スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ライブレポート>「BRIGHT LIVE TOUR 2013~Brightest Days~」 @渋谷WWW

2013年05月15日 16:16



BRIGHTのライブ・ツアー「BRIGHT LIVE TOUR 2013~Brightest Days~」。その東京公演に先日、行って来ました。ツアー・ファイナルとあって、会場は大勢のファンで満員。かく言う僕も、彼女たちの最後の勇姿を一目見たくて駆けつけたのですが、本当に色んな意味で記憶に残る素晴らしいライブでございました。ではさっそく、セットリストに沿ってこの日の公演を振り返ります。

<セットリスト>
1. Theme of BRIGHT
2. Brightest Star
3. Love & Joy
4. One Summer Time
5. Feelin' You
<MC>
6. 花
7. 1年2ヶ月20日
8. LOVE 〜ある愛のカタチ〜
<MC>
9. あの日の雨 (Piano Ver.)
<MC>
10. Missin' U (Piano Ver.)
<MC>
11. 逢うたび好きになって
<MC>
12. BAD GIRL!!
13. Love Me Like You Killing Me
14. Dance With Us
15. Secret
16. 恋心
17. Shining Star
<MC>
18. 手紙

<ENCORE>
19. Shining Butterfly
<MC>
20. I'll Be There
<LONG MC>
21. Girls Be Ambitious
<MC>
22. Brightest Star

<ENCORE 2>
23. Girls Be Ambitious
割れんばかりの歓声を受け、公演はお馴染み「Theme of BRIGHT」でスタート。そこから意外にも、一番の代表曲である「Brightest Star」へとなだれ込みます。解散公演ということもあって、名曲の良さが一層心に染みました。その後は「Love&Joy」「One Summer Time」「Feelin' You」など、夏を先取りとばかりにダンス・パフォーマンスが持ち味の楽曲を立て続けに披露しました。

「今日はBRIGHTとして本当に最後のライブになるんやけども、最後やからこそみんなと笑顔になって最高の一日にしたいと思います!」と溌剌と挨拶すると、お次は「花」「1年2ヶ月20日」といった切ないナンバーを中心に展開。感情を露わにした堂々たる歌唱が印象的でした。中盤には鍵盤奏者を交え、『IN HARMONY』収録の「あの日の雨」、そしてインディーズ時代のCD作品『Brightest e.p. 02』収録の「Missin' U」をピアノ・バージョンで。レアなバラード楽曲のオンパレードもファイナル公演ならではの試みと言えるでしょう。

本編が後半に差し掛かると、再び怒濤のアップ・ゾーンへと突入。
「BRIGHTのライブは終盤にかけて盛り上がる」との宣言通り、「BAD GIRL!!」「Dance With Us」といったクールなダンス・ナンバーから「恋心」「Shining Star」に代表されるポップなアンセムまでを幅広く網羅し、観客を大いに沸かせていました。特に「Shining Star」の一体感と、4人と微塵にもブレないハーモニー・ワークには魂消たなあ。そして最後は、「ファンに向けて歌った曲」である「手紙」。刻々と迫る最後の瞬間に向けて、淡く優しい歌唱を響かせてくれました。

「東京ありがとうー!!」という4人の精一杯の感謝から幕を開けたアンコール。
「Shining Butterfly」で会場をヒートアップさせた後、「今日はみんなとの強い絆を思いながら歌いたいと思います」と前置きし「I'll Be There」を披露したのですが、この頃になると妙な名残惜しさが立ちこめており、会場中が4人の歌声を真摯に受け止めていました。

そして、メンバー4人からの挨拶。

「こうやって、みんながライブ会場に足を運んでくれたことが本当に嬉しいです。デビューから5年、出会ってからは15年以上も一緒にいる4人なんですけど、今ではこんなにたくさんの人が自分たちの音楽で涙を流したり笑顔になってくれて、本当に奇跡だなと思います。『また4人でやって欲しい』と応援してくれる人がたくさんいるということが私の宝物です。私たちのわがままな決断を受け入れてくれて本当にありがとうございます。私たちは今日のライブで解散してしまうけど、音楽はずっと生き続けます。みんなも悩んだりすることがあれば、私たちの音楽を聴いて前に進んでいって欲しいです。本当に、今日まで応援してくれてありがとうございました。(NAGI)」

「MEGは3人が大好きです。結成当時を振り返ってみると、同じスクールで出会って、同じ年代なので自然と仲良くなったけど、聴く音楽も声質も違って。特に私は、自分の声が本当はあまり好きじゃなくて、『全然3人と違うやん』とジレンマに悩むこともありましたが、だからこそ3人と一緒にやりたい、4人で一緒に良い音楽を作りたいとも思って。活動をしていく中で『MEGちゃんの声が好きです』と言ってくれる人もいて、そこで初めて自分の良いところを好きになれました。この5年間応援してもらえたことで私自身成長出来たので、みんなには感謝しかありません。(MEG)」

