スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Sounds Good!!! 〜Japanese R&B Party〜 Vol.4』フォト付きイベントレポート/パーティスナップ/決意表明

2013年09月03日 23:56



8月31日に当サイト「Japanese Black Style」が開催させて頂いたJ-R&Bオンリーのパーティ『Sounds Good!!! 〜Japanese R&B Party〜Vol.4』。お陰様で今回で4回目を数えたこのイベントですが、初のデイタイム開催や史上最長の構成など、夏の終盤を盛り上げるための新しい試みを多数ご用意して臨みました。

結論から言わせて頂くと、
未だかつて無い充実感!があった回でした。
お客さんひとりひとりの温かさの中、出演者の方たちもとても生き生きとしたライブを披露してくださり、「本当にこのイベントを立ち上げてよかった」と思うことが出来たのです。

今日は当日の一部始終を、写真と共に私ケンイチがレポートさせて頂きます。
たくさんの方が味わったあの日の感動と興奮を、今一度お楽しみ下さい!
それではどうぞ!!



オープニングを飾って下さったのは皆勤で出演して下さっているDJ FUNKさん
島谷ひとみなど意外どころをはじめ、今回もクラシカルな選曲で魅了してくれました。FUNKさん、ありがとうございます!




オープンから一時間。いよいよ一部ショウケースがスタート!
トップバッターを飾ってくれたのは、ヴォーカリストtakumiとキーボーディストyuukiからなるユニット、LOOP。とあるライブ会場でお見かけしたことがきっかけで今回出演して頂くことに。キーボードとヴォーカルというシンプルなセッティングながら、弱冠20歳の意地を見せつけた活発なパフォーマンスでした。この意外性にのっけからやられた方も多いのでは?takumi君、yuuki君、ありがとう!!






二組目は開催前から話題沸騰だった新世代R&Bシンガー、DAVIRA
先日配信されたEP作品「Honey-Flavoerd Drugs」の中から「Brand New Days」「I Don't Give A Damn」と、本格的なR&Bチューンを次々とお見舞い。その繊細な歌声に、会場中が酔いしれていました。90's R&Bに目がない方にお薦めのシンガー!DAVIRAちゃん、ウットリするような時間をどうもありがとう!!







一部ショウケースのラストを飾ってくれたのは、荒削りなヴォーカルで支持を集める若手実力派、Yup'in。翌9月1日に配信リリースされたデビュー曲「No matter what I say」をはじめ、「Bye Bye...」「Wanna Be!!!」といった力強いナンバーを縦横無尽なステージングで披露。感情丸出しの熱唱に、お客さんからの評判も上々でしたよ!これからも飛躍に引き続き期待!Yup、ありがとう!!

Yup'in イベントレポート






一部ショウ・ケース終了後は、再びDJタイムへ。
DJ KAZZMAによる新旧織り交ぜたプレイはもはや恒例ですね。カズマ、ありがとう!!




続いて二部ショウケース。のっけから会場をロックしてくれたのはI.M.Aのお二人。今回Sounds Good!!!初の試みとして、彼女たちには「J-R&BをBGMに起用したダンス・ショウケース」を披露してもらったのですが、親しみやすいサウンドと切れ味抜群のコレオグラフで凄まじいパンチ。お客さんも問答無用にアガっておりました。ちなみにセットリストは以下の通り。

1. KABUKI道(Full Of Harmony)
2. Believe Yourself (露崎春女)
3. 君が好き(清水翔太)
4. YOU ARE MY STAR(AI)

短い時間でしたが間違いないパフォーマンスでした!OMUちゃん、NICOちゃん、ありがとう!!






続いて、イベント「ELEGANT」などに出演しているNaokiが登場。
彼もYup'inちゃん同様、翌9月1日に配信デビュー作「Kiss Kiss」を発表。しかもSounds Good!!!当日はサプライズとして、フィーチャリング・ラッパーのBAN(Hooliganz)を迎えた二人でのパフォーマンス!熱気が半端じゃなかったです。独自のハイトーン・ボイスも終始ばっちりキマっておりました。Naokiくん、そしてBANさん、ありがとうございました!






