スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIX CD『JAPANESE BLACK STYLE』レビューリレー:9. 山口リサ 『Hide & Seek』

2013年07月04日 23:44



<当サイト監修CD『JAPANESE BLACK STYLE』レビューリレー>
9. 山口リサ 『Hide & Seek』

初収録作品:ミニ・アルバム『Blue Spirit』
発売日:2010/8/25

<JBSチャート成績(いずれも楽曲部門)>
2010年年間:73位
 哀しい曲、ポジティブな曲、愛に溢れた曲。
山口リサのキャリアを彩ってきたR&Bは、そのときどきに沸き起こる感情を歌詞のみならず、サウンドでも忠実に倣うことで一世を風靡してきた。言ってみれば、奇を衒わない素直な解釈こそが、今も昔も彼女のアイデンティティの支柱となっている。

 しかしながらこの「Hide & Seek」に関しては、少しばかり毛色が違う。これは本作に収録したいと思った理由にも通じるのだが、聴いてまず最初に飛び込んでくるのが、遊び心を従えた身軽なスタンス。まるで音との同化を待ち望んでいたかのようにリズミカルな歌唱を発動させ、真面目な描写や気難しいフィーリングは極力シャット・アウト。また、デビュー当初からの盟友であるU-Key Kanesakaが超人的なプロデュースで参謀したことによって、オールド・マナー的な見地でも余裕に満ち溢れた仕上がりを実現している。早い話が、「山口リサってこんなに弾けられるんだ!」と驚嘆を禁じ得ないR&Bナンバーなのである。
 
 今のところ、収録作品は青をコンセプトにしたミニ・アルバム『Blue Spirit』一作のみ。尚かつリード曲にも選ばれていないため、認知度の線では「モノクローム」などの代表曲から随分とかけ離れた場所に位置する。だが、ジャパニーズR&Bの可能性をあらゆる視点から考えたい本作からすれば、そんなことは一切関係のない話。むしろ知る人ぞ知る楽曲だからこそと、僕なりに普及の意図も込めて選曲させて頂いた。前回紹介したAISHAの「I Wanna Rock You」、そして次いで登場する某歌姫の軟派ソングにも引けを取らない煌びやかな存在感は、山口リサが決して切ない楽曲だけに終始しないアーティストであることの証明であり、彼女が本来から絞り出してきたモチベーションの最たる表れでもあると信じている。



Ken'ichi Shirahara presents 
JAPANESE BLACK STYLE MIXED BY DJ AGETETSU

2013 / 07 / 17 on sale

<収録曲>
1. Open Your Heart / JAY'ED
2. Just Believe / MIHIRO
3. SWEET SUMMER TIME / スズキ *未発表曲
4. JEALOUS / JASMINE
5. Disconnect / Sweep
6. Feel My Love feat. YUTAKA / Dear
7. Under Lover / 中村舞子
8. I Wanna Rock You / AISHA
9. Hide & Seek / 山口リサ
10. Magic Number 090-xxxx / 傳田真央
11. JOY / LEO 
12. 離れていても / 竹本健一
13. Colorful World / 宏実
14. Black■Box / mochA
15. BLACK $UGAR / ELLIE
16. shine / ZiNgっ
17. Unchanging Love / 福原タカヨシ
18. I need a girl / Ryo × 佐藤広大
19. Love Of a Hitman / YU-G
20. I Want You / TSUYOSHI
21. Tears in Blue feat. HI-D / CIMBA
22. U & Me / 為岡そのみ
23. BED ROOM / YORK


<山口リサ アーカイブ>
◆アルバム『Blue Spirit』レビュー
ベストアルバム『THE BEST NOTES』レビュー

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。