スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹本健一 『YADAYO』

2013年09月18日 21:00



<アルバムレビュー>
竹本健一 『YADAYO』 (2013/9/18)

1. GO HOME
2. YADAYO
3. DISCO!!!
4. LOVE SONG
5. ESCAPE

6. VACATION
7. SPEECHLESS
8. OCEANIC

竹本健一最強伝説、見事更新。
『ACTIVATION』から2年以上の時を経て発表された本作は、アートワークにも滲むダンディズムと社会派なメッセージを取り込んだアダルト志向の内容・・・と言いたいところなのですが、序盤の流れに端を発する「遊んでナンボ」なスタンスが終始際立っていて、万人を受け入れる体制は万全。具体的には、「LOVE SONG」「ESCAPE」でダブ・ステップへの好奇心を露わにしていたり、歌詞においては「アゲアゲアゲアゲ(DISCO!!!)」「RUN RUN RUN RUN RUN(ESCAPE)」といったリフレインを多用し、楽曲における親しみやすさの追求を果敢に試みるという隙のなさ。まさしく硬軟を織り交ぜた理想的な娯楽作品と言えるでしょう。このような仕上がりになった背景には、彼が主宰を務めるイベント「DRAMATIC SOUL」の成功が間違いなく影響しているはず。あのイベントが持つ即興的な楽しさと、いつ崩れるか分からない繊細なラインを見事に繋げていく驚異的なチーム力は、竹本自らの音楽性をも日々大きく突き動かしているのだと本作をもって確信しました。

パブリックなイメージに頼っているだけでは進展しようもない——「YADAYO」というタイトルしかり、本作はアーティストの真価を心得た竹本が、業界や世間一般に向けるアンチテーゼの類でもあるのかもしれません。ドラソマニアにとっては肝を潰すような楽曲もあるかと思いますが、何はともあれ、この”化学工場の実験現場にでも居合わせているかのようなワクワク感”、色々と衝撃的です。



ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。