スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:三代目J Soul Brothers 「S.A.K.U.R.A.」/ケツメイシ/AWICH+MANAMI/Jine/YORK/Soul Hood etc

2014年04月02日 01:14


 

三代目J Soul Brothers 「S.A.K.U.R.A.」
四季をテーマにしたシングル・シリーズの第一弾。桜ソング=上品で落ち着いた風情という先入観を逆手に取った勇壮なサウンドがお見事。殺陣を取り入れたド派手な長編PVにも魂消たなあ。これぞエンターテインメント。

 

ケツメイシ 「カリフォルニー」
「月と太陽」以来10ヶ月ぶりのシングル。イントロのカラッとしたギター・カッティングからしてケツメイシ・ワールドの真骨頂。こういう脱力した楽曲を全力でやり切れる技量は、昔と何も変わっていませんね。これからの季節、お世話になります!

 

AWICH+MANAMI 「TWO」
沖縄でポエトリー・リーディングに勤しむAWICHと、かのファレルに見出されソロデビューした敬意を持つMANAMIで結成されたユニット。本作は、不穏なシンセ・フレーズが独特の浮遊感を生むミッド・チューン「Delay」と、タイトル/曲調ともに闘志剥き出しの「IN THE BATTLE」を収めたデビュー・シングル。ヒップホップ譲りの負けん気に痺れます。



Jine 「Take You There (Day and Night)」
初のベスト盤が大いに話題を呼んでいるJineが、自身のサイトで楽曲の無料配信を実施。おなじみNao’ymtによる型破りなアプローチと、そこはかとなく漂う西洋的なサウンドが香り立つ珠玉の一曲です。従来の路線とは良い意味で一線を画しており、いつにも増して新鮮なインパクトが味わえること請け合い。

 

TERRY 「ありがとう feat. ERIKA」
仙台をレペゼンするラッパーの配信作。その強面なビジュアルによらず、コンセプトは誠実な愛をまっすぐに歌い上げるというもの。そよ風のように優しく歌うERIKAとのパワーバランスも上々。

 

YU.KI.KO 「Wonderful Days」
前作「Nothing in This World」も好感触だったYU.KI.KOが、卒業をテーマに楽曲を書き下ろし。派手さこそありませんが、ノスタルジックな風情には季節柄どうも弱い。沁みます。



Soul Hood 「いまさら」
H1ro、RYO、SHOGO、DAIJIROからなる4人組ヴォーカル・グループの配信第一弾。別れの季節らしく、和情緒を閉じ込めたしなやかなメロディが展開。個人的には、1番サビを担うSHOGOの歌い回しがお気に入り。



YORK 「Let it go! feat. SKY-HI, Staxx T」
SKY-HIとStaxx T(CREAM)、二組のラッパーを交えたヴォーカル合戦が清々しい。バウンシーなトラックしかり、YORKの新境地到来では?間もなくリリースされる一年ぶりのニューアルバム『THE BLACK』にも期待がかかります。

 
下拓 「HEY!!!! feat. KIRA, KOPERU, APOLLO」
メジャーとインディーズを股にかける下拓が指揮を執ったコラボレーション・シングル。R&BのKIRA、ヒップホップのKOPERU、レゲエのAPPOLOと、個性あふれるクラブ・シーンの精鋭たちがしのぎを削る様は何だか心強い。

 

KYOtaro 「Tower feat. Erie」
関西の女性シンガーErieを客演に迎えた甘酸っぱさマックスのミディアム・ナンバー。KYOtaroにしては珍しくラヴ・ストーリーを題材としており、距離を縮めていく男女のストーリーが屈託のないトーンで紡ぎ出されています。



FUMIYA 「My Boo」
関西を拠点に活動する男性R&Bシンガーのデビュー曲。真之介がプロデュースした本作、穏やかに続くヴァイブスや麗しさ余るメロディは同氏譲りと言ったところか。



THE CRADLE 「永遠」
DJ兼トラックメイカーを務める瀬戸智樹による新プロジェクトが、日本人アーティストとのコラボレーションを対象にしたシングルを発表。耳馴染みの良さを追求する一方で、サウンド・メイキングは両曲ともかなり独創的。とりわけSA.RI.NAが客演した「君の隣で」は、クラブ・シーン譲りのタフなビートを装備。

 

orz 「NTR」
“サケノミクス”と称されたお祭りナンバー「世界はひとつ」で彗星の如く現れたパフォーマンス集団、orz。今回も、ユーモラスな歌詞とピットブルばりのダンス・トラックで問答無用のどんちゃん騒ぎ。次代のトレンドセッターとなるか、注目です。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。