スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェニー・ブランチ 『JENNY BRANCH』

2013年04月26日 19:30

 

<アルバムレビュー>
ジェニー・ブランチ 『JENNY BRANCH』 (2012/12/19)

1. Jenny that's ma' name feat. らゆう/ kyte
2. Checkmate
3. Girls be ambitious

4. Inception
5. Chocolate Cake
6. Dreamgirl
7. Pastel Girl
女の子って、振り切り方が難しい生き物だと思うのです。
レディの嗜みとして品良く振る舞うことも少なからず求められて来るし、等身大を目指すにも越えなければいけないハードルがたくさん。あくまでも推測ですけどね。

でもそれがいたんですよ。どこからどう見てもクレイジーに女を謳歌しているシンガーが。
名前はジェニー・ブランチ。彗星の如く現れた彼女は、英語をはじめとする三カ国語を使いこなすトライリンガルで、現在は渋谷を拠点に活動中。突き抜けるほどチャーミングな歌声を誇り、ファースト・インプレッションからとにかく強烈。おまけに彼女が歌う楽曲は片想い系恋愛ソングが大多数を占め、おとぎの国さながらのふわふわとした感覚を否が応でも共有することになります。この手のぶっ飛んだ作風は巷で”イタい”とされがちですが、歌詞や曲調を駆使し、ポップなガールズ・ワールドとして立派に昇華している様をひとたび確認すれば、そのセンスに病み付きになる方も多いのでは。

主導権を握るのは、北欧から直輸入されたようなシンセ振りかざし系のダンス・ポップ。もっとも、ギターを清涼感たっぷりにかき鳴らす「Inception」のような牧歌的ソングもあれば、キッチュなサウンド・デザインが胸をくすぐる「Dreamgirl」なるバラードも収められていたりと、その実質は溢れんばかりにカラフルで深遠。そうだよね、女の子って色んな表情を潜ませてるものね。

なんてことを思いながら鑑賞の日々を送っていたところ、彼女が本作の中でもとりわけエネルギッシュな「Checkmate」を配信リリースするという情報を聞き付け、こうしてプレ・デビュー盤の記事を書かせて頂いた次第。エレクトロもすっかり主流になりましたが、一見して王道な素材をこれだけわんぱくに操るアーティストがいる以上、日本のEDMマーケットにもまだまだ伸びしろが残されている気がするのです。

その得体の知れない衝撃は一聴したもの勝ち。
天然キャラを装った白々しい輩は、今すぐ彼女のリアルなヴァイブスを見習うがよろしい。

Checkmate - Single - ジェニー・ブランチ

◆アルバム『JENNY BRANCH』購入ページ
http://tower.jp/item/3172454/Jenny-Branch

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。