スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@djtomoko n Ucca-Laugh 『GIRLS BE LIKE』

2014年04月08日 23:14



<アルバムレビュー>
@djtomoko n Ucca-Laugh 『GIRLS BE LIKE』 (2014/3/16)

1. 花びらUP
2. HUG
3. Forever Ms.勘違ール
4. NoracaT

5. 釣られた女の怒り心頭
6. MAN SHOPPING
7. Sentimental Party
8. クラウドスター
9. Open with me
10. My Baaaaad
11. 間違いない my boy
12. Thank you for your love
13. 「ミュージックナイトパーク」 sound sticker
14. 花びらUP(radio edit ver.)

ビートメイカーの@djtomokoとシンガーのUcca-Laughからなるユニットが、過去3作のEPから楽曲を厳選収録した2ndアルバムを発表。今回も、女子ならではの毒々しいホンネを惜しげもなく披露。それも乙女心の表面だけをなぞったようなステレオタイプの類ではなく、本当に”ぶっちゃける”という表現がもっともふさわしいほどに生々しく、さながら他人の日記を覗き見ているかのようなドキドキを味わえます。もっとも、前作の方が何倍も過激でしたが。肉感的な描写も多かったし、何より処女盤ということもあって尖りぶりが半端じゃなかった(笑)。

実は僕、彼女たちの音楽性がとてつもなく好きで。先述の詞世界しかりDIYに則ったユニークなトラックしかり、とにかくどこを取っても迷いがなく、ビュンと高速でまっすぐに線を描いている画が浮かびます。直球のタイトルも彼女たちのナチュラルな方針を象っているし、おまけにYouTubeなどネット・ツールを使った戦略もいかにもイマドキの女子といった感じで、等身大って素敵だよなとつくづく思わされる(俺男だけど)。そして、そんなあるがままに邁進する彼女たちの生き様はすこぶるヒップホップ的でもあり。だからこそ歌もの中心であるはずの作品がこんなにも異端に映り、歯に衣着せぬ女の子像に快楽すら目覚めてしまうのだと思います。要するにもの凄く魅力的なんですよね、彼女たちのキャラクターって。

お薦めは、新曲として収められているトランシーなガールズ賛歌「花びらUP」、どっしりとしたグルーヴで強がりきれない女子の心情を歌う「HUG」、譜割りの小気味よさが爽快感を誘う”男漁りソング”「MAN SHOPPING」、高みを目指す勝ち気な姿に惚れ惚れする「クラウドスター」など。ちなみに、一番お気に入りの主人公は「My Baaaaad」。素直になれない女の子も、機嫌の上がり下がりに翻弄されっ放しの男の子も、この一曲でみな平和。間違いない。





販売ページ(タワーレコード限定販売)


ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。