スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Groove Selection -アイドル編-」<モーニング娘。/Berryz工房/SMAP/KinKi Kids/嵐/山下智久 etc>

2014年01月06日 20:00



自分の価値観を変えるほどの感動に出逢える瞬間がいつなのか、本当のタイミングなど分からない。それが人生の摂理というもの。だからこそ常日頃から多方面にアンテナを張り、その可能性を少しでも高く保っておけるよう心がけています。

というわけで本日は少しばかり趣向を凝らし、Japanese Black Style独自の感性やディグ精神をあえてユニークな方向から発揮してみたいと思います。その名も「グルーヴ・セレクション」

和製ブラック・ミュージックと呼ばれる音楽は、決してそのカテゴリの中だけで成長してきたわけではありません。J-POPの潮流や飽くなきアプローチに揉まれながら、柔軟に多様化を進めてきたのです。とりわけ日本の市場を支えるアイドル・シーンは、今も昔も音楽的実験を試みるには打って付けの場所。中にはとんでもない健闘を見せる楽曲も散見され、片時も油断ができません。

今回はそんな巷の人気者たちに焦点を当て、彼らの登竜門であるハロープロジェクト(通称ハロプロ)、ジャニーズ、ヴィジョンファクトリーの三大勢力を軸に、JBS特選の”グルーヴィー・ソング”をご紹介していきたいと思います。視点をずらせばエキサイト。アイドルも捨てたものじゃありません。あなたの目からも、たくさんの鱗が落ちますように・・・!それでは、ご覧下さい!
 
モーニング娘。 「Memory 青春の光」
一時は国民的アイドルとして猛威をふるった”モー娘。”の4thシングル。
従来の大人っぽい装いに加え、スクラッチ音や外国人のラップ・パートを導入したことでよりアーバンな仕上がりに。プロデューサーであるつんく♂の趣味なのか、この時期を境にハロプロ×R&Bのフュージョンは黎明を迎えることになります。

 
モーニング娘。 「恋愛ハンター」
もういっちょモー娘。の楽曲から。日本のアイドルとしては珍しくダブ・ステップを採用し、その大胆極まりない曲調がファンのみならず注目を集めました。近年のモー娘。は全盛期以上にチャレンジ精神が旺盛で、「モーニング娘。'14」名義でドロップされる今月29日に最新作「笑顔の君は太陽さ」も譜割りを中心にかなり強烈。

 
ごまっとう 「SHALL WE LOVE?」
当時ソロで活動していた後藤真希、松浦亜弥、藤本美貴のハロプロ3トップで結成されたSPユニット、ごまっとう。かつてムーブメントを巻き起こした”チキチキ”を敷き、セクシーな女子像をこのシングルで存分に振りまいてくれました。アレンジャーは、同時期にPALM DRIVEとして舵を取っていたAKIRA。彼がハロプロにもたらした功績は計り知れません。というわけで、以下しばらくハロプロ×AKIRA特集。

 
ROMANS 「SEXY NIGHT 〜忘れられない彼〜」
里田まいや石川梨華など5名からなる派生ユニットの最初で最後のシングル作。AKIRA提供作の中でも、この楽曲はメロディ構成をはじめマニアックな要素がピカイチ。歌詞こそハロプロ流歌謡の方程式に則ったものですが、それを考慮してもこの振り切り方はなかなか興味深い。よくシングルで切ったなと(間の抜けた歌唱的な意味でも)。

 
Berryz工房 「あなたなしでは生きてゆけない」
”ももち”こと嗣永桃子らが所属するBerryz工房は、あの若さにしてデビュー10年目のベテラン選手。そんな彼女たちのデビュー・シングルがこちら。笛のような音色が織り成す中近東チックなラインとダンサブルな打ち込みサウンドを掛け合わせ、何とも軽妙な一曲に仕上げています。

 
EE JUMP 「HELLO! 新しい私」
諸事情により2002年に活動休止を余儀なくされた、ソニンとユウキの1ボーカル1MCユニット、EE JUMP。2ndシングルである本作は、ほのかな爽やかさが奏功して耳馴染み抜群。トラックもR&Bを軸としながら非常にシンプルなので、DJプレイの場でも繋ぎやすそう。(厳密には彼らはハロプロ所属ではありませんでしたが、ユウキが後藤真希の実弟のためあえてここにカテゴライズ)。

 
太陽とシスコムーン 「Everyday Everywhere」
何を隠そう、編曲は当時売り出し中だった村山晋一郎!シックにまとまったサウンドは、甘美な感触さえ思い起こさせる珠玉の出来映え。「ガタメキラ」「宇宙でLa Ta Ta」と比較的異端な楽曲が続いた後でのシングル・リリースは、ある意味奇跡だったのかも。

 
SMAP 「Peace!」
続いてジャニーズ編。まずは誰もが知るスーパー・アイドル、SMAPの26thシングル。Foxxi misQをプロデュースしたことでも知られるFace 2 fAKEを作曲に迎え、乾いたファンクイズムを全開にしております。なお同氏×SMAPの名コラボは、疾走感冴え渡る31thシングル「Let it be」でも実現していますので要チェック!