まだまだ続きます二部ショウケース!Naokiのホットなヴァイブスを引き継いで登場したのは、今年6月に開催した
イベント「FRESH RHYTHM」以来にご一緒させて頂いたHEAT_CZR。もはやこの方の歌声は特別。未発表曲「Fellow」「B wit U」はやはり素晴らしいし、何より「Our Promise」で醸し出した母性に幸せ一杯でした。今回のステージで一人でも多くの人にその美声が届いていれば僕も嬉しいです。ChiZuRuさんありがとうございました!

HEAT_CZR イベントレポート







二部ショウケースの最後は同い年のマイメン、憲嗣
Sounds Good!!!にはVol.2以来に出演して頂きました。この日は「Devote to you」といった既発曲のほか、未発表曲の「sky(仮)」も初披露!!これまでのイメージを覆すミドル・アップなので、要チェック!憲嗣に限らず、この日に向けてキラー・チューンを用意してくれた皆さんが多く、いかにこのイベントを大切に思ってもらっているかを実感しました。憲嗣、ありがとう!!

憲嗣 イベントレポート





二部ショウケース終了後は、CATCHERによるDJタイム!
サプライズとしてサイドMCにスズキとYup'in、バックダンサーにI.M.A、さらには私ケンイチもサイドMCに就かせて頂き、歌え踊れの一大エンターテインメントを展開させて頂きました!合間のMCでも話しましたが、Sounds Good!!!にとってDJタイムは休憩時間なんかじゃない!せっかくの日本語プレイですから、好きなように身体を揺らし、自由に歌ってこそこのイベントの醍醐味が味わえるというものなのです。幸いこの日のお客さんは、オープンから4時間近く経っていたにもかかわらず元気元気!皆さんのノリの良さに感服です!お陰で清々しい気持ちでイベントを折り返すことが出来ました。







今回のイベントフォトの中でもとりわけお気に入りの、
CATCHER's 暗黒スマイルも置いておきますね。



DJプレイの最後には、スズキが自身の最新曲「SWEET SUMMER TIME」をショットで披露するという一幕も。夏が過ぎゆく中のパフォーマンスに、ちょっぴり切なさが込み上げたり・・・。

スズキ、Yup、I.M.A、そしてCATCHER!最高の演出をありがとう!!





三部ショウケースは、関西から遠路はるばるお越し頂いたLicanaのキュートな歌声でスタート。個人的に夏うたスタンダードとして以前より親しんでいる「サマーラブストーリー」も披露してくれたほか、終盤にはラッパーのU-ONEを招き、「サヨナラの前に」など二曲のコラボ曲を歌ってくれました。久しぶりに彼女のライブを拝見したのですが、すっかり大人っぽくなっていてびっくり。お客さんからも「可愛い!」と黄色い声援が飛んでいました。Licanaちゃん、どうもありがとう!!





今回もちゃっかりMCとして舞台に立たせて頂きました、ケンイチです。
次のアーティストさん紹介に向け、このタイミングでグッズTシャツに”衣装チェンジ”。
というわけで・・・





続いてはYU-G!Licanaちゃんと同様に大阪から歌いに来て下さいました!
MIX CD『JAPANESE BLACK STYLE MIXED BY DJ AGETETSU』に収録させて頂いたご縁もあって実現した今回の出演ですが、持ち前のクリアな高音は依然として健在。くわえてMCでも関西ノリ炸裂で、お客さんにその場で「YU-Gなう」とTwitterでつぶやかせるなど、機転の利いた”べしゃり”が最高でした。YU-G君、ありがとうございました!






