スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦大知 『Covers EP』

2014年03月16日 00:22



<アルバムレビュー>
三浦大知 『Covers EP』 (2014/3/14)

1. It Will Rain(Bruno Mars)
2. Human Nature(Michael Jackson)

3. CAN'T HELP FALLING IN LOVE(Elvis Presley)
4. WHEN SHE LOVED ME(Sarah Mclachlan)
5. To Make You Feel My Love(Bob Dylan)
6. RIBBON IN THE SKY -live recording-(Stevie Wonder)
7. True Colors -live recording-(Cyndi Lauper)

シングル「Anchor」をリリースしたばかりの三浦大知が、突如としてiTunesでカヴァー・ソングの作品集を配信。事前告知のないリリースと言えば、最近ではビヨンセのアルバム『BEYONCÉ』が記憶に新しいところ。ただ、まさか大知が仕掛けてくるとは。今後はこうしたゲリラ的な手法が主流となっていくのでしょうか。

さて当の本作ですが、ホワイトデーにちなんで大知からファンへのギフトとして発表されたもの。これまで音源やライブで披露されてきた洋楽カヴァーが多数収められているのですが、中でも注目なのが、本作に合わせて新録されたという「It Will Rain」。ブルーノ・マーズが歌う原曲は比較的オルタナに近い雰囲気なのに対し、今回のヴァージョンではR&B特有のメロウな風情に傾倒。落ち着いた物腰も堂に入っており、なかなか聴き応えがあります。ライブではダンス・パートのBGMとして使用した経緯もあるとのことで、大知にとってさぞお気に入りの楽曲なのでしょう。

あとは個人的に、「RIBBON IN THE SKY」にも強く惹かれました。崇高さ余る原曲を表情豊かに消化していて、すこぶるパッショナブル。ライブ・レコーディングの仕様も手伝って、”歌う三浦大知”のポテンシャルを臨場感たっぷりに楽しむことが出来ました。大知の作品はどういった切り口であれ、基本的にライブに直結した作りだから良い。最近では「もっと味わいたいなら遊びにおいで」と、自信満々に手招く彼の姿すら想像するようになりました(「Virtual Insanity」のようなクラシカル・グルーヴ押しの楽曲があれば尚良かったかも)。企画色の強い一作である分、普段なかなか汲み取れない大知本位のこだわりも多々垣間見えるかと思います。ラフスケッチ調で描かれたアートワークも、突き抜けた異色さがあって格好良いですしね。



ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。