スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:加藤ミリヤ『EMOTION』/BoA/ジェニー・ブランチ/HighT/泉まくら/SILVA/優咲

2013年07月07日 00:13

 
加藤ミリヤ 『EMOTION』
衝撃の傑作『TRUE LOVERS』からの沈黙を破り、加藤ミリヤが約一年ぶりのシングルを発表。ドラマ「放課後グルーヴ」の主題歌として起用されているタイトル・チューン「EMOTION」では、ミリヤとも密接な関係にあるダンス・ミュージック界の雄、DAISHI DANCEをプロデュースに招聘。ラストにかけて盛り上がりを見せるスリリングな構成と、いつにも増して気迫を込めた熱唱が眩しいの何の。この手の楽曲では「DESIRE」以来の衝撃でした。カップリングでは、2曲目の「Summer Time Lonely」が涙ものの秀逸さ。心を抉るようなメランコリックな風情とR&Bのヴァイブスが掛け合わさって、もはや無敵と言わざるを得ない品質。まだまだ彼女、ディーヴァとして侮れません。

 
BoA 『Tail of Hope』
高い評価を得た「Only You」に続く、BoAの2013年第2弾シングル。
ピコピコした電子サウンドとギターによるエッジーなグルーヴが夏の開放感を演出。BoAと言えば「Shine We Are!」をはじめとするサマー・ソングの名手としても知られていますが、この楽曲はそのどれにも当てはまらないフレッシュなアプローチで、一皮剥けた感が満点です。そして特筆なのが、カップリングに収録されている「Baby you...」。先だって韓国でデジタル・リリースされた楽曲の日本語ヴァージョンなのですが、郷愁を誘うミドルR&Bといった印象で、またしても彼女の株が急上昇。

 
ジェニー・ブランチ 『Princess Princess』
注目の新星、ジェニー・ブランチ。今回はどメルヘンな世界観を肉付けしたマーチング・バンド風ナンバーで勝負です。チャーミングな歌声で自身の王道を貫く一方、歌詞ではシリアスなメッセージ性を匂わせるなど、毒々しいキャラクターも遺憾なく発揮。おまけにサウンドは変幻自在と、本当に抜け目のないアーティストだと実感しました。末恐ろしや。


HighT 『Storyteller』
先日の「FRESH RHYTHM」でも堂々としたパフォーマンスで好評を得たHighTが、初の配信作をリリース。処女作「AVENUE」とは一線を画した繊細なムードを纏い、歌い方も一層ソウルフルに。何より、決意表明の裏返しとも言えるクールなリリックが、彼の闘志を物語っているような気がしました。U-Key zoneが放つ独特の世界観に目がない人にも、この楽曲はかなりお薦め。

 
泉まくら 『Candle』
2012年にEP『卒業と、それまでのうとうと』でデビューを果たした泉まくらのデジタル作品。アンニュイに起伏を刻むラップ、そしてCharaにも通じる幼気な歌声と、どこを取ってもファンシー。DIY精神みなぎるサウンドには一周回った懐かしさもあり、良い意味での俗っぽさが充満しています。顕示欲の強い尖ったフロウもそれはそれで日本語ラップの真骨頂。がしかし、SALUや彼女のように普遍の延長線上でラップをするアーティストの存在によって、ヒップホップの間口が見る見る広がっているのも事実。いずれにせよ、今後も色々掻き回してくれそうな人材であることには違いありません。

 
SILVA 『キライ』
SILVA姐さんが、まさかのマシコタツロウとコラボレーション。
背徳を予感させる艶めかしい歌唱は依然健在として、取り留めの無いドラマ性やライカ昼ドラなドロドロ歌謡テイストなど、彼女にしか乗りこなせないであろうディープな要素だらけ。まさにデビュー当初そのものだな〜なんて思っていたら、昨年に彼女、歌い手としてセルフ・リメイク・アルバム出していました。俺としたことが、まったく知らなかった・・・すぐチェックします!

 
優咲 『Brand new days』
コンスタントなリリースが続いている新人シンガー優咲が、またまた力強い一曲をお見舞いしてくれました。希望と絶望が行き交うティーンの人生。その混沌を打ち破るかのような率直な歌いぶりに惹かれています。1stシングル「Whenever」以降、着実にバリエーションを増やしているだけに、今後はより本格的なスキルを要する楽曲にも挑んでいくことでしょう。何せ1995年生まれというプロフィールは脅威ですらありますからね。遠慮なくどんどん蹴散らしていってほしいです。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。