スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Various Artists 『be...COVERS -RESPECT FOR SONGS-』

2014年04月17日 23:56



<アルバムレビュー>
Various Artists 『be...COVERS -RESPECT FOR SONGS-』 (2014/4/16)

1. チェリー / AYUSE KOZUE
2. Daydreamer Believer / TEE
3. つつみ込むように... / 山口リサ
4. TRUE LOVE / CIMBA
5. 長い間 / 宏実
6. 接吻 -Kiss- / LEO
7. Spirit Of Love / TAKANORI (LL BROTHERS)
8. Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜 / jyA-Me

9. 恋人 / ARATA (Full Of Harmony)
10. す き / 樹 -MIKI-
Full Of HarmonyのARATA、LEO、CIMBAなど、今をときめくJ-R&Bアーティストが中心となって参加を果たしたカヴァー企画盤。クリエイター事務所のTinyVoice, Productionの面々がそこかしこで辣腕を振るっており、いかにも贅沢な仕上がりとなっている。

収録曲単位では、癖のあるしゃがれボイスで故・忌野清志郎をオマージュしたTEEの「Daydream Believer」や、「ナイス選曲!」と思わず膝を打ったLEOによるORIGINAL LOVEのカヴァー「接吻 -Kiss-」などが、フィッティング感も上々で白眉の出来。サウンド視点では、下馬評も高かった「Spirit Of Love」がやはり随一の輝きを見せている。LL BROTHERSの片割れであるTAKANORIの野太い歌声とグロス感を徹底したR&Bプロダクトが、オリジナル元であるSING LIKE TALKINGとはまた異なるベクトルから都会的なムードを演出。磨きの掛かったチーム力による賜物とも言える一曲だ。

猫も杓子もカヴァー一色の昨今。氾濫の時代を迎えているからこそ、せめて対象となる楽曲は歌唱するアーティストの能動的意図が強く感じられるようであって欲しい。今回リリースされたカヴァー盤は、J-R&B周辺のアーティストそれぞれがリスペクトしてやまない楽曲を調理するという趣旨で、名曲と歌い手とを結ぶ接点そのものが土台として扱われている。邦楽という縛りこそあるものの、明確な意義が不足しがちな現行のカヴァー情勢において、本作は聴き手の溜飲を下げるばかりか、アーティストの知られざる経歴をも紐解く貴重な役割を果たしてくれるのではないだろうか。





ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。