スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DADAKAKA 『stray cat』

2014年03月15日 15:32



<アルバムレビュー>
DADAKAKA 『stray cat』 (2014/2/19)

1. 好きってなんだっけ
2. 泥棒猫のブルーズ
3. Coffee Shop
4. クラブ嬢

5. Sick Boy
6. 9Times
7. ゆれる
8. Electro Magnetic
9. party down

女性ヴォーカリストT.A.M.M.Iとギタリストのタケウチ洋一からなる関西のアコースティック・ユニット、DADAKAKAの処女作。先だって発表された配信シングル「ゆれる」で一気に心を撃ち抜かれて以来、まとまった楽曲集を楽しみにしていました。路線を一言で表すならネオ・ソウルの類。物憂いとストレスフリーの概念の両方をまだらのごとく交錯させながら表現しており、まさしくブルースの境地だなと。ただ各トラックの作りを噛み砕く限り、本質はもっと独創的な部分に依拠している気がする。ギター+打ち込みの先人スタイルを踏襲しながらも、生み出されているグルーヴは思いのほかソリッドで、いかにも現代的だったりするし。何より、T.A.M.M.Iが醸し出す粘り気のある歌唱が強烈なオリジナリティを発揮していて最高なんだなこれが。滑るように旋律を伝う退廃的な発声は元より、スキャットなどを自由に出し入れ出来るその勘の強さにこちらのすべてを持っていかれます。とにかくどこを取ってもアンニュイな一枚であるため、くれぐれもダウナーになっても問題のない環境で浸ることをお薦めします。メラトニン大放出によって居眠り、なんてことになったら場合によってはエラいこっちゃなので。





ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。