スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lily.μ 『LOVE AMUSEMENT』

2013年06月15日 01:00



<アルバムレビュー>
Lily.μ 『LOVE AMUSEMENT』 (2013/6/12)

1. SUMMER LOVE feat. Diggy-MO’ (SOUL’d OUT)
2. Interlude ~Love Amusement~
3. Love Me ~ココロの声~
4. PARTNER
5. neon
6. もう一度 -Love Again
7. I Got a Feeling feat. STY (from ASY)
8. LOVE GAME
9. I hate me
10. 嘘の「おめでとう」
チャーミングな歌声でぐいぐい惹き付ける女性シンガー・Lily.μが新作を発表。
印象としては、前作『7 Muse』あたりから徐々に加速し始めたダンス・ミュージックへの探究心が、本作でいよいよフルスロットルと化した感じ。それはつまり、サウンド・プロデューサーのSTYが己の才腕を振り切って采配にあたったということでもあるのですが、当のLily.μもヴォーカルの硬軟を駆使してハイレベルな楽曲群に食らいつくなど、以前と比べるとスタンス面での肝の据わりが飛躍的に向上している模様。それこそ中盤に待ち構える多彩なダンス・チューンのラッシュは、Lily.μにとって腕試し同然のドープな試みで痛快まっしぐら。ナメてかかると痛い目に遭いますよ。他方、既定路線であるミディアム・スロウの切なアタックも健在と、エンターテインメント全体に照準を合わせたラインアップが心憎い限り。これぐらい十分に幅が利かせてあると、どんな普遍的なラヴ・ソングもぎんぎんに尖って聞こえてくるんですよね。不思議。

<ピックアップ>



1. SUMMER LOVE feat. Diggy-MO’ (SOUL’d OUT)
Lily.μ meets ラテン。
SOUL'd OUTからDiggy-MO'を招いた同曲は、夏が待ち遠しいリスナーへと送る一足早い情熱アンセム。神秘的なオーラを纏った艶めかしいヴォーカル・タッチが魅力です。

4. PARTNER
『7 Muse』収録の「Rider」にお転婆ファクターを掛け合わせたような明朗アップ。
チア・ガールばりにアルファベットを叫ぶサビに悩殺されること請け合い。

6. もう一度 -Love Again
洗練されたサウンドの飛沫が四方八方に飛び散る、手加減なしのエレクトロ・ダンス・チューン。くわえてメロディもとびきりキャッチーと、本作の中でも屈指の隙のなさを誇ります。

7. I Got a Feeling feat. STY (from ASY)

STYが所属するユニット・ASYの代名詞とも言えるドラムンベースを使用。
疾走するリズムと透明感を携えたヴォーカルの妙により、家にいながら無重力体験が可。
直球のアップテンポでありながら、何故こんなにも癒やされるのでしょう。


Lily.μ出演 『Japanese Black Style presents FRESH RHYTHM』
6月28日開催 @渋谷VUENOS



 

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。