スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TANAKA ALICE 『TOKYO GIRL』

2013年10月23日 21:29

 

<アルバムレビュー>
TANAKA ALICE 『TOKYO GIRL』 (2013/10/2)

1. MAKE ME ALRIGHT
2. CHiCKS & NERDZ

3. A BIG GIRL DON'T CRY
4. LIKE A MACHOMAN
5. TOKYO GIRL
6. PARADE
7. SHOUT IT!

西野カナやAYUSE KOZUEのプロデュースで脚光を浴びたGIORGIO CANCEMI完全プロデュースによる女性アーティスト、TANAKA ALICEの1stアルバム。ヒップホップシンガーを謳うだけあって、天真爛漫なラップと伸びやかな歌声が小気味よく炸裂。「CHiCKS & NERDZ」を先行曲に打ち出してくるあたり、世間に媚びない勝ち気なフロウを核にしたい思惑がびんびんと伝わってくるのですが、アルバムそのものはK-POP的なメロディック・テイストあり、和楽器をフィーチャーしたユニークなナンバーありとなかなかのバリエーション。GIORGIOの良い意味で節操のないサウンドワークは元より、TANAKA ALICE自身の対応能力も抜群で、等身大の女の子像も申し分なく楽しめるのではないかと。ニッキー・ミナージュよろしくクール&キュートの領域を遊泳する様は、聴いていて何だか癒やされます。器用な立ち振る舞いと声質は、ちょっぴりCOMA-CHIを思わせたり。おまけにまだ16歳ですからね。末頼もしいったらありゃしない。それこそ負けん気の強いアーティストとの一触即発なコラボレーションなんかにも、今後は期待したいです。





http://tanakaalice.com/index.html



ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。