スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOUND GROW 『WAY 2 GROW』

2014年01月11日 21:50



<アルバムレビュー>
SOUND GROW 『WAY 2 GROW』 (2007/4/11)

1. INTRO
2. PARTY TIME feat. JP-ONE from BIG BLAZE WILDERS
3. HANDS UP
4. TOO LATE feat. POCYOMKIN
5. WHY

6. DON’T LOOK BACK
7. ENDLESSWAY

MARINとEriが2003年に結成し、都内のクラブを中心に活動していたツインボーカルユニット、SOUND GROW。2010年に解散後、MARINはソロシンガーとして再始動。2013年11月に1stソロアルバム『UNCHAINED』を発表したことが記憶に新しいところです。

このアルバムがリリースされた当時、BENNIE Kやtwenty4-7といった女性2人組ユニットがしのぎを削っていましたが、SOUND GROWはと言うと、二人ともがシンガーであるにも関わらず、ヒップホップ畑譲りの挑発的なヴァイブスがとりわけ精彩を放っていました。本来は感傷にほだされるナンバーですら、そこはかとない気の強さを運ぶ始末。よほど現場で鍛えられていたんだろうなあ(笑)。その姿勢を決定的なものとしているのが、MARINが全面的に手がけた歌詞。「嫌な女だっていう前にホラ もう少し自分磨いてみたら?(「DON'T LOOK BACK」)」などの刺激的なフレーズも続々と登場し、現在に続く稀代のガールズ・トーク節の片鱗を多分に窺わせています。男はとりあえず黙るほかありませんわ。

サウンドもR&B、ヒップホップ、そしてダンスホールと開けてびっくりの選り取り見取り。餓鬼レンジャーのポチョムキンが参戦した「TOO LATE」あたりは、今でも十分通用しそうな気がする。この手の硬質なクールネスを、R&Bはもっと吸収していくべき。





ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。