スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:DEEP/剛力彩芽/松下優也/Erie/mao./KYOtaro/前迫潤哉/Tigh-Z/大輔/柴田トオル etc

2014年03月01日 19:43

 
DEEP 「雪しずり」
2014年第一弾シングルは、麗しいメロディと雪の種類を羅列した歌詞によって描かれるラブ・バラード。あまりに印象的だったので楽曲提供者を調べてみると、BRIGHTの「キライ...でも好き〜アイシテル〜」などで知られる小田桐ゆうきであることが判明。どうりで良い曲なわけだ。カップリングも季節柄、しっとりとしたミディアム・ナンバーで統一。「Valentine」はストーリー性、「You're my everything」はR&Bに裏打ちされた甘美な世界観が魅力的。
 
剛力彩芽 「あなたの100の嫌いなところ」
前作に続き、いしわたり淳治×Ryosuke"Dr.R"Sakai制作によるシングル。理屈では解明できない恋愛の不思議を綴った歌詞と、重量感のあるサイケデリックな音使いが絶妙にコントラストを発揮。お茶目な曲なのに、音楽的野心は剥き出しというのがまた痛快で。カップリングの「Dear MY FRIEND」もノーランズっぽい80年代テイストだし、今後より一層多彩なアーティストへと仕立てられる可能性大。


松下優也 「She's A Liar」
インディーズ期に入ってからというもの、自主的で生き生きとした表情を窺わせている松下優也。このシングルもまた、彼渾身のクリエイティビティが結実した楽曲と言えるでしょう。R&Bとジャズを掛け合わせた極アダルトなサウンド・デザインが素敵過ぎます。戯け気味にグルーヴを漂わせる歌唱もまた然り。


Erie 「Sea」
関西のライブ・シーンで活動する女性シンガーの自主制作盤。メイン・チューンである「Sea」が、かのwyolicaを彷彿とさせるフォーキーなミディアムで心地よさ抜群。一方の歌声は儚くもいじらしく、こちらはAliceが放つニュアンスに共通しているかも。癒やしというのはきっとこの楽曲のことを言うのですよ。

 
mao. 「keep on goin'」
メロドラマよろしく情念と気迫を惜しげもなくアウトプットした力作。肝となるmao.の歌声もエモーショナルなニュアンスを果敢に羽ばたかせており、デビュー曲・序章開幕にふさわしい仕上がりとなっています。これからどんな楽曲を生み落としていくのか楽しみ。

 
KYOtaro 「GET UP!!」
単純明快な躍動。脳天気な煽動。人生、のらりくらりと過ごす時間も大切なのだとつくづく思わされるアップ・ナンバー。リズム隊による乾いたグルーヴに加え、KYOtaroの臨場感溢れるヴォーカルが懐かしい感覚を誘発。要はアゲ+ときめきのセット売り。彼ならではの知的なヴァイブスもよく効いてる。

 
前迫潤哉 「HEY GIRL」
オーセンティックかつメロディアスなR&Bに振り切った初配信作。叙述は書き手のセンスが物を言うわけですが、そういう意味で前迫潤哉の歌詞は、日常に散らばる何気ないヒントを上手に調理していてすんなり共感出来るのです。これもまた、エンタメに敏感な彼だからこそ成せる業なのかなと。

 
Tigh-Z 「Dream Up」
ヴォーカル・デュオのZiSTA、それぞれソロ・シンガーであるHighTとまーしの計4名で結成されたユニットが、1stシングルを発表。BIRTHのTAKAMICHIプロデュースということで、曲調も彼の系譜にならったイマドキ仕様のEDM。エネルギッシュな反面、歌声に陰を落としているあたりは計算の範囲内か。

 
大輔 「Runaway」
九州は熊本県から、まさしく彗星のごとく現れた注目のニューカマー。まず声質が魅力的ですよね。ハスキーで情感豊か。聴き手に”引っ掛かり”を持たせるには申し分ない資質だと思います。1stシングルとなる本作でも、R&Bマナーの踏襲と耳馴染みの良さをそつなく両立。端的に言えば、”こういう曲を待っていた”。

 
柴田トオル 「残り火」
JBSが初めて制作に携わった記念すべき楽曲であり、柴田トオルの真骨頂とも言えるバラード。元来より一目置いていた彼特有の哀愁は、絶望をモチーフとした本作でその温度感をめでたく極めることとなりました。終盤にかけてスケールを増していくアレンジと共に、柴田トオルがあるがままに放つ歌の世界をぜひお楽しみください。

 
RAM HEAD & KIRA 「I KNOW BETTER」
RED SPIDERプロデュースのコンピ盤でメジャーデビューも果たした二組が、コラボレーション作品を発表。個性と放つ両者のフロウはさながら蜜月のカップル。甘酸っぱく躍るリディムに乗せ、一足早い夏の兆しを運んでくれます。

 
Nybe 「Trigger」
ニコニコ動画で歌い手としても活動する彼が、このほど配信デビュー。
クラブミュージックを多分に吸収したサウンドはまさしくトリッキーだし、その様相に合わせて畳みかけるヴォーカルも斬新。同様の切り口でこれからもユニークな音楽を発信していってほしいところ。


ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。