スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIX CD『JAPANESE BLACK STYLE』レビューリレー:12. 竹本健一 『離れていても』

2013年07月11日 23:27



<当サイト監修CD『JAPANESE BLACK STYLE』レビューリレー>
12. 竹本健一 『離れていても』

初収録作品:アルバム『ACTIVATION』
発売日:2010/9/15 (配信シングルとして)

<JBSチャート成績(いずれも楽曲部門)>
2010年年間:51位
同年9月度:10位
 竹本健一。オーガナイズ・イベント「DRAMATIC SOUL」が毎回大入りを記録し、その筋のファンには今やすっかりお馴染みとなった名うてのシンガーソングライター。ソロ活動以前には、ソウル×ロックの世界を標榜した3ピースバンド、PHONESのヴォーカルとしてメジャーデビューを果たしており、彼の歌唱スキルやメロディ・センスは業界内でも根強い支持を誇る。

 僕が彼の音楽に釘付けになったのは2009年、配信シングル「Why?」がリリースされたときのこと。PHONES時代から本格的に深化を遂げた薫り高いサウンドが鑑賞後間もなくして耳を浸食し、そこへ低音と高音の絶妙なアンサンブルが華麗なる追い打ち。その磨き抜かれた音世界に僕が完全に迷い込むまで、そう時間は要さなかった。

 竹本自身がオーガニックな、いわゆるソウル・ミュージックの本質をこよなく愛しているのは、「DRAMATIC SOUL」のコンセプトからも明らかだ。しかしもう一つ、彼には辣腕たる最大の強味があることを忘れてはならない。それは、生バンド譲りのグルーヴに熱を注ぐことと同等に、打ち込みを軸にしたコンテンポラリーな手法にも寛容であるというところ。

 さて、「Why?」ですっかり竹本健一に魅了された僕は翌2010年、次なる衝撃にまたしても舌を巻くこととなった。その契機が本作収録の「離れていても」。この楽曲こそ、先ほど話した今様なサウンド・メイキングに重点を置いた傑作なのだが、竹本の根底にある素朴な音楽性も鮮やかに発揮されており、メイン・ストリームとはひと味違う独創的な勢いを放っている。遠距離恋愛を題材にしたノスタルジックな歌詞、そして気品を備えた色っぽい抑揚。その何もかもが懐かしい解釈に基づきながら、巡り巡って耳新しい刺激を運んでくれる。こうした仕上がりの裏付けとしてはやはり、時代や嗜好を問わず、常に素直な感覚を導き出してきた竹本健一の熱意が強く作用していると見るのが妥当だろう。彼にとっての象徴的な楽曲であることに間違いなく、これを機に彼へと向ける敬意も一段と厚いものになったことは、もはや言うまでもない。



Ken'ichi Shirahara presents 
JAPANESE BLACK STYLE MIXED BY DJ AGETETSU

2013 / 07 / 17 on sale

<収録曲>
1. Open Your Heart / JAY'ED
2. Just Believe / MIHIRO
3. SWEET SUMMER TIME / スズキ *未発表曲
4. JEALOUS / JASMINE
5. Disconnect / Sweep
6. Feel My Love feat. YUTAKA / Dear
7. Under Lover / 中村舞子
8. I Wanna Rock You / AISHA
9. Hide & Seek / 山口リサ
10. Magic Number 090-xxxx / 傳田真央
11. JOY / LEO 
12. 離れていても / 竹本健一
13. Colorful World / 宏実
14. Black■Box / mochA
15. BLACK $UGAR / ELLIE
16. shine / ZiNg
17. Unchanging Love / 福原タカヨシ
18. I need a girl / Ryo × 佐藤広大
19. Love Of a Hitman / YU-G
20. I Want You / TSUYOSHI
21. Tears in Blue feat. HI-D / CIMBA
22. U & Me / 為岡そのみ
23. BED ROOM / YORK




ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。