スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIX CD『JAPANESE BLACK STYLE』レビューリレー:1. JAY'ED 『Open Your Heart』

2013年05月18日 17:19



<当サイト監修CD『JAPANESE BLACK STYLE』レビューリレー>
1. JAY'ED『Open Your Heart』

収録作品:メジャー1stアルバム『MUSICATION』
発売日:2009/10/28
関西出身のJ-R&Bファンである僕にとって、JAY'EDは今も昔も拠り所に等しい存在である。
彼が初めてCDを発表したのは遡ること8年前。偶然にもその時分、彼のシングル曲「Why?」に触れたことを足掛かりに、翌年にリリースされた初のアルバム「The Gift -just let me know-」も早々と購入。ダイナミックな歌い回しを得意とする、いわゆるR&Bに忠実なアーティストを好き好んでいた当時。ビブラートに頼らずに深遠な余韻を残すJAY'EDの歌唱法は、まるで青天の霹靂のように僕の一辺倒な嗜好を鮮烈に打ち付けた。

そこからは言わずもがな、彼と彼のオリジナリティにリスペクトを捧げる日々。
思えば当サイトを起ち上げてまず最初に掲載した作品も、彼の記念すべきメジャー・デビュー曲「Superwoman」だった。今や全国規模の人気を誇るJAY'EDだが、その発端とも言える同曲は凜とした初々しさに溢れ、前述のエピソードと併せて僕の記憶に深く刻まれている。

さて、僭越ながら今夏にリリースさせて頂くMIX CD『JAPANESE BLACK STYLE』は、そんな薫り高いJAY'EDの歌声と共に爽やかなスタートを切る。トップ10ヒットを記録したアルバム『MUSICATION』からの選出ということでそれなりの勇気も要したのだが、せっかく収録させてもらうなら彼の音楽性とメジャー・フィールドの相性の良さを是が非でも顕示したかったため、必然的にこのセレクトになったという経緯がある。と言うのも、”クラブでのワン・ナイト・ラブ”をここまでライトな解釈で伝えたJ-R&Bもなかなか珍しいのではないのかと。その決め手となっているのはやはり、彼最大の持ち味であるすべらかな節回しだ。英語圏譲りのイントネーションが一種の場慣れ感を頼もしく演出する一方で、ジェントルマンさながらの上品な振る舞いがこの手のテーマ特有である下世話さを一切シャットアウトし、何とも親しみやすい空間を生み出す。くわえてUTAによるプロダクトは、近未来の様相をほんのり滲ませたアーバンの進化形であり、音楽そのものへの前向きなヴァイブスが遺憾なく発揮されているように思う。これらの要素の背景には、大衆的な路線にも着地していかなければならない立場である二者が”J-POPにおけるR&B”を最大限に考慮した跡が見て取れ、もはや脱帽を禁じ得ない。間違いなく、JAY'EDのR&Bキャリアを総括・象徴した一曲だろう。

開放を味わうべくして味わうこれからの季節、この『JAPANESE BLACK STYLE』は、グルーヴ冴え渡る同曲を皮切りとした自由気ままな音楽の旅を誠心誠意プレゼンさせて頂く。



Ken'ichi Shirahara presents 
JAPANESE BLACK STYLE MIXED BY DJ AGETETSU

2013 / 07 / 17 on sale

<収録曲>
1. Open Your Heart / JAY'ED
2. Just Believe / MIHIRO
3. SWEET SUMMER TIME / スズキ *未発表曲
4. JEALOUS / JASMINE
5. Disconnect / Sweep
6. Feel My Love feat. YUTAKA / Dear
7. Under Lover / 中村舞子
8. I Wanna Rock You / AISHA
9. Hide & Seek / 山口リサ
10. Magic Number 090-xxxx / 傳田真央
11. JOY / LEO 
12. 離れていても / 竹本健一
13. Colorful World / 宏実
14. Black■Box / mochA
15. BLACK $UGAR / ELLIE
16. shine / ZiNg
17. Unchanging Love / 福原タカヨシ
18. I need a girl / Ryo × 佐藤広大
19. Love Of a Hitman / YU-G
20. I Want You / TSUYOSHI
21. Tears in Blue feat. HI-D / CIMBA
22. U & Me / 為岡そのみ
23. BED ROOM / YORK

<JAY'ED アーカイブ>
シングル『Superwoman』レビュー
アルバム『The Gift ~just let me know~』レビュー
シングル『最後の優しさ/SUNLIGHT』レビュー
アルバム『MUSICATION』レビュー

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。