スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:BENI『OUR SKY』/少女時代/Heartbeat×DJ HASEBE/YU.KI.KO/Ryo/Monchi×imalin/三令

2013年07月07日 12:00

 
BENI 『OUR SKY』
業界ご用達であるSKY BEATZとFAST LANEのコンビが手がけたダンサブル・ナンバー。彼らがLDH系列(三代目J Soul Brothersなど)に提供する際に顕著な重量感のある爽やかさをモチーフに、久しぶりに”アップ切ない”BENIが引き出されています。打って変わって2曲目は、バンド・サウンドを敷き詰めたバラード「Home Sweet Home」。日本語詞オンリーという点も、大ヒット邦楽カヴァーシリーズ「COVERS」を経た今なら、聴き心地に深みが出ること請け合い。

 
少女時代 『LOVE&GIRLS』
日本オリジナル楽曲。とは言え、商業セオリーを振り払った完全なるぶっ飛びクオリティで、彼女たちの本領を見た!裏拍仕様のキュートなトラックに、カミカオルによるお気楽リリックをデコレーション。この時点でクレイジーなのは目に見えているのに、良い意味で力の抜けたヴォーカル・ワークがさらに追い打ちをかけるわけです。K-POP衰退なんて囁かれていますけど、彼女たちの飄々としたさすらい型スタイルには未だたくさんのことを教わります。リスペクト。

 
Heartbeat×DJ HASEBE 『Don't you worry 'bout a thing ~一人じゃないから~』
6ヶ月連続リリースもいよいよ最終回。
プロデュースには、記念すべき初の日本語カヴァー(2011年)で手を組んだDJ HASEBEを再び迎え、夏の幕開けに相応しいオープンなサウンドを繰り広げます。いや〜、それにしても多彩でしたね、このシリーズ。誰もが知るメジャー作から意外どころまで、彼女の趣味の広さを思い知らされました。この経験を活かした画期的なオリジナル作にも、今から期待しています。


YU.KI.KO 『Will Be』
宏実「似たものどうし」を思わせるメジャー感のある曲調で聴かせるのはYU.KI.KO。
大人の落ち着きと、ちょっぴりセンチメンタルな要素を含んだ歌声で、今回も安定の健闘を見せています。ここまで来れば、ゴリゴリしたダンス・ナンバーなどの変化球もそろそろ味わってみたいかも。

 
Ryo 『HERO』
佐藤広大とのR&Bセッション「I Need a Girl」で名を馳せた北海道の男性シンガーRyoが、満を持して次なる作品を発表。余計な装飾を絶ったバラードで、サウンドのベースには厳かな鍵盤の音色を採用。ストレートなラヴ・ソングに合わせた彼なりのこだわりなのでしょう。さらに重厚なコーラスが大活躍する後半では、ゴスペルさながらの神聖なモードを謳歌。愛することの意味を音楽のスケールをもってきめ細やかに伝えるとは、さすがは男の中の男。悔しいぐらいの感動をありがとうございます。

 
Monchi×imalin 『Cloudy, Later Rain』
新進気鋭のトラックメイカーimalinによるプロデュース・シリーズ、今回は九州のヴォーカリストMonchiを歌い手に迎え、思わずうっとりしてしまいそうな渾身のメロウネス表現しています。雨の日はどうしてもやり場のない感覚に苛まれがち。実際にこの楽曲で描かれる物語もハッピーとは到底言い難いものなのですが、雨音のSEを用いたドラマティックなサウンドにいざ身を委ねてみると、「オシャレ」「上品」といったプラスのイメージが脳裏をドッと浸すので、後味はすこぶる爽やか。音楽の力って本当に不思議で素敵。


 
三令 -mirei-『My Song』
千葉出身の女性シンガーソングライター三令の1stシングル。
歌声の第一印象としては「温度感がとてもはっきりしている」。優美なバラード「My Song」とダンスホール・テイストのアップ「Tell me what u want !!」という対照的な楽曲が用意されているため、表情の使い分けに機転を利かせられるシンガーだということが火を見るより明らかでした。特定のジャンルに偏執してしまう前に、まずは遠慮なく引き出しの多さを見せ付けて頂きたいところ。


ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
 ブログパーツ
 
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。