「デビューしてから今日までみんなと一緒に過ごせた時間は本当に幸せでした。一緒に笑って一緒に泣いて、一緒に歌って一緒に踊って、そういう時間が「生きてるな〜幸せやな〜」という実感にも繋がりました。この先この出逢いが何かの糧になればいいと思っています。今日まで本当に幸せな時間をありがとうございました。絶対忘れへんから。みんなのことが大好きです。(MI-MI)」

「今日はほんまにたくさんの人が来てくれて。みんなの顔を見ていると、この場から帰りたくないです。それぐらいみんなとの時間はすごく濃いものでした。誰も歌を聴いてくれなかったストリート・ライブから始まり、今ではこんなにたくさんのみんなに応援してもらえて、4人の絆も深まっていきました。だからこそ今回の決断で、一人一人が成長できればいいなと思っています。ほんまにたくさんの愛に支えられて今日まで来られました。初めは歌うことが好きで歌ってきたけど、みんなという存在が出来て、みんなに向けて歌うことを通して、もっと歌が好きになりました。気付かせてくれて、ほんまにありがとうございました。(NANAKA)」

NANAKAの挨拶が終わると豪雨のような拍手が沸き起こり、BRIGHTの新たな門出を会場中が一体となって祝福。声を詰まらせながら一生懸命に話す4人を見て、同じく涙腺を緩ませた方も多いのではないでしょうか。

次の曲は、「タオルを振り回して盛り上がりたいと思います」「悲しいのはここまでです!」とムード転換を呼びかけ、アルバム『BRIGHT』でも最後に収録されている「Girls Be Ambitious」へ。シリアスな挨拶から一転、瑞々しい笑顔を振りまいた彼女たちは、BRIGHTの名のとおり「未来は明るいのだ」と我々に教えてくれているようでした。

続いて、本日二度目の披露となる「Brightest Star」。「この曲は、挫折したとき、喧嘩したときにあらためてメンバーの大切さに触れたときに書いた曲なんやけど、今となってはみんなもメンバーと同じぐらい大切な存在です。みんなも一緒に歌ってください!」と前置きすると、彼女たちの原点とも言えるアカペラでスタート。麗しいハーモニーもいよいよ聴き納めかと思うと寂しさも一入でしたが、それを払拭するかのように会場ではファンによる合唱が。大団円という言葉の意味を思い知った、充足感に満ちたエンディングでした。

その後、公演終了として一旦ステージを去ったBRIGHTでしたが、オーディエンスからの声援に応える形で舞い戻り、急遽「Girls Be Ambitious」を再披露。こうして全23曲、3時間近くに及ぶ公演は締めくくられたのです。


僕にとってBRIGHTは関西の誇りのような存在であり、当サイトを運営する以前から、そのティーンらしからぬ実力に驚かされ続けて来ました。取材をさせて頂いた際は、関西弁で繰り出される軽妙なトークが心底楽しく、またその縁から、「Sounds Good!!!」という当サイト主催のイベントにも出演して頂けました。今となっては、彼女たちにとってこの「Sounds Good!!!」が最初で最後の深夜イベントにもなり、貴重な機会をご一緒できたことを本当に嬉しく思っています。

こんなにも隙の見当たらない最高のガールズ・グループが今はもう存在しないなんて、まだ信じられません。しかしながら、公演中に何度もメンバーが話していた「私たちの音楽はなくならない」という確かな事実、そして最後の最後まで力の限り音楽を謳歌していた4人を思い出す限り、彼女たちの歴史はここで完結したわけではないのでしょう。事実今回の公演は、この先それぞれの道を歩む中でよりたくさんの成長に恵まれ、何年経っても光り輝き続ける4人の未来が手に取るように感じられた、清々しいひとときでもありました。新しい活動の発展を、いちファンとして心から願っています。今まで本当にお疲れ様でした。

デビュー・アルバム『Brightest Star』レビュー
1stアルバム『Notes 4 You』レビュー
2ndアルバム『Real』レビュー
コンセプト・アルバム『IN HARMONY』レビュー

3rdアルバム『BRIGHT』インタビュー
ベスト・アルバム『BRIGHT BEST』インタビュー

イベントレポート 『Sounds Good!!! 〜Japanese R&B Party〜Vol.2』
ライブレポート:BRIGHT 『LIVE TOUR 2012 ~This is BRIGHT~』 @渋谷WWW
特集 【動画で見るBRIGHTの歩み】


ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ぶる~ | URL | -

    前週の大阪でのラストライブ、行ってきました。
    オープニングの「Brightest Star」を聴いた瞬間から目から汁が・・

    楽曲のクオリティ、個々のパフォーマンス全て、本当に素晴らしいグループでしたね。
    しかし、意外と多くの人に知られないまま終幕を迎えてしまうことはとても残念です。
    でもメンバーが完全に音楽から離れてしまうこともない(多分?)でしょうし、
    いつかまた彼女たちの歌声が聴けることを夢見ながら、応援していきたいと思います。

  2. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>ぶる〜さん

    本当にシーンにとって惜しいグループを失ったような気がします。
    もちろん彼女たちの決めたことなので、こちらも落ち込んでばかりいられませんが、
    歌もダンスも心意気も立派な4人だっただけに、しばらく余韻は続きそうです。
    いつかまた、それぞれが成長した先に再結成してくれると嬉しいのですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。