スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K 『On My Journey』

2014年06月09日 12:11



<アルバムレビュー>
K 『On My Journey』 (2014/6/4)



1. On My Journey
2. 誓い ~ Waiting For Love ~
3. イケナイDRIVE
4. Shout Of Delight
5. dear...

6. ターミナル
7. You Make My Day
8. Seeds Of Love
9. 反省ゼロ
10. Happy Birthday

11. Christmas Time Again
12. 2gether again
13. Believe In Magic
14. Note
除隊後初となるKのフル作。入隊前にリリースした最後のシングル「dear...」を含む全14曲。この「dear...」がかなり沁みる名曲でして、ベスト盤に続き本作にも収録されたことを嬉しく思います。キャリアを自ら束ねたような内容なので、記念すべき再始動明示のアルバムで聴くとその感動もひとしお。

本作の特筆すべき点としては、バンド・サウンドへの傾倒が挙げられます。従来は、取り入れたとしてもアクセント程度だったように思うのですが、今回はギターやピアノといった有機的なサウンドをすすんで強調し、よりソウル味あふれる領域に踏み込んでいることはもちろん、Kの確かな歌唱力を雑味のないシンプルな距離感で楽しめる仕上がりに。驚くべきは、その引き出しの多さ。代表的なところだと、レーベルメイトのJUNEが手がけた打ち込み色強めの「イケナイDRIVE」、ロックンロールとの融合が微笑ましい「Shout Of Delight」、ジャジーなテンポで大人の空間を燻らせる「Happy Birthday」などが個性的で出色。それでいて、サウンドにはれっきとした一貫性が付随しているので、聴き心地もいたってスムース。水を得た魚よろしく、音とのシンクロを生き生きと楽しむKに注目です。

そしてR&Bファンとしてスルーを厳禁とさせてもらいたいのが、かのブライアン・マックナイトが楽曲提供を行った「2gether again」。ラヴ・ソングの名手である彼が書き下ろしたメロディは甘美のレベルを超え、今にもとろけそう。さすがとしか言いようのない妙味です。アーシーなアレンジを施したURUもソツのない仕事ぶり。かねてよりブラックミュージックへの歩み寄りを売りの一つとしてきたKですが、「2gether〜」の求心力も相まって、本作は特に力が入っている印象を受けました。





ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。