スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBS Timeslip『2000年4月』:宇多田ヒカル/小柳ゆき/bird/wyolica/Sugar Soul/m-flo/VOX-Ⅳ etc

2014年04月06日 00:46



長らく「JBS Radio」で行ってきた懐古企画を、今日は久しぶりに本家で行います!笑
振り返るのは、14年前の「2000年4月」。女性R&Bブームの真っ只中にあった時期だけあって、今回紹介する楽曲もフィメールもの多し!懐かしさに耽りつつ、いつまでも色褪せない名曲の数々を皆さんそれぞれで楽しんでもらえたら嬉しいです。それではどうぞ!
 
宇多田ヒカル「Wait & See 〜リスク〜」
飛ぶ鳥落とすディーバとして当時のJ-R&Bブームを牽引した宇多田ヒカル。
この楽曲では前作「Addicted To You」に続きジャム&ルイスがプロデュースを担当。近未来型の乗り物が登場するPVも話題をさらいましたよね。

 
小柳ゆき「愛情/can't hold me back」
デビュー曲「あなたのキスを数えましょう〜You were mine〜」で一躍スターダムへとのしあがった小柳ゆきの大ヒット作。情熱的な歌声を響かせるアップ「愛情」と、アーバンな佇まいのR&Bチューン「can't hold me back」の両A面でした。どちらも本当によく聴いた!

 
倉木麻衣「Secret of my heart」
1stシングル「Love, day after tomorrow」がいきなりのミリオンセラーを記録した倉木麻衣ですが、2ndシングル「Stay by my side」と共に、この3rdシングルはミディアム・テンポでの勝負となりました。「名探偵コナン」のEDテーマとして、親しんでいた方も多いかと思います。

 
bird 「GAME」
bird第二章の幕開けを飾ったこのシングルは、デビューから蜜月の関係を築き上げてきた大沢伸一プロデュースによる軽快アッパー。突き抜けるようなサビのテンションがたまらなく好き。

 
wyolica「さあいこう」
映画主題歌&ドラマ挿入歌に起用されたことを受けて、1stアルバム『who said “La La…”?』からのリカットが実現。先述のbirdの楽曲などで時代の寵児と化していた大沢伸一がプロデュースを請け負い、彼ら本来のアコースティックな魅力が上品に躍るスプリング・チューンに。

 
Sugar Soul 「respect yourself」
「Garden」のヒットで知られるSugar Soulですが、この楽曲も負けず劣らずの出来映え。ミステリアスなキャラクターがただならぬ哀愁を呼び起こし、聴けば聴くほど取り憑かれる一曲。


Jay 「Confession」
彼女も今思えば、S.E.Sと同様の”早すぎた韓国アーティスト”だったのかもしれません。歌詞こそ全英語ですが、とろけそうなミディアム・サウンドとか細いヴォーカルはR&Bを的確に描写。

 
m-flo 「Come Back To Me」
TOP10ヒットを記録した1stアルバム『Planet Shining』からのリカットであると同時に、LISA在籍期を代表する名バラード。前半の落ち着いた低音から一点、サビでは透明感抜群の高音がもの悲しそうに降り注ぎます。

 
Joy 「Butterfly」
女性アーティストが隆盛を誇る一方で、男性R&Bアーティストの黎明も着実に近づきつつあった2000年。このJoiは、そんな猛者たちの中でもとりわけ気高い存在でした。ソウルフルなファルセットで心も体もしっぽり。

 
MISIA 「REMIX 2000 LITTLE TOKYO」
ここからはアルバム編。まずはMISIAのリミックス盤をご紹介します。当時の勢いそのままに、リミックス作品としては異例のオリコン最高1位を記録。レーベルメイトであるGOMIをはじめ、国内外のクリエイターが集結。ハウス調のダンス・アレンジに混じって収録されているDJ WATARAIによる「BELIEVE」のヒップホップ・リミックスが印象的。

 
SAKURA 「daylight」
レゲエやハワイアンなどジャンルを股にかけるSAKURAですが、彼女もまた、ルーツはR&B/ソウルの世界にあるわけです。この3rdアルバムは、当時のJ-R&Bブームの潮流を把握した本格的なサウンドとSAKURAのエモーショナルな歌声が呼応を果たした名盤中の名盤。PVに挙げている「Oh I...」などスロウ・チューンも充実のラインアップ。

 
VOX-Ⅳ「Peace xxx」
彼らと言えば、「夜もヒッパレ」に出演していた印象が強い私。上質なハーモニーは元より、洗練されたアプローチの数々にもJ-R&Bの将来性を感じずにはいられませんでした。ベスト盤もリリース済みですが、とにもかくにもデビュー曲の「Keep The Faith」は外せません。ちなみに余談ですが、男性メンバーのMITCHとQOMOlangmaは、後にLEOやMICHIYAと共に4人組ヴォーカルグループ:JOYCEを結成しています。


この時代にしてはPVがたくさん見つかりました。
未聴の曲がありましたら、ぜひチェックしてみてください!

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。