このブロックのトリを飾ってくれたのは中村舞子
この日の彼女はJ-R&Bを意識したスペシャルなセットリストを展開。お気遣いありがとうございます!『JAPANESE BLACK STYLE』収録の「Under Lover」はもちろん、MANABOON氏提供の「Call Me Woman」まで披露してくれるなんて思ってもみず、高揚を隠せませんでした。そして彼女、全体的にとても上品。MCまで吸い込まれそうな世界観でした。中村舞子ちゃん、ありがとうございます!!






四部ショウケースの前に、DJ AGETETSUがDJプレイ!思えば『JAPANESE BLACK STYLE』の全国リリース後初のSounds Good!!!だったので、今回お忙しい中サプライズでお招きさせて頂きました。同作収録のナンバーをはじめ、意表を突くクラシックも続々流れ、終盤に向けていよいよテンションがどうにかなりそうでした。笑 AGEさん、ありがとうございます!!





そして迎えた大詰め、四部ショウケース。CIMBAの勇壮な歌声が会場中に響き渡ります。「REPLAY」から「LAST MAN」まで時代を問わない幅広い選曲。特に、『JAPANESE BLACK STYLE』に収録させて頂いた「Tears in Blue」は、HI-Dさん不在のバージョンで披露しており、かなりレアな聴き心地でした。シーンの寵児だけあり、お客さんの盛り上がりも言わずもがな最高潮に。今月にはワンマンライブも控えておりますので、ファンならずとも観に行くべし!CIMBAさん、ありがとうございました!!

CMIBA イベントレポート







惜しい気持ちをこらえながら、Sounds Good!!!最後のアーティストへ。6時間以上にわたるショウケースを締めくくったのは、90年代から第一線で活躍する生ける伝説、露崎春女!ご本人も「こういう形でのライブは久しぶり」と話していたように、アコースティック・セット主体の彼女にとって、クラブ・スタイルを象ったステージは新鮮そのもの。しかも「Believe Yourself」をはじめNao'ymt作の名曲「Rainy Night」まで披露してくださるという太っ腹ぶりに、もはやどうにかなりそうでした(笑)。中盤には弾き語りで「Forever In Your Heart」をプレイ。彼女の麗しい歌声に、それまでヒートアップしていたお客さんが一気に静まりかえり、ライブを鑑賞する姿勢が瞬時に完成。皆さんが思い思いに聴き耽っている様は、この日一番のハイライトとも言うべきでした。「Believe〜」ではI.M.Aの二人が再度登場し、NJS調の楽曲を朗らかに煽動。実は裏話として、I.M.A名義のショウ・ケースで「Believe Yourself」をBGMに踊ることを知った露崎さんが、I.M.Aをバック・ダンサーに招き入れることを提案して下さったのです。何という粋な計らい!!露崎さん、本当にありがとうございました!

露崎春女 イベントレポート






イベントの真の〆を担当してくださったのはDJ Miyahazi!飛び道具も含むドキドキのセット・リストを繰り出し、間もなく訪れるSounds Good!!!の終演がより心惜しく感じたのは言うまでもありません。はじさん、ありがとうございます!


という具合に、過去最大の7時間以上の公演は幕を下ろしたのでした。
皆さんのお陰で今回も忘れられない素敵なイベントになりました!
ありがとうございます!

続きまして、当日のオフ・ショットとパーティ・スナップをどうぞ!

<Sounds Good!!! Vol.4 オフ・ショット>





























LL BROTHERSのTAKANORIさんと!
イベントレポートも書いて下さいました!ありがとうございますm(_ _)m
http://ameblo.jp/llbros/entry-11604614461.html






<Sounds Good!!! Vol.4 パーティ・スナップ>





































はじめにも話ましたが、今回のイベント終えて、とてつもない充実感が残ったんです。
それは何故かと考えたんですけど、やっぱりまずは出演者・スタッフの皆さんが最高のメンバーだったからに他ならないなと。皆さん、本当にお疲れ様でした!そしてありがとうございます!!

