたら自然と元気がチャージされる仕組み。シンセ主体なのに何だろう、この有機的なヴァイブスは。打って変わって3曲目の「Movin' On」は、彼女と相性抜群のT-SKによるプロデュース。これまた意外な落ち着きようですが、昨今のアコースティックへの傾倒ぶりを象るかのように、彼女の芯の強さが力の限りプッシュされています。

 
Alice 『X LOVERS II feat. SHUN』
SHUNとの切ない掛け合いも話題を呼んだ楽曲の続編が、一年の時を経てリリース。
春らしい哀愁漂うサウンドに乗せ、前を向いて歩き出す互いの心情を凜と描写。歌い方にも大人っぽい厚みがひょっこり顔を出し、歌詞の中の男女としてだけでなく、アーティストとしての両者の成長ぶりもしかと感じられる仕上がりになっています。カップリングは、Alice史上ありそうでなかった浮遊感溢れる4つ打ちナンバー「Ever After」と、ポップな調子でラップに挑戦した「WORK HARD」。前者はマット・キャブ楽曲提供によるもので、後者はKEN THE 390譲りのフリーダムなノリが秀逸。

 
Sumire 『The Season In the Sun』
いしだ壱成の妹として話題沸騰中のすみれが、Sumireと表記を改め歌手デビュー。本人出演のCMのタイアップ・ソング、尚かつ楽曲もTUBEの鉄板とも言える夏うたのカヴァーということで企画色こそ強めですが、決して侮るなかれ。彼女、聴き耐えうるどころか、こちらが少し気持ちよくなっちゃうぐらいに歌が上手いのです!海外暮らしが長かったこともあり英語の発音も完璧で、おまけにセクシー緩急付けがかなりの腕前。本業はモデルですが、「どこかで歌やってたでしょ絶対」とキャリアを突きたくなるほどの安定株。そういやお兄さんも一時期、俳優と歌手を兼ねてたっけ。さすがの血筋ですね。今井大介プロデュースという点も単なるトピックに終始せず、Sumireに見合った迫力と華やかさを添える重要な役割を全うしています。


◆SAYUKI 『Only you』 『Simply』
マルチな活動が頼もしいSAYUKIの次なる一手は、新曲2曲の各2カ国語(日本語/英語)、計4バージョンを同時に発表するというセンセーショナルこの上ないもの。自身の再始動作にあたる「OMG(2011年)」を大衆向けに噛み砕いたような仕上がりのエレクトロ「Only you」、そしてジャズやフレンチ・ポップなどのテイストをいいとこ取りした色っぽいアッパー「Simply」と、どちらも持ち前のセンスに従ったガツンと来る聴き応え。

 
MUROZO 『No Matter What feat. SiSY』
昨年11月、アルバム『DREAM or REAL』をリリースしたことをきっかけにメディアでもプッシュが相次いでいるMUROZOが、早くも新章を唱えるべくデジタル作品を発表。ウェッサイ特有の甘美な”タソガレ系メロ”を軸にしたオーセンティックなミドルではあるものの、風雲児らしいシリアスなメッセージ性と迷いのないフロウが映えに映えており、全体のバランスは上々。SiSYがSAYやMoNa a.k.a Sad Girlのポストへどう潜り込むのかも含めて、今後が気になりまくりです。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. D.I | URL | 3MFBrIKc

    すみれ

    すみれはデール・カーネギー大学でシアターアーツ専攻の英才教育でミュージカルキャリアがあるんだよ!

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: すみれ

    >>D.Iさん
    ご丁寧な解説ありがとうございます!
    やはりそうだったんですね!
    あまりにセクシーな節回しをされているんで、思わず勘繰ってしまいました。笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。