スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ryo 『THE FIRST CRY』

2013年11月13日 11:30



<アルバムレビュー>
Ryo 『THE FIRST CRY』 (2013/11/6)

1. INTRO - THE FIRST CRY
2. All Night Cruising
3. Dreamer
4. I need a girl / Ryo×佐藤広大
5. Like me? (remix)

6. HERO
7. Oh girl ~素直な愛をくれたのに~
8. Loop feat. LazySimon
9. Hold my hand

10. interlude
11. TWO ~piano version~
日本のR&Bシーンの中でも屈指のハスキーボイスを誇る北海道出身のシンガーRyoが、初のアルバム作品をリリース。コアな音楽ファンの間でまことしやかに話題を集めていた配信シングルをはじめ、アルバムに先駆けて今年発表した、いわゆるパイロット・シングルも収録。

彼の音楽に初めて触れてから、かれこれ三年が経ちます。
リリース・ペースこそ決してコンスタントなものではありませんでしたが、いざとなれば極めて純度の高いR&Bチューンを打ち出し、その徹底ぶりには幾度となく感心を覚えてきました。そして迎えた本作では、ソロとしては初のCDリリースにちなみ、まさしく「産声」という表題通りの”緻密なイントロダクション”を発揮。「All Night Cruising」「Dreamer」と序盤にアップが配置されてはいるものの、あくまでも主体を担うのはR&Bの総本山にあたるメロウネス。どの楽曲も、まるで「これこそがR&Bのあるべき姿だ」と褌を締め直すRyoの姿が目に浮かぶような、品行方正かつ官能的な聴き心地です。

粒揃いの既発曲は言うに及びませんが、強いて特筆するなら「Like me? (remix)」でしょうか。
2010年に発表されたデビューEP「This is Ryo」の中でもとりわけ精彩を放っていた同曲は、本作収録に際してより都会的なグルーヴを纏ったサウンドに。それも、オリジナルのうら寂しい雰囲気をほのかに残しての再構築ですから、同曲のファンとしては手放しで喜ばずにはいられません。

また、恋に一途な歌詞が多い点も、Ryoの意志の堅さを裏付ける絶妙なファクター。
楽曲の深層にあるそれぞれのキャラクターに感情を沿わせた途端、表面的な響きだけでは成立しない男臭いR&B観がポッと浮かび上がりますので、歌詞カードのご用意をお忘れなく。







ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。