そしてもう一つ。Sounds Good!!!をデイタイムに移行させるという作業そのものが、このイベントの成長を確かに実感させてくれたということ。「どうせDJは深夜じゃないと盛り上がらない」「昼だとおとなしく観覧する人が多い」——俺個人として、今回の決断にはほとんど躊躇がなかったとは言え、こうした声が囁かれるたびに不安が募っていくようでした。

でも今回開催させて頂いて確信したんです。Sounds Good!!!は時間や形態に決して左右されることのないイベントだということに。もちろん深夜に開催した方が感覚的にもハイになりやすい。クラブ・カルチャーの生み出すコアなヴァイブスがよりいっそう気を引き締めてくれる。そういった利点があることは、過去三度の開催や、プライベートでのクラビングでも身に染みて感じてきました。ただ僕は、一回目の開催時点から一人でも多くの人とジャパニーズR&Bの楽しさを共有するため、この「Sounds Good!!!」に励んできました。そういう意味でもVol.4は、もっとJ-R&Bへの入り口を広げなければならない。普段深夜という理由で来られなかった方や、クラブに対して偏見がある方をもちゃんとエスコートできなければ絶対に意味がない、と密かに思いながら当初から準備を進めていて、ある意味自分にとっての正念場でした。とは言え「デイタイム」という時間帯によぎる一抹の不安。深夜帯のような盛り上がりを見せられなかったら。それでSounds Good!!!の魅力が半減してしまったら。最高のメンバーで成功を有望視されていても、どうしても当日になるまで拭いきれなかった俺なりの葛藤が実のところありました。

でも、いざ始まってみると・・・音楽好きなたくさんのお客さんに自由な発想で楽しんでもらえて、しかも最高にドープで格好いい音楽が会場に響き渡っている、という良い意味でいつも通りの光景が広がっていて、自分が少しでも抱いたネガティブは一瞬にして消え失せました。それと同時に、手前味噌ながら「何て熱いイベントなんや」と自信がみなぎってきて、あらためてこんなにも大衆的にJ-R&Bが堪能出来るイベントを立ち上げられて本当に良かったと思えました。それもこれも、たくさんの笑顔と声援で会場を埋め尽くしてくれたすべてのお客様のお陰です。本当に、ありがとうございます!!!!

イベント終了後、たくさんの方がメッセージを寄せて下さいました。
出演者の皆さんは「このイベントに出られて本当によかった」「刺激になった」と。お客様は「楽しかった」「また遊びに行きたい」と。そんな皆さんのパワーがあったからこそ、このSounds Good!!!はさらに成長を遂げることが出来たのだと確信してやみません。特に出演者の皆さんに関してはこの一日に懸けて下さっている方も多く、一期一会同然の取り合わせにこれほどの愛と信頼を注いでくれたこと、心から感謝しています。

次回、Sounds Good!!!〜Japanese R&B Party〜は1周年を迎えます。
11月23日(土)デイタイム、場所は渋谷WOMBでの開催です。
Sounds Good!!!は、僕一人の力ではどうにも成立しません。遊びに来て下さるすべてのお客様も含めたすべての人がJ-R&Bに思いを乗せてこそ次へと繋がっていく。そして、J-R&Bそのものがより発展していくにも、必ずや皆さん一人一人のお力が必要です。その架け橋になれるよう、Sounds Good!!!はこれからもっと楽しさを詰め込んで、少しずつでもスケールアップを図っていきます。まずは1周年。今回を凌ぐ試みで力の限り盛り上げますので、ぜひ遊びに来てくだいさい!今回来られなかった方も次回こそはぜひ!!お待ちしてます!

そしてあらためまして、
「Sounds Good!!! 〜Japanese R&B Party〜Vol.4」に関わって下さったすべての皆さま、
本当にありがとうございました!!J-R&B最高!!!

2013.9.3
白原ケンイチ(Japanese Black Style)



ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。