 
SMAP 「You're My Love」
2000年発表のアルバム『S map 〜SMAP 014〜』に収録されたこの楽曲も、”グルーヴに徹したSMAP”を語る上では欠かせません。ファルセットによるコーラスや穏やかなビートを刻むトラックなど、快活なパブリック・イメージからは想像できないスムース基調のR&B。一途な歌詞も相まって、沁みるんだなあこれが。

 
KinKi Kids 「LOVE SICK」
SMAPに続き、ここでもFace 2 fAKEがやらかしてくれました。それも、本腰の入れようが半端じゃない!重苦しいムード漂う冒頭から、ただならぬ気概を感じてゾクゾク。剛&光一の落ち着いた歌唱がこれまた哀愁を誘うのです。そしてこの楽曲は、KinKi Kidsがラップを取り入れているという点で新鮮味も大いにあり。

 
嵐「a Day in Our Life」
ドラマ「木更津キャッツアイ」主題歌。ジャニーズとしては初めてラップをメインに据えたシングルだそうで、後に”サクラップ”と崇められる(?)櫻井翔のラップが風を切るように突き進みます。ちなみにプロデュースはあのスケボーキング。サンプリングも採用し、ジャニーズとヒップホップの融和をここぞとばかりに実行。


嵐 「P・A・R・A・D・O・X」
嵐と言えば、最新作『LOVE』に収録されているこのリード曲も激ヤバ。コンテンポラリーなダンス・ナンバーの推進に乗り出している近年のジャニーズの中でも指折りの品質かと。これぞまさに、アイドルだけに留まらない気迫。同作にはほかに、韻シストが参加を果たした「sugar and salt(櫻井翔ソロ)」なるグルーヴ要員も収録。


KAT-TUN 「SIGNAL」
ここにもAKIRAの手腕が降臨。エッジを効かせた小気味よいビートと、近未来的な奥行きを感じさせるこの楽曲は、KAT-TUNの2ndシングル。デビュー曲の「Real Face」がロッキッシュなナンバーだったので、この路線シフトには尚さら驚きを隠せませんでした。

 
山下智久 「Loveless」
ダンスを突き詰めた「One In A Million」やSTY作の「SING FOR YOU」も捨て難いですが、今回は山Pをグルーヴの世界へと押し上げたこの楽曲をチョイス。ピアノが奏でる切なくも優しい音色と、胸を揺さぶる劇的なメロディ・ラインが秀逸この上ありません。


Kis-My-Ft2 「Black & White」
ジャニーズ編のラストは、7人組若手ユニットKis-My-Ft2(キスマイフットツー)の2ndアルバムより。他のジャニーズ楽曲に比べて随分と攻めた内容だと思い蓋を開けてみると、作詞に若手筆頭クリエイターのSUNNY BOYが関与していることが判明。何だかもの凄くセンセーショナルです、このゴリゴリ感。


予想以上に紹介したい楽曲が多くなってしまったため、今日はここまで。
ヴィジョンファクトリー勢とそれ以外のアイドルたちの「グルーヴ・セレクション」はまた後日お届けします!お楽しみに!

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 塩川 | URL | -

    こういうのみたかったです!!ありがとうございます!!

  2. ケンイチ | URL | -

    >>塩川さん
    実は今回の企画は、塩川さんに以前「J-POPアーティストのR&B調の楽曲特集」をリクエストして頂いたので、それをもとに書かせて頂きました!ご覧になってくださり嬉しいです!ありがとうございます!

    また何か感じましたら是非コメントをお寄せ下さい!!m(_ _)m

  3. ぶる〜 | URL | -

    好企画ですね〜。ハロプロであれば定番ですが、
    モーニング娘。/「笑顔YESヌード」「インスピレーション」
    音楽ガッタス/鳴り始めた恋のベル
    太陽とシスコムーン/ Endless Love
    なんかも忘れ難いですね。

    SMAPも依然好調で、今年の「MISTAKE!」「シャレオツ」も最高でした。
    また次回期待してます♫

  4. ケンイチ | URL | -

    Re: タイトルなし

    >>ぶる〜さん
    ぶる〜さんに楽しんで頂けて光栄です♪
    ハロプロもジャニーズも、昔からかなり粒揃いなんですよね!
    「シャレオツ」は僕もかなりイカしていると思いました。
    ここ最近、ジャニーズはこぞってグルーヴィー路線にシフトしつつあるので、こちらとしては嬉しい限りです♪
    次回もぜひお楽しみに!!

  5. | URL | KqAtyjnY

    コウイチ

    お久しぶりです。
    お久しぶりに覗いたら、何とも「俺得」な好企画が。興味深く読ませて頂きました!

    「ハロプロ×AKIRA」はこの後、後浦なつみ→7AIR→High-Kingなどよりハードエッジ化しましたケド、モー娘。の隠れた名作"通学列車"みたいな音数の少ない楽曲も秀逸なモノが多いっす。つくづく起用な方ですよねえ。

    ちなみに"memory〜"と並んで初期クラブサウンドオリエンテッド路線の名作"未来の扉"(アレンジは今井了介!)も未聴ならば是非。

    ちなみに、村山晋一郎氏繋がりで。最近篠原涼子の"リズムとルール"と言うのがお気に入りです。良かったら聴いてみて下さい。

    ああ、オレ、これ系の話題ならケンイチさんと何時間でも語らえそうです。笑

    また遊びにきまーす。
    あ、あとブログにコメント頂いて有難う御座いました!

  6. ケンイチ | URL | -

    Re: コウイチ

    >>コウイチさん

    とんでもないです!
    こちらこそいつもコメントありがとうございますm(_ _)m

    「俺得」な企画と言って頂けて光栄です!
    誰かしら引っ掛かってくれるかなとは思っていたのですが、予想以上に反響を頂きびっくりしております。。笑

    「通学列車」、いいですよね!
    当初ここで紹介しようと思ってました。
    まったくもって当時のAKIRA仕事には脱帽です。

    そして「リズムとルール」!懐かしい!
    リアルタイムでどこかの音楽番組でパフォーマンス観たなぁ・・・。
    プロデューサー聴きをする身としては、この頃の音楽をディグすることほど楽しいことはございません!笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。